スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kobo eリーダー-WiFi-



お料理の本は買うけど、一回読むだけの小説は図書館で借りる。読み返したい大好きな本だけ買って大事にする。モノを家に増やしたくない私の勝手な決めごとでした。

図書館で読みたい本を好きなだけ借りることができる贅沢な環境にいるもんだから、Kindle話にもほとんど興味なく、本はやっぱり紙で読まなきゃ、好きな本だけ買って大切に所有していたい、なーんて言ってeリーダーには全然興味がなかったのに!
数週間前からふと、図書館でもeブック貸し出しなんかあるんだってことに気づき、やおらeリーダーが気になってしょうがなくなってリサーチの結果、これ買おう!と密かに決めてたものを、クリスマスに旦那がプレゼントしてくれました!

今日さっそくセットアップして使い始めて...もう恋に落ちてしまいました!
キャー。
このkobo君には(名前だってなんだかお坊さんみたいで渋いではないですか~)もともと100冊の名作がすでに内臓済み。
もちろん著作権の切れたものでもともと無料のバージョンですが、ちゃんと本の形式ですでに入ってるところが嬉しい。私の好きなジェーン・オースティンが何作も。ジェーンエアやシャーロックホームズや、赤毛のアンや、ディケンズやら、他にもいつか読んでみたいものや、子供向けの名作だけど英語で読みたかったってものが目白押しで本のリストを眺めてるだけでワクワク。
この100冊以外でも無料の名作はやまほど手に入り、これもkoboのウェブサイトから簡単に自分のパソコンへダウンロードでき、kobo君には一瞬でシンクできてしまいます。どちらかと言うと古い作品を英語でじっくり読みたい私にとってはもうこれは卒倒しそうなほど嬉しいのです。

ボーナスで2冊無料の新作小説がついてきたので早速ダウンロードしたり忙しい午後を過ごしました。

本体は軽くて、画面も読みやすく何の不満もありません。こんなにあっけなくeブックでの読書に慣れてしまうことに驚き。

カナダの大型書店と手を結んで大々的に販売しているこのkobo、旦那によるとクリスマス前ですごい勢いで売れてたらしいです。欲しかった白は売り切れで黒ですがまあいいや。
Kindleにしなかったのは、koboだと図書館のeブックがダウンロードできるから。ただし、図書館のeブックはまだまだ発展途上です。これからeリーダーの人気にともなって内容が充実するのではと勝手な予測と期待をかけてます。
カナダ在住の人にはこれ絶対お奨め。ただし図書館のEブックがkoboにダウンロードできるかは地元図書館でお確かめくださいね。
Chapter-indigoのkobo関連ページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Hazelさん
大変ご無沙汰しています!スコットランド在住のmichiです。今はエディンバラで、一歳児の母親しています。Hazelさんのブログ、更新されると読んではいたのですが、ついコメントしそびれていました。が、うふふ、Hazelさん、私もクリスマスにeBookリーダーをもらったのですよ、Kindleです!Hazelさんの興奮ぶりが、もう私のそれとそのままなのでにやにやしながら読ませていただきました。しかも冒頭の2文、「お料理の本は買うけど」以外(私はネットでレシピをゲット・・・・)私の本に対するモットー、そのまんま(笑)。ホント、ebook reader便利ですよね。Koboのほうはすでに古典が入っているんですね。私もアマゾンで0ポンドになってる古典をいくつか入れました。

Hazelさんが「英米古典を読むプロジェクト」の記事を書いていらっしゃるころ、なれない育児で、洋書を読む気力がなくて、羨ましく読んでいたのですが、ようやく一日、わずかな時間ですがまた洋書を読むことができるようになりました。2年前のクリスマスプレゼントがPenguin Classic Papreback20冊で、まだ半分以上未読の状態になってるので、来年はこれを消化しつつ、Kindleも利用しながら楽しもうと思っています。ということで、来年、私も「ひとりよがりの英米古典読書プロジェクト」に参加できそうです(笑)

カナダは今年の冬はいかがですか?こちらは数十年ぶりの大雪らしく、ずっと家に軟禁状態がつづいていますが、ようやく今日から雪が消えつつあります。どうぞお体に気をつけて、良いお年をお迎えください。

michi さん!

michi さん、本当にお久しぶりです~!コメント嬉しいです~。
私もmichiさんのブログには時々こっそりお邪魔してまして、無言で去ってばかりで本当にすみませんでした。。でもおかげでmichiさんに影響されて桐野夏生!を私も読んだりとかしてたんですよ~。
なんせ怠け者で、michiさんのブログへのリンクも古いままで本当にごめんなさい。。
なんとmichiさんも、クリスマスプレゼントにKindleを!
michiさんの旦那様も本好きの心を掴む、心憎いプレゼントをしてくれますね~。このギフトは大当たりだと思いません?!
この興奮ぶり、共有できて嬉しい限りです。
eブックリーダーなんて、私には全く縁のないもの、と思い込んでいただけに、嬉しいギャップに身もだえするほど喜んじゃって、思わず記事にしてしまった次第です。
これで2011年はひとりよがりの英米古典プロジェクトも張り切って進められそうな予感。michiさんもお嬢さんの育児の合間にぜひぜひ。
eリーダーで読むほうが、断然心地いい読書だと感じてます。
これで読書力までアップするんではないかと変な勘違いまで起こしてますョ。

私の住んでる地域は、運良く大雪からは逃れてます。雪はないですが、気温はしっかり低いです。ロンドンやニューヨークは最近大変なことになってましたね~。長い冬は読書の季節。これから楽しめそうです。
michiさんも良いお年を!
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。