スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:The Da Vinci Code(劇場)



これは、原作と映画とどちらがいいかの論争が交わされ、あっさり「原作読んだ方が絶対いい!」に軍配が上がるよね。
私が原作を読んだのは2年前ですが、映画を見るにつれ詳細をどんどん思い出しました。「ああ、そうそう。ここでは警察に追われていて、林の中をヘッドライトなしで疾走するんだよね。ドキドキするシーンだった!」などなど思い出しながら、ふと気づきました。
あれ?
でも映画ではその本で味わった切迫感が抜けているじゃない~!
ラングトンとソフィーの関係ももっとロマンスの匂いがしたような気もするし...あれ?あれ?と、なんだか色んなものが欠けているような気がしました。


カンヌ映画祭のプレミア後、がっかりのレビューを読み、うちの地元紙では星1つ半という辛口評価を受けていました。あんまり期待してなかったけど、結局観に行ってしまいました。特にうちの旦那が本を読み終わったばかりでどうしても観に行きたがっていたし。
感想は「そんなにこきおろすほど悪くなかったよ~。でも...やっぱり本の方が断然いい」でしょうか。
そもそもミステリーで誰が悪役かも結末もわかっているわけですから、映像だからこそ出来るプラスの見せ場がないと意味ないですものね。


今週末からロングウィークエンドで、金曜夜の映画館はすごい賑わいでした。30分おきに上映されていたにもかかわらず、最初に行った映画館では最終上映まで売り切れ、映画館2件目でようやく1時間半後の上映チケットを手にいれ、列にじっと並んだ後ようやく見ました。
やれやれ疲れ果てました。

このThe Da Vinci Code映画化騒動では、身の回りの人のいろんなご意見を聞くのが一番面白かったかな。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダ・ヴィンチ・コード (映画)

夫が出張中でいないのをいいことに、やっと映画「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました。感想はなんとも言えないのですが、先に本を読んだ私としては、あの長い物語をあそこまで”はしょって”しまって「読んでない人はちゃんと理解できるのかしら?」という感じです。なま

コメントの投稿

非公開コメント

さっそく見に行かれたのですね~!
でも原作の方がいいんですか・・・。
う~ん、見に行くべきか悩みますね。どうしよう・・・。

★ちーさん

断然原作のほうがいいです。
ハリーポッターとかのファンタジーだったら自分が想像できない部分を映像で見せてもらえてお得な気分ですが、今回はちょっと違いました。
映画用に話が多少変えられている部分もあったりします。
でもどんな風に映画にしたんだろうって気になりますものね。
なんだかんだ言いながら気になって観に行ってしまいました。

日本でも・・・

Hazelさん、こんにちは。コメントはお久しぶりです☆
これ、先日日本でも公開になりました。あたしも、めっちゃ見に行きたい!
原作読んでから見に行こうかなーと思ったのですが、
あえて読まずに見に行こうかな?
しかも、意見が賛否両論っていうのが興味深いです。

原作の方が絶対いいです!

 Hazelさん、こんにちは。自分もやっとレイトショーで観てきました。
 観た感想はHazelさんと同じく、断然、原作の方が面白かったです。
 ゴールデンウィークの間にPBを読んだのですが、あの話には、謎解き、アクション、美術、宗教のうんちくの3つの楽しみがありますが、映画はどうしてもはしょってしまい、アクションの部分のみが強調されているのが、残念でした。
 願わくば、あの映画を観て、逆に原作を読んでみれば、また、いいかもしれません。
 それでは。

★ぱぴこさん

コメントありがとうございます!
世界同時公開だったんですよね。日本での評価はいかほどなものなんでしょうね。映画は多少原作と変えてある部分もありましたが、ストーリーラインはほぼ凝縮して詰めてありますし、エンターテイメントとして考えれば楽しめるのではないでしょうか。
でも絶対原作のほうが知的好奇心を刺激されるし、遥かにいいです!

★ジェミニさん

ああ、ジェミニさんも原作を読まれているからやっぱり同じご意見ですね!
原作では色々なウンチクがいっぱいで、もっと知的好奇心をくすぐられるような感じでしたよね。

今から原作を読み直すと主人公がトム・ハンクスになっちゃいそうで、不安です。(どうもイメージ違いませんか??)

やっと観てきました!

遅くなりましたが、私もやっと映画に行ってきました。
原作を読んだ皆さんのマイナスな感想を先に聞いていても、今さらですがやはり自分の目で確かめに行かずにはいられませんでした。
が・・・結局、皆さんと一緒でした。
やはり「原作→映画化」というのには限界があるってことなのですね。

★ちーさん

数年前のスピルバーグの映画じゃないですが、もったいぶって内容をひた隠しにする映画ほどコケますね。
それを証明するような出来事だったような気もします...。
でもこの数年のブームにのって私も原作を読んだり、映画を見たり、キリスト教の人々の本音を聞けたり、なかなか面白かったです。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。