スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白/悪人

人を殺めてしまう人間は、根本的に何かどこか違うんだろうか。どうした経緯でそんな場所にたどり着いてしまったのか。
凶悪な犯罪ニュースを聞くたびに抱く疑問も、こうして犯罪者の心理を扱う小説を読むとますます考えさせられます。

4575236284告白
湊 かなえ
双葉社 2008-08-05

by G-Tools

「告白」は今年の国際映画祭に来ていましたが、見逃してしまいました。映画を見た友人がとてもよかったと言っていたので原作を図書館で借りて読んでみることに。誰が図書館に注文してくれるんだか、読みたいと思った本があってとっても有難いです。

中学教師が終業式の日に担任クラスの前でお別れの挨拶をする。今学期で辞職するのだとクラスの皆に告白する。娘を亡くしたプールでの事故が原因だけど、自分の過失だけなら辞職したりしない。辞職の理由は娘はこのクラスの誰かに殺されたからなのです!小説では、まずこの中学教師、それからクラスメート、犯人の母親、そして渦中の生徒そのものに語りをさせて、実際に何が起きたかを明らかにしてくれます。

これは最後がよかった。少年らの言いたい邦題の、うんざりするほど病んだ弱い心を覗いた後、最後の先生のけじめのつけ方がよかった。もちろん、いい悪いは別にして、フィクションだから受け入れられる結末ですが。

そしてこちら「悪人」はモントリオール国際映画祭で深津絵里が最優秀女優賞を取ったと聞いて、映画をぜひ見てみたい小説。
舞台が長崎、博多、佐賀などで、主人公たちの方言丸出しがよかったです。これは個人的に懐かしかった。。(私九州出身なので)
こちらも登場人物本人が語ると言うより、第3者の目で人々を眺めていきます。
出会い系サイトで知り合った女性を殺してしまった男性がまた別の女性に出会い恋に落ちてゆく…?
?にしたのは、どうも府に落ちない部分があったので。。純愛もの扱いされてたけど本当にそう?
日本の現代社会を投影させてると思わせる内容だけに、フィクションに思えないな~。殺人とは無縁でもこの小説に出てくるような人間達や人間関係を築いている人々って普通にいそうと思わせる。
こちらは最後が意味深でした。


402250272X悪人
吉田 修一
朝日新聞社 2007-04-06

by G-Tools

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。