スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Falling Angels

0452283205Falling Angels
Tracy Chevalier
Plume 2002-09-24

by G-Tools

ロンドン1901年。ヴィクトリア女王崩御に際し、一族の墓地に集う家族たち。たまたま墓所が隣あわせだったことから二つの家族が出会います。
新しい世紀、新しい時代の空気が漂う中、二つの家族が交差します。

同じ頃、ロンドンでは婦人参政権を求む運動が盛んになります。しかし当時一般的には、女性は家庭で貞淑で良き妻、良き母を演じることを求められていました。
がんじがらめの社会規範から逃れようとする、一女性を中心に物語は進みます。語り手が次から次へと登場人物すべてが担う方式は、同じくTracy Chevalierの"The Ladies and The Unicorn"と同じです。
これだと不思議なことに、物語全体がとても立体的に深みを迫って伝わってきます。
★総語数77135語(Amazon.comより)
レベルって私あんまり分からないのですが7くらい??


全体的に暗いイメージなので、個人的には"The Ladies and The Unicorn"のほうが好みですが、Tracy Chevalierの小説って読んだ後、なぜか情景が遠い記憶のように頭に残りますね。その感覚が好きです。
0452285453The Lady And The Unicorn
Tracy Chevalier
Plume 2005-01-30

by G-Tools


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

しっかりと

飾っております(笑)unicornの方は数ページ読んでから浮気したまま放置してます。
あらすじだけで面白そうとTracyの本を全てゲットしているのに・・・。
そのうち、そのうちに読むと思います(^_^;)

★雫さん

あ、雫さんはやっぱり全部お持ちですね!そうじゃないかと思いました。
そろそろ大人の小説を読んでみたい気分だったので、ぴったりでした。
Virgin Blueも続けて読む予定ですが、気が変わるかもしれません。

Hazelさん、ご無沙汰です!

最近、松尾芭蕉の英訳、外国に住んでいる人の解釈~みたいな話を聞いたり調べたりしました。
日本の本が、どう英訳されているのか・・・ちょっと興味を持ってしまいました。
Hazelさんは、たくさん本を読んでいるので、日本語の本が英訳されている本も読んだことあるかなぁ~ってHazelさんのことが思い浮かんじゃった。笑
最近、いかがお過ごしですか?
日本はねー梅雨がなかなか明けずに、大雨ざぶざぶな日が続いています。来週ぐらいには梅雨明けるかなぁ。早くよい天気になってほしいです。

★ぱぴこさん

ご無沙汰してます!
私も以前、俳句の英訳絵本を読んだことがあります。

私の場合は、英語で読んでも日本の情景がよみがえったことに感動しましたが、日本を知らない外国人には同じような景色を思い描くことは難しいでしょうね。
日本語の本の英訳で読んだのは思いつく限りでは村上春樹の小説です。
これも同じく、英語で読んでも違和感はあまりなく思い描くのは日本の風景でした。

だから言葉が問題なのではなく、その裏にある共有の文化を理解できるかどうかが問題になるのだと思います。
普段あまり気づかないことだけに、考えだすと面白い分野ですよね。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。