スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The First Four Years

0060581883The First Four Years (Little House, 9)
Laura Ingalls Wilder Garth Williams
Harper Torch 2004-05

by G-Tools

ローラとアルマンゾの結婚後、最初の4年間のお話です。
ローラがノートに書いた原稿をそのまま、ローラと娘のローズの死後、ローズの友人の手によって出版されたものです。

出版する予定のなかった原稿で、加筆も修正もされてないオリジナルなので、シリーズ8作とは少し作品のスタイルが異なります。
実に淡々と出来事が述べられているのですが、スタート当初から自然災害や病気、借金にと苦労の多い結婚生活の様子がしのばれます。
アルマンゾは「Farmer Boy」最後の決意そのままの精神をもった芯の強い男性になってますね。最初は農家の生活に不安を持つパイオニア家族の娘ローラですが、しっかりと夫を支えてゆくのです。個人的な感想ですが、こういう忍耐力というか、未来を信じる力の強さになんだか励まされました。

読みやすさレベル4.5-5.5/総語数23772語

これでLittle House シリーズ9作読み終わってしまいました。でもこれはまだ始まり、という気がします。
だってまだローラのひいおばあさんの時代からローラの娘までたーんと読む本は待ってますから!
そして絶対Little Houseシリーズは最初からもう一度読み直します。

今、少しずつ楽しんでいるのが「laura Ingalls Wilder Country」
0060973463Laura Ingalls Wilder Country
William Anderson Leslie A. Kelly
Perennial 1996-01

by G-Tools

シリーズを読んだ人は誰しも、ローラ達が旅して、暮らした土地や
Laura Ingalls Wilder Home and Museum を訪ねてみたい!と思うのでは。少なくとも私はそうです。
実現は今すぐ無理ですが、この本からかなりの情報を得ることができます。
シリーズ一冊ずつ、ローラ達が暮らした土地や関連する事々、家族の写真、Garth Williamsのイラストもまじえて紹介してあります。雑誌サイズの大判でちょいと自宅で博物館見学している気分です。

少しずつですが、お話の中のローラたちだけではなく、実在したパイオニア家族として、その歴史にも触れてみたいと思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私もぜひここを訪ねてみたいです。ローラとアルマンゾの手作りの農場ですね。前に東京で展覧会を見ましたが、ローラ手縫いのドレスの針目の細かさに驚きました。

★susieさん

展覧会でローラ手縫いのドレスをご覧になったのですね。わあ、うらやましい。

私は正直、今回読み直すまではローラ達はまったく、お話の中の人々でした。
そっか、実在の人物で実際あったことなんだ、という実感がせまってきた感じです。

Hazelさん、こんにちは~。
さきほど私もこの本の記事を上げました。
ほぼ同じ感想を抱かれていたのですね!なんだか嬉しいです。この夫婦は本当に仲が良かったんでしょうね。そうでないと物語になんてできないですよね。苦しい時こそ夫婦って試されるんだなあと改めて思いました。
このローラシリーズ、Hazelさんとは同時期に読んでいた本もあり、いつも感想を楽しみにしていました。ありがとうございます~。さ、このままローズやキャロラインシリーズにもお互い突っ走ってゆきましょう(笑)

★有希さん

さーて、この後ローラのママたちの時代へ行くか、ローラとアルマンゾの仲睦まじい夫婦も出てくるローズ時代に行くか、が問題です(笑)
本気で悩んでしまいます。
えー、どちらを先に読まれますか?私も後追いしますよ~。一緒に読みましょう!

夫婦のあり方に注目してしまうあたり、子供だったらできない読み方ですよね。

私も有紀さんの感想楽しみにしてましたよー。
ああそっか、うまいこと言われるなーとか思いながら読んでましたから。

そう、どちらを先に読むか悩みますねえ。
でもまずはキャロラインですかね!MaとPaの出会いのシーンも見逃せませんしね^^

>うまいこと言われるなー
とは私のセリフです! 
同じ本で同じように感じていても、こんなふうに感想が書けるんだな、と。うまいな~と思ってました^^ まだまだこのシリーズはたくさんありますし、Hazelさんの感想楽しみです~。

★有希さん

やっぱりキャロラインですか、そうですよねMa とPaの出会いも知りたいし…。

周りでLittle Houseシリーズを読んでいる人を見つけようと思ったらそう簡単にはいかないですよね。え?小学生をつかまえれば、いっぱいいるかも?
いや、確かにそうなんですが、
「大人で」、「日本人」で「外国語としての英語で読んで」感じることを共有できる人がいるって本当に素晴らしいことですよね。
ネットさまさまです。
なんだか読書クラブみたいな感じで楽しいと思いませんか♪
(いや、メンバーは今のところ有希さんと雫さんと私だけって話もありますが…)

お互い誉めちぎり合いながら(笑)
今後も楽しみましょう!

Hazaiさん、こんばんは。
じつは、大草原邦訳で小学生の頃、1巻めを読みその後投げたシリーズです(⌒o⌒;A
その後何年かたった後、今度は大人になってから、
ローズの方を邦訳で読みました。

なので、ローズの感じを知っています。
ローラとアルマンゾの夫婦関係もさることながら、
ローズの視点で描かれた当時の事がとっても面白かったのを覚えています。

石けんを作る場面(確か)は、圧倒でした(笑)

★沙香さん

ローズ時代を読まれたのですね!
私もローラ達夫婦の行方が気になるし、早く読みたいです。
Little Bookシリーズはいつかぜひぜひ、原書で読んでみてください!
はまること間違いなしです。

石けんを作る場面に感動されたら、きっと他のいろいろな手作りのおいしそーな場面に感動することでしょう(笑)

話は変わりますが、私も手作り石けん興味あります~。現在はもっぱら買って使うばかりですが、自分でいつか作ってみるつもりです。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。