スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Remains of the Day

0571225381The Remains of the Day
Kazuo Ishiguro
Faber and Faber 2005-03-03

by G-Tools

イギリスの一流執事としてダーリン卿に数十年勤めあげたスティーブンス。主人の死後、新たな家主のアメリカ人の下で働いているが、主人のすすめで休暇をとることに。イギリス西部を旅する傍ら、昔の仕事仲間であったハウスキーパーのミス・ケントンを訪ねることになった。
旅すがら過去の回想を重ねていきます。
最高のプロ意識を持ち、執事としての責務を遂行した自負はあるけれど、ダーリントン卿が結果としてナチスドイツとの関わりを持っていたことから、倫理的な問いが彼を苛みます。
主人の行いに自分も加担したことになるのだろうか。
人生の後半に踏み込んだスティーブンスが過去を振り返り、折り合いをつけていきます。

なんとなく難解な小説、と勝手に思い込んでいましたが、端正で明確な英語は意外にも読みやすいものでした。あと、映画を先に観ていたのもかなり理解の助けになったと思います。
第二次世界大戦前のイギリス上流社会、お屋敷での執事の仕事振り、なんて全く想像もつきませんものね。
B0000QV9K4日の名残り コレクターズ・エディション
ジェームズ・アイヴォリー アンソニー・ホプキンス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2003-11-21

by G-Tools


こちらの「ナイン・インタビューズ」、2年ほど前に購入した本です。改めてカズオ・イシグロのインタビューを聞き、翻訳家の柴田さんの解説を読んで、作品をより深く読めたような気がします。
作家のインタビューって奥が深いですね。どの作家も話す言葉一つ一つに重みがある。本の読み方のコツみたいなものが満載だと思います。他の作家の作品も一つずつ読んで、またインタビューを聞きなおすのがちょっと楽しみだったりする、長く楽しめる一冊です。
4757407815ナイン・インタビューズ
ポール・オースター 村上春樹 カズオ・イシグロ
アルク 2004-03-26

by G-Tools
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

前にある講座の課題として、原書と和訳を並行して読みました。私は映画を本の後で見たので、イメージがちょっと違う(特にミス・ケントン)と感じました。これでカズオ・イシグロに興味を持ち、2冊めThe Unconsoledを読み始め、とても面白いと思いつつ、読了していません...

★susieさん

和訳と並行して読むなんて面白そうですね。
私は映画を先に観たのでわりと読みやすく感じました。だから私の場合、ミス・ケントンは最初から完全にエマ・トンプソンになってしまいましたけれど。読んでみたいけれど、とっつきにくそうな本は今後この方法でいこうかと思ってます。
Kazuo Ishiguroの他の作品は
"Never Let Me Go"をよく見かけるので読んでみたいと思ってますが、そのうち...です。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。