スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jamie's Great Italian Escape




カナダのフードネットワークチャンネルでただいまやっているジェイミー・オリバーのイタリア紀行です。
本国では昨年放送されて、ジェイミー君の最新刊も発売されていますがカナダではちょっと遅れてます。

録画していた第3回目を観ました。
ローマの北にあるベネディクト派の修道院を訪れます。イタリアの修道院といえば、グルメな修道士たちがハーブ園を育て、新鮮な食材を使っておいしい生活をしている、というのが有名な話だったらしいのですが…。

現実は違いました。缶の野菜、プロセスフード、煮すぎた野菜、なんとも味気ない食生活をしていたのです。そしてみんな不健康!

ジェイミー君にとっては食こそまさに彼の宗教だ、と(もちろん修道士の前じゃなく、こっそりね)言い切るだけあって、これは相当なショックだったわです。

食べ物を囲んでみんなで楽しく愉快なひと時を過ごす、そういう経験を何十年も遠い過去に置いてきてしまった修道士たちにジェイミー君の魔法が(に見えました)かかります。

楽しかった~。シリーズ一回目はシシリアの港町へ乗り込み、ローカルの人々に魚介のグリルを食べさせたり、この人のチャレンジ精神には頭が下がります。だって彼は世界的に有名なシェフですよ。あえてイタリア人の前でイタリア料理を作っちゃって批判されたり、そんなことしなくてもいいのに!
イタリア料理は彼の料理に対する情熱の原点なわけです。これまでの、学校給食を変える!とかの活動で精神的に消耗した後、どうしてもジェイミー君には必要な、「原点に帰る」旅だったのでしょうね。

私はファンですが、うちの旦那はかなり敵対心燃やしてますよ。笑えます。
イギリスの学校給食を変えようという革命的活動をしていた頃のジェイミー君は確か28歳で、
"What ?! He's only 28years old !!! Wow, he's so accomplished!!!"

この一言が旦那のプライドを八つ裂きにしたらしく(笑…ごめんよ~)何かと目のかたきにしてますが、結局今は一緒に番組を見て楽しんでます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。