スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winnie-the-Pooh

0525467262The Complete Tales & Poems of Winnie-The-Pooh
A. A. Milne Ernest H. Shepard
Dutton Childrens Books 2001-10

by G-Tools

michiさんが旦那様にプレゼントしてもらったという
(ちょっとうらやまし~)Winnie-the-Pooh、楽しそうに読まれていらっしゃるので、私も、私も!と図書館で借りてきました。
本当は以前から気になっていたのですが、この完全版は分厚さに圧倒されてまだ手を出していなかったのです。

まずは10章からなっている"Winnie-the-Pooh"を読み終えました。毎日ゆっくり読んでいましたが、これが至福の時でした~。こんなに楽しいお話とは!

Poohのおとぼけぶりに参ってしまいましたよ。
うちの犬を見ていてもなーんとなく思うんですが(うちの子、可愛いんですけれど、残念ながら賢いとはとても言えず...)真っ黒な瞳を覗き込むと、その奥には広い砂漠があって、その砂塵のなか、茫漠とした思考回路があるんです。しかし時に「Cookie!」とか識別可能な音声が聞こえたりすると途端に思考が明瞭になるんですけど。
あれ、あんまりうまい説明じゃないか。
でもそういう動物特有の愛くるしさを"The Bear of Very Little Brain"のとんちんかんぶりから感じてしまいました。もうくすくす笑いを超えて、お腹抱えて笑っては、ツボにはまった部分を旦那に無理やり読み聞かせ、冷ややかーな視線を浴びてました。ふん!

つぼにはまった場面は山ほどありましたが、一番最後の部分から...

"When you wake up in the morning, Pooh,' said Piglet at last, "What's the first thing you say to yourself?"

"What's for breakfast? "said Pooh.
"What do you say, Piglet?"

"I say, I wonder what's going to happen exciting today?" said Piglet.
Pooh nodded thougtfully.
"It's the same thing," he said.


ははは(笑)...とウケているのは私だけ?じゃないといいなあ。全くうちの犬が答えそうなセリフじゃないですか。
多分ね、部分だけ取り出してもダメかもしれません。全体を読まないと。
そのほかスペルの取り間違いとか、動物たちのやりとりが可笑しくて、くすくす笑える部分がいっぱいなのです。

お父さんがクリストファーロビンに語り聞かせているという設定になっているのも今回原書で読んで初めて知りました。
何度も読み直したくなりそう。次はHouse At Pooh Cornerを読みます。

★"Winnie-the-Pooh"
読みやすさレベル5.5/総語数32000語(SSSのサイトより)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 こんにちは♪
 私も以前Winnie-the-PoohとHouse At Pooh Cornerが一緒になってるComplete版を読んで一気にファンになりました。
 本当はことば遊びとかも盛り込まれてる本らしいですが、そういうことはたぶん分からず読みました(^_^;)ので再読する日が楽しみでもあります。

 ディズニーのものは完全に別物として見ていますが、英語から入ったのでプーを日本語で見ると変な気がします。
 なのでどんなに分からなくても、プーは英語で、と思ってアニメを見ています。

 >お父さんがクリストファーロビンに語り聞かせている・・・
 私はお母さんが読み聞かせてると思っていました(読んだ後も。。。)

 私もリンクさせていただきました☆
 こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
 読書中&待機中の本に、自分の読んだ本が入ってるとうれしいですね~。アップされるの楽しみに待ってます。

Hazelさん
うふふ、Winnie-the-Poohの面白さが分かち合うことができて嬉しいです(笑)。ツボにはまった文を、ご主人に読み聞かせたくなる気持ち、わかりますよ~。ぐいぐいと読み進むというよりも、のんびりと楽しむ本のような気がしますね。週末のゆったりした午後の時間や、夜、寝る前に開きたくなる本です。

★すぬさん


私も一回読んだだけですが、大好きになってしまいました。
疲れたときに読み直すと、ストレスを癒してくれそうな感じですよね。読み直すたびに色々な発見があって楽しそうな予感です。

あれ、私は作者が男性ですから、てっきりお父さんが読み聞かせしていると思い込んでました!


私は「多読ガイド」や他のタドキストの方々のレビューを参考にして本を選んでます。だから良いものは重なりますよね!私もすぬさんの読んでいる本は気になりますよ~。

★michiさん

よーし、Winnie-the-Poohを読もう!というきっかけを下さって感謝してます!

私もリラックスしている時、主に夜寝る前などに読んでいました。こういう時間がぴったりですよね。

旦那を捕まえてはむりやり聞かせて、一人でウケてました。彼もいちおう子供の頃多少は読んだらしいしけれど、今はちっとも興味をしめしてくれませんね。夢中になっている私の方が面白いらしいです...涙。

でもなんとか最初の1章だけでも読んで欲しいな~(と希望を捨てていません)
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。