スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Tale of Despereaux

0763625299The Tale of Despereaux: Being the Story of a Mouse, a Princess, Some Soup, And a Spool of Thread
Kate DiCamillo Timothy Basil Ering
Candlewick Pr 2006-04-11

by G-Tools

私、結構うっかり者でして、図書館で本を予約しても間違ったものが届くことがたまにあります。 "Large Print" 版が届き、虫眼鏡で拡大したくらいでっかい字に驚いたり。今回はオーディオCDが届いてしまいました。

先日読んだ "The Miraculous Journey of Edward Tulane" の作者Kate Dicamillo の作品です。

お城に住むハツカネズミ、お城のお姫様、地下の牢獄に住むドブネズミ、そしてお姫様に憧れる召使の少女。
おとぎ話スタイルのようでいながら、時間を前後させ、登場人物たちが交わっていくという構成がよくできています。みんなどこかしら心に傷を抱えていたり、他の世界に希望を持っているのです。読者に語りかけながらお互いの気持ちを尊重したり思いやったりすることを促している感じがしました。

朗読の男性の声は太くてブーン、ブーンと重厚な響きの渋い声で、それはそれで素敵なのですが、やっぱり美しいプリンセスなど少女の声まで声色を変えて語られると、うーむ私はちょっと朗読CD苦手かも、と思ってしまいました。でもきっと作品とか朗読者の相性、好みも関係あるのでしょうね。
私は自分で好き勝手にイメージしながら活字を追うほうが好きなのかもしれないです。あ、でも夜寝る前に聞いていたら、すやすや~と眠りにつけました(笑)。寝る前にお話を聞かせてもらいながら眠りについた子供時代の気持ちになれますね。それは確かです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おっ♪

Hazel さん、こんばんはー。オーディオCDで聴かれたんですね。読み聞かせいいなあ(笑)。

Kate DiCamillo さんは、ものすご~く好きですが、すごくよすぎて、続けて読むともったいなかったような気がしませんか(爆)。

Tiger Rising もいいですよ(て、けしかけてるでしょうか・笑)

★Julieさん

私もすっかり Kate Dicamillo さんのファンになりましたが、一気に全作品読んでしまいそうで怖いです(笑)
読むものがなくなってしまう!

Tiger Rising もブタさんの話もチェックしてます。近いうちに...。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。