スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻夜/片想い

図書館にある日本語の小説って限られてるので、なんでも好みのものが読めるわけではありません。でもだから色々選り好みせずに読んでみようかな。東野圭吾はすでに何冊か読んでますが、今のところはずれがないです。日本語も時にはまとめて読まないと、ますます貧相になってしまう気がして、半ば焦って半強制的にでも読むことにしました。英語の読書の間にこうやって1,2日で一気に読める日本語の小説をはさむと頭がほぐれていい感じです。
4087746682幻夜
東野 圭吾
集英社 2004-01-26

by G-Tools


1995年、阪神淡路大震災が静かな明け方の街を突然襲う。
倒壊した住宅街で、出会う二人の男女。ある秘密を共有し、東京で新たなスタートを切ることにするのだが…。「白夜行」の続編のようなもの、との理解で、全くの続き物という期待はせずに読みはじめました。登場人物も違うけれど似たような設定なんだろうなと。でも途中から異様な既視感にだんだんと居心地が悪くなってきました。この人間、私どこかで知ってる…。で、小説半ばから「そうに違いないあいつだ!」と分かってからは色々な辻褄があいすぎて最後まで空恐ろしい気持ちで読んでました。3作目にでも続きそうな感じですね。あの人物の将来が知りたいような、知りたくないような。ドラマ化されるみたいですが、こんな役演じきれる役者さんいるのかな。
「白夜行」の感想

4163198806片想い
東野 圭吾
文藝春秋 2001-03

by G-Tools


若かりし頃、ラグビー部で青春をともにした仲間たち。部員と女子マネージャーが30代になって再会する。ある部員は当時と別人になっていて、おまけにやっかいな事件にまきこまれており…。
「秘密」では母親が娘の身体に入り込んで、というありえないけど、想像したらせつなくてたまらない設定でした。「手紙」では犯罪者となった兄、犯罪者を兄に持つ弟だったし、東野作品では、自分の日常ではありえなかったり、社会で接点のない人物に感情移入させて読ませるのがうまいですね。社会問題に自然と目を向けさせるようにしくんである。この作品では性同一障害の問題を抱える人間がとりあげられてます。

「秘密」の感想

「手紙」の感想
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。