スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン語のろのろだけどさ

スペイン語の絵本も10冊以上は読んでますがほとんど画像のアップができないのでブログにのせていません。
多読式で語数でも数えようかと思いましたが、大体一冊何十回も読んでいるし数えていると時間かかるのでやめました。
冊数だけでも数えていくことにしましょう。

今読んでいるレベルは幼児用です。最近やっと過去形と再帰動詞、代名詞を習って分かる部分がさらに増えてきました。

なんせ文法の基礎部分をまだ一通り終えていないので分からない部分が多いです。

私は大人が語学を習うのなら文法はルールとして学ぶものだと割り切ってます。文法は子供のように「自然」に身につくのを待っていたら時間がいくらあっても足りないと思います。理想ではそうかもしれないけれど人生短いですから。少なくとも私は語学の天才じゃないのはとっくの昔に分かっているので静かに努力することに決めてます。
てっとりばやくルールを知ってあとは文章の中でそれがどう使われているのかどんどん体験していくのがいいと思います。

多読は絶対役に立ちそうだからそういう点でSSS式の考え方をありがたく応用させていただこうと思います。簡単なレベルから始める。たくさん読む。
すごく簡単な文章でもそれを文法的に理解できると嬉しいもんです。
例えばこの絵本だと…

Donde Duermo Yo?
Domi y Alicia Casado
8427283245

☆こんな文章…¿Dónde duerme el oso? El oso duerme en su cueva.
☆現在形活用のみですべて理解できます。el osoやcuevaという単語を知らなくてもイラストで分かるのが絵本のいいところですね。語数は50語前後。


Faces
Kati Teague
1854300857

☆こんな文章...Carmen se lavó la cara.再帰動詞、代名詞を今週習ったのですが、さっそくその部分がするする分かるのが嬉しいわけです。

この赤ちゃんレベルから物語が読めるレベルになるのはいつの日やら…。でも「分かる!分かる!」というのを体験するのは楽しいのでこれは続けられそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。