スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Lovely Bones

B001BMXFX0Lovely Bones
Little, Brown and Company 2002-01-01

by G-Tools

学校からの帰宅途中に、圧倒的な暴力で無残に命を奪い取られる14歳のSusie。
レイプ殺害でストーリーが始まるなんて内容はダークに違いありませんが、Susieの語り口はあくまで淡々と物悲しい静けさに満ちています。
失われた青春、失われた初恋、壊れた家族の絆、死によってもたらされもろもろをSusieの目から眺めていきます。
淡々と語られるだけにグッとくるシーンもたくさんありました。
この世に強い執着があると、成仏できないというのはなんとなく私も信じるところなので、設定的には大体のところ問題なく受け入れました。最後に近いあるシーンだけは、え~って思うのもありましたが。。。
人は誰もがいつか死ぬ。それを死んだ本人も、周りの人々もどう受け入れ、自分の中で消化していくか。そんな過程を静かな感動の中見せてもらった感じです。

さて、今回は小説を見て早速DVDを借りて見ました。
B001QOGYAYThe Lovely Bones [Blu-ray]
Paramount 2010-04-20

by G-Tools



やっぱり私は先に本を読んじゃうと、抜けてる部分とか変更された箇所が気になって仕方ないタイプだな~。
小説を読んだ直後だとなおさらそう感じますね。
舞台が1970年代なので、その時代の町並みとかファッションがよく分かったのはいいけれど。
残虐なシーンとかは省かれているし、かなりマイルドに仕上がってると思います。
死を取り巻く人々の心の葛藤や時間の流れはやっぱり本でじっくり読んでみないと伝わらないかな。

本はずっと気になっていたのでとりあえず読めて満足。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。