スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙

4167110113手紙 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 2006-10

by G-Tools

両親を早くに亡くし、身寄りのない兄弟。
弟には大学を出て、まともな職について欲しいと願う兄が弟の幸せを祈るあまり、強盗殺人を犯してしまう。

物語は、殺人犯で実刑を受ける兄を持つ弟、直貴を主人公にすすみます。
殺人犯の家族ということで、社会的にどんな立場においやられるのか、ありありと現実をみせつけられ辛いのも確かですが、もともと兄弟が生きていた社会の底辺の実情も最近のニュースで見聞きする日本の社会とあいまって、現実味をおびて迫ってきます。

格差社会、犯罪者の家族に対する差別、と社会の現実を小説の中でくっきりと浮び上がらせ、
そこに人間としての感情(犯罪者、その家族、犯罪者をとりまく人々、そして被害者、その家族)色んな視点から深く考えさせられます。

兄が毎月送ってくる手紙が、純朴で、苦労を強いられる弟の人生とあまりに対照的で次第にせつなく苦しくなってきます。最期には事件にかかわった人々が一応一つの結論に達し、区切りをつけることになりますが、登場人物たちの人生はそこからも続くわけで、それに思いを馳せ、読了後も後をひく小説です。
東野圭吾の小説を読んで、胸に迫る、強い感情が胸にわきおこってきて泣いてしまったのは前回「秘密」を読んで2回目です。「秘密」とはまた違う悲しみですが、不条理さに心を強く揺さぶられるのは同じでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。