スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角田光代

角田光代の小説に出てくる女たちにイライラさせられる。
先回りして相手の気持ちを勝手に想像しては気持ちを揺らつかせ、人と自分を比べてはいじいじし、自分は自分と言いながら、他人の行動が気になって気になって仕方がなく、そのくせ自分がよければそれでいいとしか思えない身勝手さで人を傷つける。
でもそうやって、小説の彼女達にうんざりさせられながらも、話の展開にぐいぐいひきこまれ、最後まで読んでしまうのがこの作者の不思議な力なんだな、と2作小説を読み終えてふと思う。
そうやってイライラ、うんざりさせられるってことは自分もどっかで反応しているからなんだよね、きっと。
自分の中にもきっとある、過去にも感じたことのある、女の気持ち、弱い人間。それが書いてあるから、嫌い、嫌いと言いながら、ついつい読んじゃうのか。
八日目の蝉
八日目の蝉角田 光代

中央公論新社 2007-03
売り上げランキング : 2629


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「八日目の蝉」
不倫相手の子供を見たい。ただ顔が見たかった。でも気づいたら赤ちゃんを抱えて走り出していた...。
愛する男性の子供を誘拐し、母親になりきり少女を育てる女のお話です。
それこそ、最初は身勝手な女に腹たってしょうがなかったのに、後半の展開に悲しくてせつなくて泣いてしまいました。
あんなに腹たって絶対共感できない、許せないこんな女、と思っていた主人公なのに最後には気持ちをおしはかってたりした自分に気づいて可笑しくなりました。気づけば登場人物の皆の気持ちに寄り添っていた。他人の境遇や心情に共感したり、同情したり、怒りを感じたり...平凡な日常で使っていない心のトレーニングができるのが小説を読む醍醐味なのかもしれないな~と思わせてくれた作品です。

森に眠る魚
森に眠る魚角田 光代

双葉社 2008-12-10
売り上げランキング : 14256


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「森に眠る魚」
東京都内の幼稚園で知り合う専業主婦たち。最初は意気投合して仲良くママ友を演じるも、子供の小学校受験がせまるにつれ、次第にぎくしゃくした関係になり...。
これもとてもリアルに感じられる女の世界。実際に起こった過去の事件を思い起こさせ、誰が?どうなる?って最初から最後まで釘付けでした。

しあわせのねだん
しあわせのねだん角田 光代

晶文社 2005-05-01
売り上げランキング : 241307


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「しあわせのねだん」は角田さんのお金の使い道についてのエッセイ。

角田光代の小説に共通するのは男性の不在。
主人公たちにはつきあっている人がいる、旦那がいる。でもどう見てもコミュニケーションが決定的に欠けている。
弱いと思われるるんじゃないか、煙たがられるのではと恐れて、気になっていることが言えない、聞けない。迷惑かけると嫌われるんじゃと本当は頼りたいのに頼れない。要は自分をさらけ出すのが恐く、一人相撲してるだけじゃん、この女、みたいな。そういうのがイラついてイラついて、きっと作者も同じようなタイプの女なんだわ、とか失礼ながら勝手なことを思ったりして、エッセイ読んでいても半分くらいは、やっぱり嫌いだ、この人~、ほら~子供の頃から偏食なのを堂々と自慢したり、甘やかされて育った自分本位の女だよ~やっぱりこういう人苦手そ~っな~んてそこかしこで思っていましたが...
後半のお母様との話にホロリ、とさせられ、使ったお金がその人を作るって話に妙にうなずき、最後には
共感して本を閉じてました。あれ~?こうしてまたきっと彼女の作品に手を伸ばしてしまうんだな~?そして女達にイライラする...(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。