スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOOD MATTERS COOKBOOK

1439120234The Food Matters Cookbook: 500 Revolutionary Recipes for Better Living
Mark Bittman
Simon & Schuster 2010-09-21

by G-Tools

意識的にお肉や乳製品の消費を減らすことで、自分の健康のみならず、ひいては地球環境へも貢献できるのだという主張で、食生活の改善をうたった前作から派生したクックブックです。
FOOD MATTERSについては前回の感想を参照ください。

私も昨年FOOD MATTERSを読んで以来、ずい分影響されて、意識ばかりはお肉を減らそうと思いつつもなかなか野菜中心のレシピに移行するのが難しくて。でも10月はサンクスギビング前後から食べすぎが続いて、体もすっきりしない日が続たりで、思うところあってこの本を図書館で借りて2週間ほどあれこれ試してます。

レシピは野菜をたっぷり使ったものばかり。で、おいしい~!
どんなものを食べているかというと

●紫キャベツと青りんごのコールスロー、ハニーマスタード・オリーブオイルのソースで
●ブロッコリーの全粒粉スパゲッティ、カリカリパン粉入り
●カレー風味コーンミールの衣をつけた白身魚とスイートポテトのソテー
●豆腐とほうれん草のハンバーグ
●にんじんのクスクスサラダ
●卵より野菜がたっぷりフリッタータ。スイートポテト、赤ピーマン、にんじん玉ねぎで

などなど、今日はアジアンヌードルを試しました。ココナツミルクにピーナツバターにしょうゆとはちみつ?おそるおそるソースを作り
ナスやズッキーニなどたっぷり炒めた野菜と日本のおそばに混ぜて・・ライムを絞って・・あらいける!

お肉大好きな旦那も、Bittman氏のレシピでは美味しい美味しいと野菜をもりもり食べてくれ、平日はベジタリアンで過ごしても全然OKでした。
今後は平日は野菜中心で時々、安全で美味しいお肉を食べるようにしようと話し合ってます。

嬉しいのは野菜をたっぷり食べると肌の調子がとってもよいこと。高価な化粧品より、自分で手をかけておいしく調理した野菜を食べるのが何よりも肌にいいと本気で思います。
そして野菜メインだとお財布にも優しい。いいことづくめです、今のところ。
この本は絶対買い。

お料理本は増えて仕方ないので、図書館で借りて何作か作って本当に欲しいものだけ買おうと決めました。
こちらも同じ著者のレシピ本です。レシピは数行で簡単でおおざっぱ。でもアイデアがいただけるものいっぱい。
1416575669Mark Bittman's Kitchen Express: 404 inspired seasonal dishes you can make in 20 minutes or less
Mark Bittman
Simon & Schuster 2009-07-07

by G-Tools

Bittman氏のレシピは各国料理を取り入れてますが、よく日本の調味料も登場します。
旦那が見つけて自分で挑戦すると言い出した"Miso Burgers"
ひき肉に味噌、パン粉、青ねぎを入れて、フライパンで焼いた仕上げにお酒としょうゆをふりかける…。
なんともシンプルな和風ハンバーグですが、これがおいしくできて旦那は大喜び。
"The best ハンバーグ ever! ever!"と一晩中連呼するので、横で私は「今まで作ってあげてた日式ハンバーグはなんなわけ~?」って感じでしたが、当人のやる気をそいでは今後、料理活動に参加してもらえないので賛同しておきました。
でもおいしかったです。今後もたまにお肉、ほとんど野菜、の毎日でいこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。