スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューダー朝ブーム続く

B00005JLJPLady Jane
Douglas Slocombe Stephen Oliver
Paramount 2003-02-18

by G-Tools

チューダーブーム続行中。

一人目の女王と離婚するためローマカトリックから離脱し、イギリス国教会を設立したヘンリー8世。結局6人持った妻のうち2人を処刑しました。
もうそれだけで連続ドラマのネタはつきませんし、ただいまヘンリー8世の若かりし頃を描いたテレビドラマ
「The Tudors」にはまっていますが、それはさておき。

そのヘンリー8世の死後、
3人目の妻の生んだ息子エドワードが即位。しかしエドワードは病弱で若くして死んでしまいます。
その後は、最初の妻の娘メアリー、2人目(アン・ブーリン)の妻の娘エリザベス1世と続きますが、実はこのエドワード6世の後にたった9日間だけ女王にまつりあげられた少女が存在するのです。

その少女ジェーンを主人公にした作品、レンタル屋の棚の奥で誰にも見つけられず、ひっそりと眠っていましたが、掘り出し物でした。

これが初主演というへレナ・ボナム=カーターが初々しい。
親たちの出世欲、策略に踊らされ、自分の意思とは全く関係なく政治の表舞台にひきずり出されるジェーンとその若い夫。
本当に子供みたいに、純粋に国の政治を考えたりするティーンエージャーの二人が痛々しい。
史実はどうか分かりませんが、政略結婚で無理やり結婚させられたにもかかわらず、愛の絆が生まれるだけに最後は涙なしでは見られません。

ますますイギリス史が面白い!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。