スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Because of Winn-Dixie

0763616052Because of Winn-Dixie
Kate DiCamillo
Candlewick Pr 2001-09

by G-Tools

牧師の父親とフロリダへ移り住んで来たばかりのIndia Opalという名の少女が主人公。
Winn-Dixieという食料品店でたまたま出会った野良犬を家に連れて帰ってきたことから話は展開する。Winn-Dixieがいたから、うまれた人と人の温かい交流の物語。

うちの犬は旦那との間では"Instant Stress Relief"もしくは"Instant Gratification"と呼ばれています。私が怒っているときにすかさず、犬を抱っこさせる旦那。愛犬の顔を見て、身体をなでていると煮えたぎっていた頭の血が次第にひいてくるからです(笑)
動物には言葉では説明できない「癒し」の力がありますよね。

この物語では心のうちにかすかな傷を負った人々が登場します。年齢は少女からおばあちゃんまで。過去に間違いをおかしたり、大切な人を失った痛みを抱えていたり。笑う犬、Winn-Dixieの不思議な癒しの力で、人々のそんな傷が埋まってゆくのです。

やさしい、温かい物語でした。最近は児童書でもこういうピュアな感動モノにひかれています。正直な話、スーパーで買えるロマンス小説より、私はこういう味のある児童書の方が好きだなあ。

読みやすさレベル4.0-5.0/総語数22321語
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この本、いいですよね。易しい英語なのに、けっして幼稚な内容ではありません。こういう本に出会うと「多読をしていてよかった」「英語の児童書を読んでよかった」「この本を読んでよかった」と思いますね。

★ぽぽろんさん

まったく同感です。
他にもいい本達が私を待っていてくれている、と思うと楽しくてしょうがなくなります。

そして最近は日本語の児童書はどんな感じが覗いてみたいな~とちょっぴり興味があります。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。