スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love オペラ! Love 歌舞伎!

B000087EM3ヴェルディ:歌劇《アイーダ》 [DVD]
UNIVERSAL CLASSICS(P)(D) 2006-11-22

by G-Tools

今年もニューヨークのメトロポリタンオペラのHD中継ライブのシーズンがやってきました。
前回はプッチーニのトスカを、今日はシーズン2回目のヴェルディ、アイーダを見て来ました。
土曜日午後1時からのマチネをニューヨークのオペラシアターよりHD同時中継で世界に配信するというこの企画。私の住んでいるところはNYと同時間なので、まさにライブでお得な気分。

古代エジプトが舞台のこの作品、2幕目の勝利の行進、踊り、コーラスは圧倒でした。ああ、いつか生で観たい!と思ったオペラです。

観客の90%以上は50代以上、シニア世代に大人気って感じです。いつも人気のこのシネマオペラ、大体チケット売り切れで、毎回チケットが残ってる映画館を探して行ってる状態。
オペラ初心者にはこういうお手軽に出かけられるものがあって本当に助かってます。
日本でもMETライブビューイングというタイトルで公開しているようですので興味があればぜひぜひお出かけください。

一番最初にこのHDライブオペラを見たとき違和感を感じた、インターミッションの間のインタビューも今となっては楽しみの一つです。出演者の生の声が聞けたり、舞台製作にかかわった才能ある人々の話を聞けたりでとっても興味深いのです。
特にメトロポリタンオペラではオペラ演出とは無縁だった新しい才能を取り入れているのがいい。このアイーダの中でも素晴らしいバレエがありましたが、この振り付け師もオペラは初めての体験ですって言ってたし、次の次の作品「ホフマン物語」は昨年だったかな、最高によかった喜劇「セビリアの理髪師」のディレクターだそうで楽しみ。このディレクターもオペラとは無縁の世界からやってきた比較的若い人なのです。伝統のオペラに新しい才能を吹き込む姿勢がいいなと思う。

そうそう「ホフマン物語」はうちの旦那の夢の恋人(笑)Anna Netrebko ちゃん(これがべっぴんさんなもんで)が出てるとあって絶対行くと張り切ってます。。

こういう新しい技術のおかけで、今まで敷居の高かった芸術作品に気軽に触れることができて本当にありがたい。「シネマ歌舞伎」もその一つです。

山田洋次監督、中村勘三郎 主演の「人情噺文七元結」を観たのが初めてですが、芸のうまさにすっかりハマってしまいました。もっと歌舞伎のこと知りたい。
今月は「連獅子」と「野田版鼠小僧」を鑑賞予定。

なんか芸術の秋してます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。