スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三の時効

4087460193第三の時効 (集英社文庫)
横山 秀夫
集英社 2006-03-17

by G-Tools


短編集なのですが、全体としては同じ県警捜査課内部で取り扱う事件の話で連作になっています。
メインの登場人物が入れ替わり立ち代りしますが、そこから逆に署内の対立や嫉妬、出世ゲームとかそんな部分が見えてきます。
殺人事件の謎解きも見事ですが、そういう内部事情が面白かったです。

仕事に誇りを持つ一流の刑事たちは「渋すぎる」の一言。
それぞれに過去に傷があったり、犯人を挙げることに関しての執着は尋常でないものがあります。
女性と言えば、殺された妻とか犯人の愛人くらい(笑)で、あくまで男の世界!

2週続けて日本の小説を読んで、最近どんなに日本語を読んでなかったに気づきました。気軽に手に取れるミステリーでも、週に1冊くらいは日本の小説を一気読みするのも必要かもしれない、と思ってるところです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第三の時効 横山秀夫

F県警捜査第一課が遭遇する難事件の数数。 あやふやなアリバイこそが実は鉄壁のアリバイになりうるという、 容疑者の仕掛けた狡猾な罠に挑む...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。