スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Other Boleyn Girl

0743227441The Other Boleyn Girl (Boleyn)
Philippa Gregory
Touchstone Books 2002-06-04

by G-Tools

ヘンリー8世と6人の妻の話は有名ですが、そもそも最初にヘンリーに離婚を決意させ、カトリックでは離婚を許さないため、イギリスの宗教システムを変えるほどの力をふるった女性がいました。

世界史でも勉強するアン・ブーリンですが、実は彼女には妹がいて、先にヘンリーの愛人で子供もみごもっていました。歴史上は誰も見向きもしなかったこの史実に脚色をあれやこれや加えて出来上がったこの小説、これを原作にして映画もできました。

私は映画のほうを先に見たのですが、実際原作を読むと、2時間ほどの映画に凝縮させるため、かなりの部分がはしょってあったようです。それはそうですよね。

原作ではアンの妹メアリーの視点で物語が語られます。

この作者の歴史フィクションが今の時代に受け入れられるのは、うまく現代女性に訴えるようなキャラクターを用意していることですね。この場合はメアリーかな。

この時代、女の子は一族が王室でパワーを持つために政略結婚に利用する道具の一つ。
こうしろ、と命令されたら従うしかなかったのです。
そんな時代に、自分の心の声に従い、女の幸せをつかみとっていくキャラクターこそ、現代女性に支持される秘訣なのでしょうね。先日読んだ、The Queen's Fool にもそんな登場人物が組み込まれていましたから。

しかし、アンが女王へ上り詰めるまでの執念深さというか情熱にはただものならぬものがありますね。
この母親ありきして、娘のエリザベス、と思うしかないほど、したたかで、自分の欲しいものは絶対手に入れる意思の強い人間です。

しかし、この時代、いったん敵を作るとあっというまに排除ですね。
先日シーズン2が終わったTVドラマ The Tudors もアンの最期でしたが、またたくまに陰謀がしくまれ、不安因子はすべて一掃されました。まったく血みどろの時代です。

処刑シーンの読みすぎ、見すぎか、夜な夜な悪夢を見ていたのでってわけでもないですが、
今年のチューダーブームはひとまず、これで一旦休憩したいと思います。
次のチューダー本はこれを読みたいところですが、

0007190336The Boleyn Inheritance
Philippa Gregory
Harper 2007-05-01

by G-Tools




ほかに2008年度の目標本があるので、年内に終わるか分かりませんが、それにしばらく没頭したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

う~む

hazelさん、こんばんは!
しかしまぁ、興味をそそられる本ばかりでございます。
今はなかなか本が読めない時期であきらめていますが、
先日も書店で見かけましたよー。売れていて売り場トップ10に
入っていました。
The Boleyn Inheritanceは、じつはもうすでに持っています。
ちらっと読んでみて最初があまり難しくなかったので読めるかも
と期待しています。でも・・・落ち着くのはまだ先なので、それか
らです(^^ゞ

雫さん

うわ、日本でもそんなに売れてるんですね。すごい。
それにしても、The Boleyn Inheritance をすでに持っている!?さすが!
そう言われると私も続けて読みたくなりました~。

話の展開的には先にこのThe Other Boleyn Girl を読んでからのほうが
登場人物がつながっているので面白いかもしれませんね。
読める時期がきたらぜひ~。



プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。