スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再警告!

雫さんがすでに警告済みですが、私からも。
新Little HouseシリーズはGarth Williamsの挿絵が消えています!

先日Little House熱がぶり返した!と言ってた頃、書店で久しぶりに本を見ようと思ったら全て写真の表紙に。
おや?と思ったものの、あんまり深く考えてなかったのですが、雫さんの記事を読んで、これはマズイ!と焦りだしました。
そういえば、本文に挿絵なかったんですもの…。
で、今日本屋さんでもう一度、ちゃんと中身を確認しました。
挿絵はゼロです。まったくなしですよ~。
ただもう文章がズラズラと並んでるだけです。

著作権が切れたとかそういう問題なのでしょうか…?
だからこういうコレクターズ・エディションのようなものが出てきていたのですね~。

0060769092A Little House Collection: The First Five Novels (Little House)
Laura Ingalls Wilder Garth Williams
Harpercollins Childrens Books 2006-10

by G-Tools



0060754281The Little House Collection: A Full-Color Collector's Set of the First Five Books: Little House in the Big Woods, Farmer Boy, Little House on the Prairie, On the Banks of Plum Cre
Laura Ingalls Wilder
Harpercollins Childrens Books 2004-10-30

by G-Tools


上のハードカバーのにするか、下のボックスセットにするか本気で悩んでます…。一生大事にしたいからハードカバーかなあ、でも手軽に読める上質紙ペーパーバックかなあ、と考えてるうちになくなったらどうしよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひゃー

良かった。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。ビエェーン
モノクロでもボックスセットをゲットしておいてほんまに
良かった・・・。
あの挿絵がなくなるなんて考えられません。多分著作権の
問題で困った出版社は色々と考えたあげく、表紙だけ実写
にしたのでしょうね。苦労したでしょうねぇ。
邦訳でもGarth Williamsの挿絵はおなじみですもの。
あれ、ちょっと待って。本編ではなく他の本もイラストが
変更していく可能性がある!?
ヤバイです・・・。
Inside Laura's Little Houseを買わなければこれさえも
どうなるか分かりません。
同じ出版社だけに不安です。
Hazelさんのように海外に住んでらっしゃる方がすぐに
チェックしてくださると確実でとてもありがたいです!!
どうだ!Hazelさんの旦那様!ここまでオタクるとへへー
となるでしょー。って伝えてください(笑)
誰だって言われるか(^_^;)

Hazelさん、こんばんは!
挿絵がゼロっていうのは、本当にびっくりですね。
あの挿絵があってこそLittle Houseシリーズという感じがするんですけどね。

フルカラー版、もう少し安っぽいものを想像していたのですが、ものすごく上質紙、しかもぴかぴかで、びっくりしました。
買って大正解でした♪
私はフルカラー版を買いましたが、ハードカバーもよさそうですよね。

こうなれば、関連本もいろいろチェックしていかないといけないかなーなんて思ってしまいました。

そうそう、今さらかもしれませんが、よろしかったらHazelさんのページもリンクさせていただけたらと思うのですがかまいませんか?

雫さん

ほんっとに、ファンを泣かせてくれるよな~!と悲しいです。
私は昨年英語で初めてシリーズ読み直して、このイラストを見るのも
楽しみの一つだったのですもの。
先が知りたくてページをめくって、イラストだけ覗き見したりとか(笑)

イラストをのせるのに出版社にお金がかかりすぎたのかな~とか、ちょっと悲しくなってきますね。
Garth WilliamsはLittle Houseのイラストを描くために、綿密な現地調査もしたんですよね。そんな時代考察もなされた、物語と対になってるようなものを取り除くなんて~!!!

そういえば、Charlotte Webが映画化された頃、書店にはそりゃもう立派なGarth Williamsのフルカラーイラストのハードカバーものが並んでましたよ。
ああいうのも、よく考えれば決まった数しか出版しない限定もののはずですよね…。
あああ、そういうのも手に入れときゃよかったかな?

本のコレクターの存在意味がようやく分かってきたような気がします…。

りあさん

そうなんです~。私もボーっとしてました。
Garth Willamsは実際にローラたちが暮らした土地を訪ねて、時間をかけてあのイラストを描いたんですよね。
だから物語には欠かせないものだと思うんですけれど…。

やっぱり著作権の問題ですかね~。でも
そんな公共の財産のようなものを一人占めしようとか
お金もうけしようとかって考えている人がいるのかと
想像するだけで悲しいけど…。

りあさんが購入されたフルカラー版いいでしょ、いいでしょ。
普通のペーパーバックより高いけれど、あの高品質だし、逆にお買い得かもと思います。
私も本棚チェックしたら6,8,9巻だけ何故か買ってありました。
1~5はどちらで買うかいまだ決められないんですけど、確立的にはペーパーバック版のほうはもう出版しないんじゃないかなと思います。
書店ではハードカバーのしか置いてませんから。

リンクこちらこそ宜しくおねがいします!

こんにちは。へぇ!!そういう問題ってあるんですね~
なじみの挿絵がなくなってしまうのってなんだかさびしい・・・
一生もので考えるのであれば、やはりハードカバーでしょうか~。
あたしも、一生もの(というか、大好きな作家さんの本)とかだと
文庫まで待てなくて、いつもハードカバーで買ってしまいます。
おかげさまで本箱には、文庫よりもハードカバーの本がぎっちりです。

あ。それから、せっけんの切り分けなのですが、ここに書くと
長くなってしまうので、↓↓の日記のコメント欄に書かせてもらいますね☆

ぱぴこさん

そうなんです~。このイラストは物語とあまりにマッチしているので、絶対無くなって欲しくないんですが…。

私も日本では好きな作家ものは発売と同時にハードカバーで買ってましたよ。待ちきれないですもんね~。
日本にいたときの方が本はいっぱい買ってたように思います。
本は買って読むもんだと思ってました。
住んでる場所の近くには図書館がなくて、わざわざ借りに行く交通費と時間を考えると、買ったほうがよかったからでしょうけれど。

でも本当に好きな本は絶対自分の本棚に置いておきたいですよね。
自分が読んだ本たちが並んでる本棚って大事な場所だと感じます。

石けんのことありがとうございます~!!返事は↓ ↓ です。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。