スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sense and Sensibility ここまでの読み方

Sense and Sensibility (Penguin Classics)
Sense and Sensibility (Penguin Classics)Ros Ballaster

Penguin Classics 2003-04-29
売り上げランキング : 1484


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この作品に関しては翻訳も読んだし、映画も観ているので比較的とっつきやすいこともあり最初から一人で静かに読んでいます。ただいま11章目。嬉しいことにJane Austenは3冊目なのでかなり慣れてきてるような気がします。

ところで、最近ウェブ上で参考にしているアンチョコものが SparkNotes 
図書館で注文しているやつはなかなか届かないのでサーチしたらたあっさり見つかったのですが、ウェブ上にこんなに情報公開してあるのに驚き。
先に原書で読んだところをここでサマリー読んであらすじをちゃんと掴めているか確認できるし、読み方のポイントもなんとなくつかめます。Wuthering Heightsも少し読みましたが、社会的背景とかなるほど~と思うことが学べます。
こういうのって学生が本を読まずしてあらすじ読んで感想文書いちゃうための(って言ったら失礼だけど、どうやらうちの旦那君にとってはそうだったらしいんで・・笑)学生のお供って感じですし、お勉強ぽいけどそれなりに役立ってます。


朗読はLibriVoxからElizabeth Klettさんのソロを。
Dillさんが大絶賛していたJane Eyreの朗読者です。彼女のインタビューが他のブロガーのサイトにありました。こちら。なんともタイムリーだな・・

今回は一回読んだ部分を耳だけで聞くのを楽しんでいます。
聴き読みもいいんだけど、どっちつかずになることも多いですから。
英文とだけ向き合う、耳だけで集中してきくのもまたいいものです。英文を読んで、さらに同じところを聴きなおすことで理解が深まっているような気がします。それも比較的記憶が新しいうちに聴きなおすほうが得るものが多いような気がします。LibriVoxは章ごとに分かれているので本当に使いやすいですね。
うん、今回はこの方法でいけそうです!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ!!
次のプロジェクトはsense and sensibilityなんですね♪

実は私も誘惑に負けて、昨日邦訳を読み終えたばかりなんです。普通の文庫本より二倍くらいの厚さでしたが面白過ぎて2日で読み終えました☆

ちょっと洋書はお休みして邦訳を読むのも良いかなぁと思っている所です(o^-^o)

megumie-san

Wuthering Heithtsの後はあまり重たくないものがよくジェインオースティンにしました。
なんと和訳を2日で!面白いですよね~他の作品もぜひぜひ。
翻訳ものも時にはいいですよね。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。