スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gathering Blue

0440229499Gathering Blue (Readers Circle)
Lois Lowry
Laurel Leaf 2002-09-10

by G-Tools

「The Giver」で描かれた均質的で、一見ユートピアに見えるコミュニティーとうってかわって、両親をなくしたキラの住む世界は対照的に描かれている。
身体の不自由なもの、弱者は社会からつまはじきにされてしまう。欲深く、意地汚い人間が住む社会。

たった一人の家族であった母親を亡くしたキラは不自由な足のためコミュニティーから追放されそうになる。しかし天性の刺繍の技術により、新しい役目を与えられることに。
毎年開かれる古代の歴史をたどる歌会で、歌い手がまとう着物の修復作業を担当することに。

キラと心優しい友人たちの交流を交え、静かに話が進んでいきます。
でも終盤になって、キラが自分の与えられた役割の本質に気づくとき、コミュニティーの裏側を覗いたときに、読者は衝撃を受けると思います。
英語は「The Giver」と同じレベルですが、キラの幼い友達Mattの話す英語が、蔑まれた人々の住む地域特有の方言、ということで多少ブロークン英語になっています。そこだけ「あれ?」と思うかもしれません。

読みやすさレベル6.0-7.0/総語数48032語

「Gathering Blue」は「The Giver」の姉妹編にあたると思います。直接的に話はつながっていません。この2作品の続編として「Messenger」があり、ここで登場人物たちが交差するようです。
0440239125Messenger
Lois Lowry
Laurel Leaf 2006-01-24

by G-Tools


Lois Lowryの公式ウェブサイトはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うーむ。とても興味深い内容の本です。
しかし、今部屋中に本が散乱して虚脱しているのでこの本はほぼ日手帳にメモしておきます(^_^;)
結局、いつか読むつもりです(笑)
Hazelさん、YLと語数を書いて下さってるのですね!これはとても参考になります。
じゃ・・・引越前の整理に戻ります。

おぉ~♪こちらも面白そう!ご紹介ありがとうございます!3冊目で2つの世界が交差するのですね~。楽しみですね!!
そして表紙がなんだか素敵ですね~。あと、タイトルも好き。なんだか詩的な感じですね~。私も早く読んでみたいです!(読みたい本がいっぱいありすぎて困っちゃう。。。)

★雫さん

お引越しの準備大変そうですね~。私も引越しはこりごりするほど繰り返してるので分かります。本って気づかぬうちに増えますものね。そして重い!かさばる!
古本屋に出しても逆に悲しくなるような値段しかつかないし。

読みやすさレベルと語数は「多読ガイド」を参考にしてます。慣れてくると、自分が読む際の目安にもなって便利ですよね。他の方が本を選ぶ時の参考になればと思ってのせています。

お引越し頑張ってください!

★とまと☆ままさん

ただいま3巻目を読書中です。
「Gathering Blue」はたしかに表紙がちょっとお洒落ですよね。電車の中で読んでいても子供の本には見えないと思います。イラストもないですし。

読みたい本がいっぱいで困るのは私も一緒です!読むペースがもっと速くならないかともどかしいです。
味わいたいけれど、あれもこれも読みたいで、困りますね~。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。