スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッター観てきました!英語で楽しむ原作と映画

59m.jpg

ネタバレはないのでご安心ください(笑)。
正直今までの映画は「原作も全部読んでるしー観なくちゃね」という感じで観てました。原作だって「売れてるから気になる」という理由だけで読みはじめたし。
さらに、本当のこと言うと映画3作はちょっとやっぱり子供むけという感じがあるのは否めないところでした。
でも。この4作目はさらにダークなサイドが引き出されもう子供向けとは思えない感じになってきましたよ。
子供っぽいとは言いながら、映画を観るたびに感じるのはやはりクリエイティブな人々の作り出す想像力、最新の技術を組み合わせた映像世界の出来のよさ。
やっぱり本がいいよね、ってのはみんな言うけれど私としては想像力貧相なもんで、「わー想像してたのよりずっといい」というのが本音です(笑)。原作がある映画に関しては全て共通して思うんですが、かなりの部分が省略されている、なんて文句言うのはそもそも何百ページもあるものを映画にまとめるんだからナンセンスでしょう。
今回は監督さんも変わったようですね。私はこの映画が今までの中で一番好きだな。
0747550999Harry Potter and the Goblet of Fire (UK) (Paper) (4)
J.K. Rowling
Bloomsbury 2001-07-06

by G-Tools


一作目を読み出したのは2001年です。その後すぐに映画が公開されたのでこの時、原作を読んでから映画を観る、というのを初めて体験したような気がします。
どのくらい聞き取れていたかははっきり覚えてません。すくなくとも話を全部知っていたので、聞き取れてない部分は想像力でもカバーできていたのでしょうね。楽しんでましたから。ただよく覚えているのが、本の中で出会ってなければ聞こえても意味が分からなかったであろう言葉がいくつかあったこと。文字で意味を知っていて、音を知らなかった言葉たちが一つにつながる瞬間というのは体験してみると分かると思いますが、ちょっと嬉しいものです。
4作目を読んだのはいつかちょっとはっきり覚えてませんが2002年かな?

英語に関してはほぼストレスを感じることなく聞こえ&理解できました。もちろん「は?」てところも数ヶ所ありましたけど。(こういうので時々英語の力がちゃんと伸びているかはかっているので正直に言っておきますね)。この間のPride and Prejudiceではちょっと自信失ったんだけど。映画の中で話される英語によって聴きとり具合にちょっと幅があるのが現実です。

雫さんが偶然にもハリーポッターの映画のことを書いていらっしゃいます。原作と映画をセットにするのは私もいつの間にかやっていましたが、自分自身もそれなりに力がついているのを振り返れば、それなりに読むことは聞く能力アップにも効果があったってことなんでしょうね。

私の場合は今までは中途半端な量しか読んでいないと思うので、これからもどんどん読む量増やしますから!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

映画見たいけど・・・ネタバレあり?

見に行った人に聞くと「結構怖いよ~」とのこと。
オカルト・ホラー・爬虫類・ウジ虫系ウジャウジャ・・・が苦手なのでどうしようか迷っているんです!!1-3まで見ているのでこれも絶対見たいのだけど、見るに耐えがたいほど怖いですか?

なるほどー。一作目でさえ「子供向けにしては恐いよー」と言っていた友人がいましたっけ。見るに耐え難いかはその人のホラーもの許容量によるかも。
でも今までとは一味違うので観る価値はあると思いますよ!映像も美しいです。
恐いところは目をつむることにして…

早々のコメントありがとう

「Pride and Prejudice」とどちらを先に見るか迷ってます。パリポタの方が上映期間が長いと思う・・・でも、3作目も油断していて終了日に行ったという(笑)。

時間もお金もなかなか・・・ネッ(笑)。

suiさんも「読む」という効果を体感されていますか?今、とにかく英語が自分の体の中に貯まってきているような感じです。もっと早い段階でGrammarを勉強していましたが、プロ野球シーズンで中断していました(笑)もうすぐ300万語を過ぎますが、それからもう一度Grammarで整理したいと思っています。前回よりも違った発見がありそうで楽しみです。って・・・本当にするのか?私。
賢者の石を観て、想像力で楽しめた部分もあります。それでも聞こえてくる英文考えもせずに何を言っているかが分かるって凄いと一人で笑っていました(笑)

映画と原作は一緒にできないですね。そりゃ絶対無理ですものね(笑)映画を気に入ったら原作をCheckがマイ・ブームです。今、手元にあるものの他に"ElizabethTown"も読んでみたいと思っています。映画の原作PBは再版が少ないせいか、数年前のものは入手困難になりますね。

なぁ~んて書きながら今読んでいるのが和書"歴史の中の皇女たち"です。もう何でもありなんです(^_^;)

雫さん

読むのは絶対大事だと思います。最近は私も身の回りのものを何でも貪欲に読むようにしています。数ヶ月先にでも違いを感じられればいいかなと思って。
(もちろん書くのも話すのも聞くのも全部大事だと思います)

文法を復習すると英文を読むたび、新たな発見があると思いますよ。私も文法は何度でも納得いくまで見直したいなと思ってます。でもすぐ飽きちゃって続かないんですよねー。

映画を観てからハリーポッター4巻目を少し読み直し始めてます。全部読むかは分からないけれど、これまた面白い体験です。映画では省かれていたディテールを追っていくのは楽しいもんです。

玉子さん

日本の映画料金は高かったですよね。私が日本にいた頃は1800円だったような気がします。今ではあがっているのかしら。でも日本はレディースデーなんてのがあっていいですよね。

ハリポタのほうが上映時間が長いと思います。Pride and Prejudice日本でも公開されるのですね!うーん、全く趣向の違う映画ですがどっちもオススメです!
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。