スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vanity Fair

B000AAECT0悪女 [DVD]
ジュリアン・フェローズ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-10-28

by G-Tools

邦題「悪女」??これはいただけませんね~。原作、日本ではサッカレーの「虚栄の市」です。

図書館に本をピックアップしに行ったとき、たまたま目についたこのDVD、そういえば前から気になっていたので借りてきましたが、舞台が19世紀とは知らなかった。

19世紀前半、Jane Eyreと似た時代で女主人公はJaneと似たような境遇(両親をなくし、最初は家庭教師として身をたてていく)ですが
前者が地味だけど現実味のある誠実派なら、こちらは思いっきり派手でドラマチック!
Jane Eyreの後だから余計にあの時代にこんなぶっとんだ女性はいないでしょう~と思ってしまいます。美人で機智に富み、情熱的、ちょっと子悪魔的なところもある主人公ベッキー、男性をひきつけてやみませんが、これってやっぱ男性作家が書く女性ヒロインだからかな。
階級を超えての恋愛とか女性の立身出世みたいなことって、ビクトリア時代はほとんど不可能だったでしょうし、他にもこの時代の階級社会ぶりをコミカルに皮肉って書いたのが原作らしいです。

Reese Witherspoonってあんまり好きじゃなかったのですが、この映画ではハマリ役って感じでした。
前に観た他の映画のせいか、アメリカ南部の娘!てイメージが強かったのですが、イギリスアクセントも上手、歌も上手で見直してしまいました。そういえばWalk the Lineもまだ観ていなかった。

912ページの原作!今はちょっと結構です・・・
0141439831Vanity Fair (Penguin Classics)
John Carey
Penguin Classics 2003-04-29

by G-Tools


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。