スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Charile and the Chocolate Factory

0141301155Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Novels)
Roald Dahl Quentin Blake
Puffin 1998-06

by G-Tools

実は「チョコレート工場の秘密」って知ってはいましたが、子供の頃は本を読んだことも映画を見たこともありませんでした。
この夏ジョニー・デップ主演で映画化されて初めてストーリーを知ったわけです。
旦那は子供の頃アニメバージョンをさんざん見たらしく、好きは好きらしいけどウンパルンパの歌声が聞こえると「ウガーッ」と頭をかきむしりたくなるらしい(笑)。
だから半ば嫌がる彼を無理やり連れて映画を見に行ったわけですが、これが楽しかった。話を知らなかった私も、話の行方にワクワクしながら見てました。訓練されたリスたちの賢い演技なんかは見ものです。
そこで子供の本も読み始めたことだし、これは定番だし読んでみることに。

ほぼ忠実に映画に再現されていましたが、ミスター・ウォンカの過去や最後の終わり方などちょっと映画ではひねりが利いていましたね。

文章自体も軽快で楽しく、他のRoald Dahlの作品も読んでみたくなりました。あとオリジナルバージョンの映画も見てみたい。

ブログ始めてからの児童書2冊目。

この先児童書100冊読破の目標を掲げることにしました!期限は…今年中と言いたいところだけど、学校があるうちはさすがに無理だし、計画自体無謀なので、謙虚に一週間に一冊で月4冊にしよう。ありゃりゃ、それだと2年かかってしまうのね…。
それでもしばらくは1週間に1冊目標に頑張ってみることにしましょう。
励みにもなるので一つずつ数えていこうと思います。
英語で読みたい児童書、数だけはたくさんあるのです。
次は子供の頃大好きだった「大草原の小さな家」シリーズ行きます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しいですよね!

私、是非是非DahlのMatildaをお勧めしたいです!これも読んでみてくださいね~。
ローラシリーズもとってもお勧め。これはLittleHouseSeriesで30冊近くあるから気長にのんびり読んで絵本を挟むと良いかも♪suiさんは最初から楽しみにしているから本からどんどん英語を吸収できるはず!
やっぱりこれを言わせて下さいね。
suiさんもご一緒にHappy Reading(*´∇`*)

楽しくてしかたないです!

雫さん、ぜひMatildaも読んでみようと思います。大草原の小さな家は小学生の時にはまってまして、NHKでやってたドラマもかかさず見てました。えっ30冊もあるんだ、オドロキ…。そうですね、気長に読んでいこうと思います。
昔日本語で読んだものとか、そういえば読んだことない本とかをあわせると軽ーく100冊くらい候補があがりそうです。
時間がいくらあっても足りない!
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。