スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Secret Garden

006440188XThe Secret Garden
Frances Hodgson Burnett Tasha Tudor
Trophy Pr 1987-02

by G-Tools

両親を亡くしたメアリーは、イギリス・ヨークシャー地方に住む伯父のもとへ預けられることに。遊び友達もいないメアリーは、庭を歩き回っているうち偶然に、塀に囲まれた庭を発見します。そこは10年間、誰も踏みいったことのない閉じられた世界でした。

両親の愛情を知らずに、お嬢様として甘やかされて育ったメアリーは草花を育てることを通して初めて、自分以外のものに愛情をかけることを学んでゆきます。そして身近な人々との交流から色んなことを学び、大きく成長していきます。

"Little Princess"でもそうでしたが、この作者は人の気持ちの持ち次第で世界はどんどん変わってゆく、というのを大きなテーマにしていたのかなと感じました。父親の死にともない家庭が貧しくなり、アメリカへ移民し、結婚してから小説を書き始めたという作者の経歴を考えると、本人もそういう信念を強く持っていたのかもしれませんね。
英語は古風ですし、その点では先日読んだ"In Her Shoes"のほうが、私にとってはよっぽど読みやすかったです。それでも英語であることには変わりないし、児童書として現在でも人気の作品なのですから、子供でも物語の魅力で読み進めていけるってことですよね。

★読みやすさレベル7/総語数81000語(SSSのサイトより)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先日は私のブログにも来ていただいてありがとうございました♪Hazelさんの読書ペースにはいつも刺激を受けています。本当は私も児童書で基礎を固めてから(意外に知らない簡単な言葉があったりします)もっと難しい本に挑戦したいな、と思っているのですが、日本では洋書が豊富な図書館が近くにない限りお財布が厳しくて…(笑)。

★Muffyさん

そうですよね、日本だと図書館で借りて...というのも簡単にいかないのがツライところですよね。
でも、児童書と言えど結構あなどれませんよ~。温かい物語に癒されたり、人間の本質をいろいろ考えさせられたり、メッセージが凝縮して詰まっていることが多いような気がします。
大人だからこその視点で何倍も楽しめるところもありますから。

知らない単語も意外とありますしね~。
やさしい英語に限らずですが、大量に読むと間違いなく、読む力は伸びますよね。力をつけたい下心もありますが、今は読みたい本がありすぎて気持ちが先走ってる感じです。
Muffyさんの読んでいらっしゃる本も気になります~!
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。