スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Brontes of Haworth (ドラマ)

B00009WVLSThe Brontes of Haworth
Marc Miller Christopher Fry
Bfs Entertainment 2003-10-21

by G-Tools

ブロンテ姉妹を主人公にしたこんなテレビドラマがありました。なんと1973年作。
図書館で借りたのですが、時間の関係上最初のほうだけちょっと見て返却してしまいました。
ブロンテ姉妹のこと何も知らずに見始めたので、さすがに昔の地味~なドラマは退屈に感じて・・・
ところが、小説を読んだ後に子供向けですが簡単なバイオグラフィーを読んだら俄然興味が出てきてやっぱりまた見たいかな~と思ってます。
ブロンテ家には将来を期待された男の子Branwellもいました。家族の希望の星だったのに、何一つ成就できず、酒と麻薬におぼれて・・・ブロンテ家にも暗い影の世界があったのですね。

他にも姉妹たちが切磋琢磨して作品を書いていく過程ももっと知りたい!
全員早世しているのも本当に惜しい。
当時は女性が作家になるのはほぼ不可能だったので、ペンネームを使って出版した・・・それぞれの名前の頭文字をとって、Currer,Ellis and Acton Bell。色々知ってるのと知らないのとでは作品への親しみが変わってくるな~。Wuthering Heightsの冒頭には1850年、Emily とAnneの死後、Currer Bell (Charlotte)がよせた文章があります。3人は同一人物ではないかという噂をはっきり解明するため、自分たちの素性を明かした文章がのっているのにはハッとさせられます。それもまだCurrer のペンネームだし。何だかWuthering Heightsが劇中劇みたいに感じるではありませんか。うーん、もっともっと知りたい。


0670874868Charlotte Bronte and Jane Eyre
Stewart Ross
Viking Juvenile 1997-10-01

by G-Tools


結局今週は仕事が忙しく、仕事の暇を見つけて勉強なんてとんでもなく。5時に仕事の区切りをつけてさっさと退社するのだけを目標に一つもさぼらず(はは、当たり前だけど)真面目にに働いてきました。
これからちょっとだけでも大人しく勉強します・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

hazelさん、こんばんは!
ね、ね、Bronte一家に興味が出てくるでしょー!
私は先にGRで"The Bronte Story"を読んですごく興味を
もちました。これがきっかけだったのですが。
とにかく、一家の歴史そのものが物語に反映されていて、
そこらへんをBlog記事にしようとして、無理でした(笑)

私もDVDを見てみたいなぁ~。

No title

雫さんこんばんは!
ただいまワインを飲みながら夕食のピザを焼いてるところです。
Bronte一家に興味わきます~ほんと。
短い生涯を思うと本当に才能ある人たちだったんだな~と感慨深いというか。
このDVDはかなり地味です。何しろ古いんで、Bronte家に興味なければあくび出ます絶対(笑)
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。