スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Sharper Your Knife, the Less You Cry

The Sharper Your Knife, the Less You Cry: Love, Laughter, and Tears at the World's Most Famous Cooking School
The Sharper Your Knife, the Less You Cry: Love, Laughter, and Tears at the World's Most Famous Cooking SchoolKathleen Flinn

Viking Pr 2007-10-04
売り上げランキング : 325969


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ロンドンで働く、キャリアウーマンのアメリカ人キャサリーンは休暇中に突然の解雇にあいます。
ビジネス社会でバリバリ働いてきた彼女が、30代半ばのポッカリ空いた時間に思い立ったこと。それはパリの一流料理学校ル・コルドン・ブルーで料理を学ぶことでした。
いつかは、と夢見ていたことを現実にする機会はまたとこないはず。ボーイフレンドの後押しもあり貯金をはたいて、一人パリへ乗り込みます。
世界に名だたる料理学校の授業、基礎から上級コースまで厳しい授業の様子を垣間見ることができ、とっても楽しかったです。学生はほとんど外国人で、想像に難くなく日本人も群れをなして入学しているよう。ちょっと滑稽に見えてしまう日本人の描写に苦笑いしてしまいました・・。
話はキャサリーンの恋模様もまじえて進み、読み終わった後はなんだかすがすがしい思いです。いいな、こんな風に情熱あることに思い切って一歩踏み出せて。

ル・コルドン・ブルーは世界中に姉妹校があり、もちろん日本にも東京と神戸にあるようです。
サイト
どれどれ、と授業料を見てみるも!!!これは、本気の投資が必要なコースですね。
私は、ウサギの首をちょんぎったりできないと思うので、料理コースは無理だろうな~。

本の中にも名前が出てくる、亡きアメリカ人シェフJulia Childさん、彼女もル・コルドン・ブルーで料理を学び、アメリカにフランス料理を伝え、クックブックをを出版した先駆者のようです。70年代とかにはTVの料理番組で超有名人だったみたいです。You-tubeに映像がいっぱいありました。第二次世界大戦後に夫と住んだ彼女のフランス生活をまとめたものがJuliaさんが2004年に亡くなった後まとめられ出版されてます。

My Life in France
My Life in FranceJulia Child

Anchor Books 2007-10-09
売り上げランキング : 70273


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



0375413405Mastering The Art of French Cooking, Volume One (1) (Fortieth - 40th - Anniversary Edition)
Sidonie Coryn
Alfred A. Knopf 2001-10-16

by G-Tools




ところで、本のタイトル”The Sharper your kinfe..."の由来は、切れ味のいい包丁だと玉ねぎがスパスパ切れるので目を刺激する物質があまり放出されず、結果として涙もあまり出ないというわけです。

数年前のクリスマスに私も上質ナイフセットを買ってもらいましたが、料理に道具は本当に大事です。
下ごしらえが早くなるのは間違いないかも。切れない包丁で肉と格闘することはなくなりました。
あ~なんだか私も、もっとちゃんと料理を学びたくなってきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。