スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Virgin Blue

0452284449The Virgin Blue
Tracy Chevalier
Plume 2003-06-24

by G-Tools

夫の仕事の関係で、カリフォルニアからフランスへ移り住むことになったアメリカ人女性Ella。
フランスの小さな田舎町に住んでみたいという願いをかなえ、住まいを定めるも、言葉の壁、外国人としての疎外感を感じる毎日を過ごす。
ふとしたことから、もとはフランス系だという家族の経歴に興味を持ち、系図を辿り始めます。そして、スイスに住むという、会ったこともない従兄弟に連絡を取ってみることに。調査を進めるにつれ、16世紀ごろにフランスでも広まった、宗教改革の動きを受けて、カトリック側の迫害を避けるために大量にスイスへ移民した人々の末裔であるらしいことが分かります。
こうして現代に住む女性と数百年前に生きたある一人の女性の人生が、思わぬことから繋がるのです...。

カルバン、ユグノー派、バーソロミューの大虐殺...。もやもやした霧の彼方に消え去っていた、しかし聞き覚えのある単語が次々と。
高校時代は世界史を選択していましたが、受験のため頭に無理やり詰め込んだこれらの言葉もいつかは役に立つときが来るのですねえ(笑)

この宗教改革の時代はヨーロッパ全域で魔女狩りが行われていた時代でもあります。このあたりの背景をおさらいしないと最初はちょっと分かりづらかったです。

これでTracy Chevalierが出版した作品、4作全て読んだことになります。彼女のデビュー作にあたるこの作品ですが、最初からこんなに完成度の高い作品を書いていたのですね。
歴史小説であり、ロマンス、ミステリーとオカルトチックな要素も含んでいて、なかなか読み応えがありました。

すでに新作は書き上げていて2007年3月に出版予定だそう!イギリスの詩人William Blakeを題材にした小説だそう。楽しみです。
Tracy Chevalierのサイトはこちら

★読みやすさレベル...8くらい?/総語数85082語(Amazon.comより)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Hazelさんの紹介を読んでいて、オハイオ州に多いアーミッシュの人たちはスイスのアマン派の人々の末裔であることを思い出しました。
↓のFalling Angelsの絵とともにこの表紙の絵がいいなあと思っていました。

★susieさん

メノナイト、アーミッシュ、アマン派...ちょっと検索してみました...。
なるほどー。宗教的迫害を受けてスイスやドイツからアメリカへ移り住んだ人々だったのですね。
バラバラだった知識が少し繋がりました。

国境を越えてこちらはメノナイト派がほとんどだと思います。
アーミッシュよりはもう少し近代的生活を受け入れている感じです。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。