スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体にも環境にもやさしいお掃除法

0671535951Clean House, Clean Planet: Clean Your House for Pennies a Day, the Safe, Nontoxic Way
Karen Noonan Logan
Pocket Books 1997-04

by G-Tools

最近の日本語で気になる言葉は「そうじ力」。
心の状態と住空間の心地よさに関連があるというのは、意識の底辺でなんとなくでも誰もが気づいてることかもしれませんよね。

疲れて帰ってきて、家の中が乱雑だと余計に疲れますもの。

それは分かっていなから、掃除は苦手な私ですが、その理由の一つを洗剤のせいにもしてました。
まず、カナダに来た頃は売り場の壁一面を埋め尽くす掃除用洗剤の山に圧倒されました。どれを使っていいのか分からない!

それにどの洗剤も強力すぎて、掃除をしているうちに頭がクラクラしてくることもしばしば。窓を全開にして、タオルで顔半分覆っていても気分が悪くなるので、出来るだけ手早く簡単に終わらせてしまいたいものでした。

前々からベーキングソーダを使った掃除法には興味がありましたが、週末にこの本を見つけて即購入。

市販の洗剤類が体に及ぼす危険性を述べ、安全なものを使って健康にも環境にもやさしい洗剤を手作りしてしまおうという内容です。
主な材料はベーキングソーダ、酢、植物性リキッドソープ、エッセンシャルオイル。用途にあわせて色々なレシピがのっています。

とくにベーキングソーダや酢にエッセンシャルオイルを加えて、香りプラス除菌などの効果をアップさせるアイデアをいたく気に入りました。

さっそくTea Treeオイルを加えた除菌ソープを作り、洗面所、トイレ周りを掃除。
体に有害なものを吸い込んでいるという不快感が全くなくなり、今後はもうそれだけで楽しく掃除ができそうです。
この方法で私の「そうじ力」アップも期待できるかな!


追記:翻訳バージョンを見つけました。

そうそう、原書の出だしで私も
心をつかまれました。
"It is said that the angels are drawn to where it is clean"

4087732819天使(エンジェル)は清しき家に舞い降りる―クリーンハウス、クリーンプラネット「あなたの生き方が変わるエコ・マニュアル」
カレン ローガン Karen Logan 佐光 紀子
集英社 1998-03

by G-Tools


上の本の翻訳をされた佐光 紀子さんはこんな本も出版されてます。
佐光さんのサイトはこちら

4893092502キッチンの材料でおそうじするナチュラルクリーニング
佐光 紀子
ブロンズ新社 2002-03

by G-Tools

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お掃除。

Hazeiさん、こんにちは。
佐光 紀子さんの、その本持っています。
私自身が、アレルギーな事もあって
掃除は、お酢と重層と洗濯石けんになりました。

炭酸水で、鏡をきれいにする。
というのが、一番目から鱗だったような気がします。

そう、Little Houseですが
日本語訳、ちょっとまえに新しい版が出て、
それは表紙がガース・ウェリアムズじゃないのです。
もしかしたら、今の状況を見越していたのかも。
なんて、思いました。

http://www.amazon.co.jp/dp/4882641836
こちらが、足沢 良子訳のURLです(⌒o⌒;A

この本、知ってる~!私はウェブサイトのほうでいろいろと勉強させてもらい、ベーキングソーダを使ったお掃除、実践しています!本にしか載っていないいろんなテクニックがあるのかな。本も買ったほうがいいのかしら。気になる!

紗香さん

こんにちは。
ナチュラルクリーニングに遅ればせながら目覚めました。
紗香さんはとっくに始めてらしたのですね!さすが!

石けん作りを始めたりした影響もあって、自然素材のもの、手作りのものの良さを見つめなおしているところです。
炭酸水で鏡をきれいに…試してみたいと思います。

Little House、なんと日本語訳までイラストを取り除いてあるのですね~。
ショック。ファンにとっては悲しいことです…。

ごんたさん

色んな洗剤のレシピがあって、いいですよ~。
All Purpose洗剤、家具のつや出し用、除菌スプレー、害虫除けなどなど。
思わず空のスプレーボトルを何個も買いだめしました。
色々作ってみようと思って。

皮のブーツもオリーブオイル使って磨けるなんて知らなかったし!

経済的で快適でこれはやめられないな。合成洗剤をもう買わなくてもいいのか~と思うと嬉しいかも。なにしろ、あの洗剤売り場には圧倒されてすぐ逃げ出したくなるもんで…(笑)
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。