スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blood Diamond



1990年代の西アフリカ、シエラ レオネ。
人権保護のため、また不正なダイヤモンドの流出を防ぐため輸出規制がなされる中、隣国リベリアへ密輸は続く。
白人アフリカ人のダニーもその密輸に関わる一人。

ダイアモンドはイコール富と権力。シエラ レオネでは強者が弱者を襲う。革命軍と名乗る反乱分子が銃を放ち、村を焼き放ち、家族を引き離す。少年たちは、兵士として異常な洗脳を受け虐殺マシーンと化す。囚われた者は奴隷としてダイヤモンド採取に利用する。
完全な無法地帯。

家族と引き離され、採取場で働くある男が偶然にダイヤの鉱石を見つける。価値のはかりしれない大きな石。この石で家族を救うことができるかもしれないと考える男。

そしてこの石に目をつけた白人アフリカ人のダニー。この石の密輸を最後にアフリカ大陸を去るつもりだ。

そんな折、アメリカ人ジャーナリストの女性が血のダイアモンドの真実を暴くため、情報を求めダニーに近づく。

この3人がドラマを引っ張っていきます。

ダイヤモンドって実は鉱石の中でも一番採取の簡単な石なんだそうですね。
簡単に大量に取れる。ところが、それを金庫にしまいこんで市場の価値をつりあげ、完全独占しているグループがいるわけです。マーケットには少しずつしか出さない。

血のダイヤの話はなんとなく知っていましたが、舞台裏でこんなにおぞましいことが起こっていたとは正直衝撃でした。
この映画を見るとダイヤモンドへの考えは全く変わると思います。

サイトはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。