スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jamie's Food Revolution

1401323596Jamie's Food Revolution: Rediscover How to Cook Simple, Delicious, Affordable Meals
Jamie Oliver
Hyperion 2009-10-13

by G-Tools

何故か北米ではカナダで先に出版され、アメリカでは未出版らしいジェイミー君の最新本です。
イギリスの学校給食に革命を起こしたジェイミー君、次なる野望は世界中の人々に自分で作る本物の料理を再発見してもらうこと!”Pass it on”なる運動を起こすことを宣言してます。まず自分で料理を一つ覚えてはそれを誰かに教えてあげようという草の根運動であります。

ヒントは第二次世界大戦中にあった”Ministry Of Food"(食料庁でしょうか)から。配給のとぼしい食材からなんとか人々に栄養のある料理を少しでも美味しく食べてもらおうと政府は国民に料理の仕方を教えていったのです。イギリスのみならずアメリカでもそうだった模様。


それが今となっては・・・アメリカ国民の75%は自宅で食事を取ってはいるけれど、その半数はファーストフード、テイクアウト、デリバリーに消費されている。
自分で自分の食事をこしらえることができない人々が溢れ、カロリーの高い加工食品の食事では肥満率は拡大するばかり。
こんな現状を危惧するジェイミー君がよっし、政府がやらないなら市民レベルで始めよう!と張り切っているわけです。

で、うちの旦那は乗せられやすいというか、基本の料理がいっぱいのっている内容にすっかりやる気をだし、買おう買おうとうるさく。すでに本棚が料理本でいっぱいの私は渋ってましたが、結局購入。

で、この週末に二人で子羊のロースト、私がインド系カレー、旦那がラザニア作りました。
手前味噌の写真ですが、うちの旦那(昔のエントリーを知っている人はご存知と思いますが、料理なんて全然ダメだったうちの旦那が!!!一人で一から作ったラザニアです!!
2009 spring 009

人々に手作りのご飯の美味しさを伝えたいジェイミー君の野望には大賛同。
ただちょっと心配なのは、彼のレシピは美味しいんだけど決してシンプルではないんだよね・・・。今回の本ではいつもは語る調の長い文章を適当に切って、まあまあ読みやすい工夫はしてありますが。
ま、ラザニアとかローストはもともと週末に時間をかけて作るレシピとしても、レシピ自体が結構長いし、初心者には 2 lugs of Olive oil と言われてもピンとこない。(私もこないけど)
それが心配。ジェイミー君のサイト(こちら)では本の中のいくつかのレシピが映像つきで見れます。
Foodチャンネルで6月から番組も始まるので初心者はそれを見ながら料理の手順やコツを理解するしかないでしょうね。
あと、食材は絶対ハーブを使うし、美味しいレシピは必ずしも材料費が安くないということもあります。
これは、イギリスの学校給食革命でも大きな問題になってたはずです。

おこづかいは削っても食費は削れない私たち夫婦には理解できても、はたしてどのくらいの人々に
伝わってくれるんだろうな~。
おいしいものを作る、食べる、共に楽しむそんなシンプルな幸せを多くの人に知って欲しいんだけど。
そう言ってる私が”Pass it on"していけばいいんだよね。
とりあえずの身近な対象者は、料理が大ッ嫌いな旦那の家族だろうか・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。