スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しんぼ(英語版)

Oishinbo, Volume 1 (Oishinbo: a la Carte)
Oishinbo, Volume 1 (Oishinbo: a la Carte)Hanasaki Akira

VIZ Media LLC 2009-01-20
売り上げランキング : 7202


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



雫さんに教えてもらって、MANGA借りてみました。なんと図書館にもありました。
なつかしい~昔々読んでいました。今回は旦那にも読ませたくて借りてきました。

食べ物に対する情熱、すごいです。ここまでするか~って言いたくなる部分も多々ありますが、
今回、ダシのところで強烈に刺激を受けました。かつおぶし、煮干しを買い出しに行って、かつおだし、かつおと昆布だし、煮干だしと続けて作りました。それでおうどん食べたり、親子丼作ったり、お好み焼き焼いたり、おいしいお味噌汁作ったり。今更ながら、美味しいダシは和食の基本なんだ~と感動。普段うちの食卓ではダシの必要な和食はほとんど出番がありません。特に平日は、ご飯炊いて、お味噌汁作って、メインに副菜に・・・って結構手間と時間のかかる和食は避けてます。お茶碗だっていっぱい使うし、次の日のランチにもしにくい。(なんて理由だ。でも大事)食材だって海外で買うほうが割高だし。(かつおぶしだって高~い)私は近所で買える食材で、こっちで料理しやすいものを重視してます。
だから和食ってどっちかというと週末に時間のある時に作る特別食です。と、日本の主婦だったら大失格の私ですが、自分でとるダシの美味しさに今更ながら開眼。

まとめて作ってかつおぶしの一番だし、二番だし、煮干しのだし、を冷凍庫に蓄えました。
チキンストック、野菜ストック、マリナラソース(玉ねぎ、セロリ、にんじん入りのトマトソース)は週末にまとめて作って備える私の重要食材のモトですが、その一員に加えることにしました。

他の巻では「ラーメン、ギョーザ」編、読んでみたい!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わ!おいしんぼう!
いつもotakuと笑われていますが、この本がotakuの真髄かもしれません。
旦那さまの反応が知りたいところです(笑)
そこまで、人生をかけるほどのことなのか?と思うほど奥が深いと言いたい
のかもしれないけど、確かに食べるということは人間が生きていくことに影響
することですよね。
おだし、楽しんでらっしゃいますね!関西育ちの私はなんと言ってもだしが命。
だから関東に越してきて、うどんは讃岐系店舗以外で食べたことがありません。
海外での日本食はコストがかかるでしょうね。そうかー、特別なお食事になるん
ですね。

だし、たまりません

うどんは私も讃岐系の冷凍うどんを常備してます。あとダシとかえし(って知らなかったんですけど)も常備。
これでいつでも美味しいうどんが食べれる!そうです、私にとって日本食は特別な食事になってますね。もちろん海外に住んでいても日々和食を保持してる方はたくさんいると思いますが。
旦那はこの漫画と、ダニエルカール、栗原はるみコンビの英語料理番組(オンラインで見れました)でダシのとり方を見て、
いっぱし味の違いが分かる人になったつもりらしいです。
うどんつゆのダシがこの間ほどパワフルじゃない・・・とか言ったりして。確かに最初は1番だし、2回目のつゆは2番だしだったんだけど。
ホントに違いが分かったのかな~あやしいですけど(笑)
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。