スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Hunger Games

0439023483The Hunger Games
Scholastic Press 2008-09-14

by G-Tools

高校生のクラスメートが殺しあう映画「バトル・ロワイヤル」、リアリティーTVの"Surviver"、
児童書で言えば、近未来の管理社会"The Giver"や孤独にサバイバルする少年を描いた”Hatchet”なんらやを足して割ったような作品と言えば分かりやすいでしょうか。。

舞台は世紀末後の近未来。かつては北米と呼ばれた地域のお話です。
キャピタルと呼ばれる地域がパワーを持ち、近接する12の区域が完全支配下に置かれている。かつて反乱が起こるがそれを抑えたキャピタルが権力を見せ付けるため、2度と反乱を起こさないよう、厳しいルールを定めます。それが年に一回行われるハンガーゲーム。12区から男女各1名のティーンエージャーをくじ引きで選出し、テレビで実況生中継の中、最後の1人になるまで殺し合いを続けるのです。

キャピタルに富を搾り取られる12区は日々の糧にも困るほど貧しいのに、キャピタルは豊かできらびやかな世界。作品中に人種は一切触れられませんが、誰がキャピタルに住んでいるか言われなくても見えるような気がするのは私だけか。こういう児童書(この作品はヤングアダルトかな)のほうが、実社会を痛烈に風刺、批判してるように感じます。

主人公は第12区から選出の少女Katniss。同じ区から選出のpeetaと織り成す心理ゲームと二人の行方は最後のページまで釘付けでした。一気読み間違いなしの一冊です。
なんと3部作だそうで、3冊目がこの夏刊行予定。
読みたい方は一冊目を読み終わるまで続編のあらすじさえ読まないほうがいいと思います。
続編のあらすじが1冊目の結末に通じちゃうので、結末をドキドキして待っていた私はがっかりしてしまいました~。
映画「バトルロワイヤル」のえぐさに辟易した方も、ヤングアダルト向けだけに、残虐シーンはそんなにありませんので大丈夫です。でも設定が設定だけに心理的に恐ろしいのは確か。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。