スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お次は・・・

Wuthering Heightsは後半順調に読み進み終了。読後感は「満足!」です。感想が頭の中で落ち着くまでまだ時間がかかりそうなので次の予定を・・・

0061148709Darcy's Story
Janet Aylmer
Harper Paperbacks 2006-08-01

by G-Tools

Jane AustenPride and Prejudiceの関連本としては、やけにアマゾンでもレビューがよかったので気になってました。やっと手に入ったので読む予定。原作と同時進行で、今度はMr Darcyの視点で物語を語ってしまうという趣向。確かにMr Darcyの心のうちは全く読めなかったんで、興味しんしん。胸キュンなんでしょうか。楽しみ~。

006440188XThe Secret Garden (rpkg)
Tasha Tudor
HarperCollins 1998-04-30

by G-Tools

ブロンテ姉妹に関連して、イギリスヨークシャー地方を舞台にした物語といえばこれもありますよね。
3年前に一度読んでいますが、今度は朗読とあわせて聴き読みしたい。
というのも、Wuthering Heightsを聴き読みしていて、使用人Josephのこてこてのヨークシャー訛りが耳で聞くとなんか面白くて。英文を見るとちんぷんかんぷんですが、要は音の表記みたいになっていて、聴くとなんか言ってることわかるぞ、みたいな。(しかし、ほとんど分からん)
そういえばThe Secret Gardenもそんな訛りが出てたような気がするし。
作者はアメリカで物語を執筆しましたが、でもヨークシャー地方にまだひかれてるもので。

Sense and Sensibility (Penguin Classics)
Sense and Sensibility (Penguin Classics)Ros Ballaster

Penguin Classics 2003-04-29
売り上げランキング : 15312


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それで次の古典クラブはJane Austenを。
ブロンテワールドの次は絶対肩の凝らないAustenだと決めてました。あ、英語がって意味じゃなくお気楽ワールドってことで。
DVDも持ってるし和訳も読んで、Pride and Prejudiceと同じくらい好きな作品。映画は2,3回観てると思う。
B00197ONWOいつか晴れた日に [DVD]
ヒュー・グラント, ケイト・ウィンスレット, エマ・トンプソン, アン・リー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2008-08-06

by G-Tools



0066238501The Chronicles of Narnia (adult)
Pauline Baynes
HarperCollins 2001-10-02

by G-Tools

最後に、子供向けクラシックということで、これも聴き読みしたくてただ今オーディオCDを集めてるところです。実は最初の方はちょっとずつ聴いてます。
本は4作目までしか読んでないので最初から一気にいきたい。
私が持ってるこの分厚い本でも全巻で767ページくらいなので、
今年読んだThe Pillars of the Earthより少ないことを知り、大丈夫な気がしてきた。
私の借りてるオーディオブックは俳優ケネス・ブラナー朗読です。いい感じ。

ああ、読書プロジェクトがいっぱいで大変です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ~!

hazelさん、こんにちは!(本当はおはようですが…)
読了されましたかー。私?第二部第一章でストップ(笑)
どげんかせんといかん!
Josephのこてこて感は確かにSecret Gardenと一緒ですね。
私、BBCのラジオドラマCDを持っていて何度も聞いていますが
味のある訛りで好きなんですよ。
トライアルの英会話の先生が、これまた北部出身者だったので
話してもらいました。生Yorkshire訛り。感動しました。
それだけで、真剣に通おうかと思ったぐらいです(笑)
Sense and Sensibilityも素敵なハードカバーを購入されるのですか?

そうそう

ただいま、こんばんは!です。
第2章入ったその辺つらかったです。でももう少し頑張って時代が変わるとラクになりましたよ。途中まではなんで名作なの~って理解不能だったけど読み終わるとちょっと納得かな~?でも好きな作品ではないと思います・・
訛った英語、妙に惹かれますよね。Secret Gardenはぜひ音声で聴いてみたいです。そうなんだ、英会話の先生が生のYorkshire訛りを!
それは感動ですね~。
Sense and Sensibilityは実は昔に張り切って購入しちゃったのがあって、2冊目購入はあきらめてます。残念~。もっと早くに知りたかったです!

No title

雫さん、Hazelさん、仲間に入れてください!
私もこのごろ、英語のお国訛りに、妙に惹かれるのですよ!
ヨークシャーとか、スコットランドとか、ロンドンのコクニーとか・・・・(よく、わかんないけど)。
私も、LibriVoxからKaraさんの朗読のSecret Gardenを、ヨークシャー訛りで聴いて面白かったです。 アメリカ人の彼女は、きっとヨークシャー訛りを研究して、朗読してくださったのでしょうね。 でも生粋のヨークシャーっ子が聴いたら違うよって、言うのかな。 大阪弁を関東人が物まねするみたいな。
この前、Slumdog MillionaireのDVDを見て、インド人の英語がすっごくわからなかった・・・それを子どもたちは、よくわかるじゃん!というのだから、子どもの耳はすごい、と感心しました。 

Dillさん

私はスコティッシュアクセントがたまらなく好きです~。ほのぼのしていて温かい。他の方言もぜひ学びたいです。
そうそう、Slumdogはインド訛りでしたね。移民が多い街に住む私は比較的色んなお国訛りの英語に接してますが、確かにインド訛りはかなりツライです。
お子さんはなんなく理解ですか、子供の能力には驚きですね~。


あ、KaraさんのSecret Gardenをただいまダウンロード中です。聞くの楽しみ・・・
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。