スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Penguin Deluxe Hardback Classics

2009 spring 008
ただいま私が読んでいるこのJane Eyre、素敵なカバーがお気に入り。次はどのタイトルを買おうかと思案中。でも同じ系列の書店を最近3ヶ所見ましたが、一店舗にしか置いてなかったのです。どういうこと!?
書店のオンラインサイトで見ると結構売り切れている。どうしよう、早く次のお目当てを買わなくちゃかも?

色々検索してたら、ある個人のサイトでとっても素敵な写真つきで紹介してありました。
美しい本の様子が伺えます。ぜひごらんください!きっと欲しくなるはず・・。
こちら

コメントがたくさんついてますが、各人の大げさな感動ぶりに結構笑えるんで。(あ、笑っちゃいけませんね、でもイングリッシュスピーカーはどうしてこう大げさなんだろうっていっつも思うんで・・・so insainely beautifull!! って。ププ)
うん、でも同意。それに「素敵~!素敵~!」と思っていたのは私だけではなかったらしいと知り安心しました。
棚に並べてにんまりしたくなる本たちです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この前から素敵と思ってたけど、買いたくなるといけないと思ってAmazon UK見てなかったのですが・・・改めて背表紙をならべて見るといいなぁ。
気になって調べてみたのですが、こっちでは作られていないようで、Amazon Ukにはないです。 それで思いついたのが、The Folio Societyで(http://www.foliosociety.com/our-books)、ここは名作を素敵な装丁にしてコレクターに売っています。 これがあるから、Penguin のデラックス版はないのかもしれませんね。 時々古本屋でFolioの本を見かけるので手にとってみるのですが、古本でもけっこういい値段がします。
イギリスでも大げさな感動かなぁ、と考えてみたのですが、何でもLovelyで済ませるところがあって、そっけないかも?あるいは私のまわりがそういうシンプルタイプの人なのかな?

Dillさん

Amazon.ca でも扱ってないみたいです。どうやら契約した書店でしか販売していないみたいですね。
The Folio Societyの本たち、素敵ですね~。さすが、イギリスって感じです。そういえばPride and Prejudiceの中でもお屋敷の蔵書のことが話題になっていたりしたし、文化的的な背景として本の収集が地位や収入や教養と深く結びついていたのかなと思いました。
Lovelyですが、全然控えめって感じです。でもとってもイギリスっぽい。
私の好きなJamie Oliver君がよく料理をしながら言ってるような、そういえば。

Jamieすきなのですね! 
私も・・・カナダでも、「豚のWelfareを考えよう!」っていう番組やりました?
身動きできない囲いの中で豚を育てる大陸側のヨーロッパの豚肉やベーコンじゃなくて、より自然な育て方をするイギリスの豚肉やベーコンを買って、イギリスの農家をサポートしよう!という番組でした。 彼の主張も納得したけど、その演出がめちゃめちゃ愉快でした。 しかも強引! イギリスの主なスーパーの代表をスタジオによんで、これからイギリスのポークをサポートしますね、って言質をとってました。
レシピの方は、彼のイタリア系が大好きです。 息子もファンで作ってます。

ただ、いつも気になるのですが、イギリスの料理番組の試食は、どんなファンシーな料理でも、立ったままのつまみ食いスタイルで、おいしい、おいしいなのですよ! あんなに手間がかかっているのに、もったいない! 日本のNHKとか、じゃあいただきましょう、って感じでし、座ってしとやかに食べるじゃないですか。 文化の違いなのかな? 北アメリカ地域もイギリスと同じなのかしら・・・? 

嬉しいです!

DillさんもJamie君好きなのですね~。
その番組知らないです。興味あります。見たいな~。しかし、なんともJamie君の考えそうなことです。豚のWelfareを考えようなんて!
セレブリティーシェフだけで終わらないところがすごい。
世の中を改善しようと考えるだけでなく、その実行力がすごい。若いのに偉いな~っていっつも感心します。
うちの旦那は私がJamie君を褒めちぎる度に何故か嫉妬、敵対心燃やしてましたが、今では彼のレシピも喜んでチャレンジしてます。

そうですよね、英語の料理番組はつまみ食い、立ち食い系かもしれない(笑)でもお家で料理作ってるって感じの演出が好きです。

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。