スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエント急行殺人事件

0425173933Murder on the Orient Express
Agatha Christie
Berkley Pub Group 2000-02-07

by G-Tools

ベルトンさんと読むペーパーバック12ヶ月」今月の課題本「オリエント急行殺人事件」を読み終わりました。
今月こそは最初から質問しよう!と張り切ってましたが結局続きが気になるのでまず全部読んでしまうことにしました。
実はこの有名な小説、映画でさえも観ていなく結末はもちろんまったく予備知識で読み始めたので、どうしても犯人が知りたかったわけです。なるほどそういう結末なのね...と納得いくようないかないような。

色鉛筆を片手にかなり丁寧に読みました。辞書は一度も引きませんでしたが、ひっかかる部分はすべて線を引いてあります。これから今までのメールの質問部分などの復習に取り掛かる予定。
実際質問メールを送るかは...不明です。どうしようかな...。でもこういう精読も月に一冊くらいはやるのもいいかもしれないと思ってます。

嬉しかったのが、ポアロやその他の登場人物がつぶやくフランス語がなんとなく分かったこと。昔はフランス語が出てきたら文字を読む事さえなくすっ飛ばしてましたから、これはスペイン語を始めてからの大きな収穫かも。なんとーなく言っていることが分かる部分があったり、
「Monsieru was taking dejeuner...」の部分ではdejeuner,dejeuner...あ、これはスペイン語のdesayunar(breakfast)じゃない!!!と分かって感動したり。
いつの間にかアガサ・クリスティーを英語で楽しめるようになっているとは自分でも知りませんでした。ちょっと嬉しいです。

「Murder On the Orient Express」
読みやすさレベル6.0-7.0/総語数56855語

4月の課題本は「Da Vinci Code」ですよー。これは2年ほど前に夢中になって読みましたが、映画も公開されるしもう一度読み直してもいいかなと思っていたところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よいですねー、クリスティ!わたしの憧れ本です。
私も何か1冊精読しようかな、と思っています。深いところまで解釈して読んでみたい、という気持もあって・・・易しい本をたくさん読んで、たま~に精読で読み込む、というのもアリですよね^^ 

> 4月の課題本は「Da Vinci Code」ですよー

え!まぢですか!?映画公開前に読んでみようと思ってスタンバっているのですが4月は絶対に無理だ・・・。本から遠ざかるかもしれない><あぁ、そんな~。

私、多読と一緒に精読は良いと思います。
Hazelさんのようなレベルにはまだまだ程遠いのですが、多読を始めてやさしいレベルから精読状態になってきています。これはこれで英語の染みこみ方が違うような気がしています。そして音にも影響してくるんじゃないかなぁと想像しています。

また精読のことも教えて下さい!後からぼちぼちとついて行きます(*´∇`*)

こんばんは。クリスティ、私の憧れ本です。
この話しは、邦訳で読んだ事があるのですが、
確かに、犯人を知りたくて。。。
どんどん読んでしまいますよね。

そして、ラストに口があんぐり。
クリスティらしい、斬新さなのですが、
これがまた、やられた!と、言う感じで。

登場人物がポワロの他に12人いると思ったので、
メモして読んだ方がいい本ですよね(^^)

私も今日、読み終えました。(いまだ何も質問メールしてませんが・・・)
結末はなんだかちょっと強引なような気がするのは私だけでしょうか?
とりあえず映画をレンタルで借りてきて復習の意味で細かいところまで見てみようと思ってます。
来月のDa Vinci Codeは、「キリスト教」「西洋史」などのベースがないとさすがに難しそう・・・と思い、4・5月はパスすべきか考え中です。
でもHazelさんにご紹介いただいておもしろい企画に参加できてよかったです。ありがとうございました♪

★有希さん

クリスティー、意外と難しくなかったように思います。有希さんならすでに読めるのでは?

やさしい本で多読をしながら同時に丁寧に本を読むのも悪くないなと思いました。
パーッと読んでいると見逃しがちなことって結構ありますよね。私は他の方の質問を見ているとそういうのばかりです。

多読と精読うまくバランス取れればすごく有効な気がします。

★雫さん

私もやさしいものが自然と精読になる、というのは強く同意します!

このメルマガの精読ではどちらかというと、本筋には大きく関係ない細かいところに触れてあります。でも一人で読んでいると気づかないポイントだけにグッと深みが出てきます。
分かってるつもりで、実は分かってないところが浮き彫りになって結構面白いもんです。
今回ちょっと丁寧に本を読んでみて、精読も大切だなと思いました。
でもやさしいもので多読&精読は続けます。

「The Da Vinci Code」内容に興味さえあれば読めると思いますよ!特に雫さんならばいけるのでは?でも先が気になって精読どころじゃなくなってしまうと思います(笑)

★すずかさん

これは有名な作品だけに読めてちょっと嬉しいです。
登場人物は確かに多かった!
被害者、容疑者あわせて13人にポアロなど他に4人の合計17人!

でも丁寧に一文ずつ読んでいたおかげで迷子にならずに済みました。これは精読のおかげかも。さーっと読んでいたらきっと何度も最初に戻っていたと思います。

結末はこんなのありかー!とちょっと期待を裏切られた感じです。

次に読むとしたら...昔読んだ「そして誰もいなくなった」これは原作で読んでみたいかな。

★ちーさん

私も結局いまだ質問できずじまいです。まずは他の方の質問と答えから復習しないことには最初の質問でさえできやしない!

でもちょっとしたポイントが豆知識ぽくて結構面白いなと思ってます。

結末は私もこんなのありか!?とちょっと思いましたです。まあ密室殺人だから誰かが犯人てのは分かってましたけれど。でも、こんなのあり?と...。

「The Da Vinci Code」私はこういうキリスト教がらみの陰謀ものって結構好きなのでもう一回読んでもいいかなと思ってます。
ちーさんも読むだけでもどうでしょう!

Hazelさん、こんにちは!
わたしもベルトンさんのメルマガ登録してます。登録してます。登録・・・してるだけです^^;
今オリエント急行ぱらぱらめくってみました。なんとなく読めそうな感じ。あらららら?
ところで、フランス語とスペイン語は近いんですね。どちらも今までご縁がなく、???の世界です。でも、Hazelさんのように横のつながりが広がっていくのは楽しそう。憧れます♪

とまと☆ままさんも登録者ですね!私も登録してるだけですよー。全然参加していないです。
次回は質問したいなーと思っているのですが、なんだか仲間に入るのに勇気がいりますよね。

でもアガサ・クリスティー、意外と難しくないというのが嬉しい発見でした。多少古い言い回しがあるし、この「オリエント急行...」ではヨーロッパ人の英語だったり、という前置きをさきにいただいていたのでかえって楽な気持ちで読めたかもしれません。
とまと☆ままさんもいかがですか?
子供の本から離れるのも時には必要だなと私は感じました。

スペイン語とフランス語、同じラテン語系なのでとても近いのではないでしょうか。あとイタリア語やポルトガル語もそうだと思います。
ちょっとかじっただけでも世界が広がって、嬉しいです♪
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。