スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Girl Who Played with Fire

B001NLKT60The Girl Who Played with Fire
Stieg Larsson
Vintage 2009-07-20

by G-Tools

ベストセラー"The Girl with Dragon Tatto"、以前から気になってましたが 先に映画のほうをDVDで見てみました。内容を一切知らずに期待せずに見たせいか、スリリングな展開、内容にはまってしまいました。
で、続きが気になるので2巻目"The Girl Who Played with Fire"は原作で読んでみることに。

1作目を読んでないので、原作ではどうか分からないけれど、映画では、重要登場人物であるLisbethの少女時代の暗い過去を暗示する映像が組み込まれていました。一瞬ですが、現在の彼女に重要な意味を持つはずのショッキングな映像です。言わば社会のはみ出し者、でも天才ハッカーの彼女は謎でつつまれていますが、2巻目では、彼女と彼女の過去がまさに中心となっていきます。

スウェーデン語を英語に翻訳したものですから、原作はどんな感じか分かりませんが英語はとてもシンプルです。
3巻目、いちおう図書館で予約してるので届いたら読んでみるつもりだけど、個人的には映画で十分だったかもな~なんて思ったり…。だって結末にたどり着くまで結構息切れしたもので…。英語ではそれなりに読むのに時間かかるので、途中でまどろっこしくなってしまいました。映画のペースで2時間くらいで最後まで知りたい。て自分の読書スピードが遅いのが原因だってのに。でもこんなことじゃ、ミステリーを英語で読むの、あんまり向いてないかもしれないかもな~。

0545310601Mockingjay (The Final Book of The Hunger Games) - Library Edition
Suzanne Collins
Scholastic Press 2010-09-01

by G-Tools


で、いまこれ読んでます。"The Hunger Games"3部作最終巻。
このシリーズ読むと悪夢にうなされるのは前にも書きましたが、昨日の夜も相当恐い夢みました。まだ恐いシーンは一つも出てきてないのですが、心理的に抑圧されるんでしょうね、何故か。頑張ってさっさと読み終えたいところです(笑)この後は、人殺しや追われたりするのが一切ない、心理的に平和な本を読みたいな~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。