スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blink

0316172324Blink: The Power Of Thinking Without Thinking
Malcolm Gladwell
Little Brown & Co (T) 2005-01

by G-Tools

ある新設の美術館が多額の資金で購入した古代ギリシアの彫刻。数ヶ月の科学的な調査のもと慎重に購入したこの彫刻をギリシャ考古学に詳しい専門家3人が贋作との判断を下します。

それも一瞬見ただけで。なぜ最初の数秒でその違いが分かったのか。

こんなストーリーから始まる、現在ノンフィクション部門ではベストセラーにいつも入っている本書ですが、人間の潜在意識に秘めるパワーにさまざまな角度から焦点を当てます。心理学の専門家たちがおこなった研究結果をもとに一瞬の判断力をどのように信じることができるか、もしくはいかにその落とし穴にはまってしまうかを明らかにしてくれます。

普段意識していないことだけに、人の脳の持つ不思議な能力に驚くばかり。でも言葉にはできないけれどなんとなく分かる、そういう直感というものは誰しも持ち合わせているのでしょうね。
経験と知識によってその力は効果的に使えるけれど、逆にステレオタイプな社会的偏見がそのピュアな力を縛って限定してしまう。最後にはそんな点まで指摘してあります。
自分がそう感じる、と思っていることも実際は社会的な色眼鏡に影響されていることを気づかされます。でも身の回りに存在すると思っている現実って実はすべてそうかもしれないですね...。

新刊の本は一週間期限で延長なしですが、他の本を読みながらでもちゃんと読めたのでまたまた自信がつきました!これからは新刊コーナーもチェックしたいと思います。
英語は学校の社会学の教科書レベルかそれよりやさしいかな。(て比較じゃわかりにくいですよね...)語数はごめんなさい、数えてません!さまざまな実験は身近な例が多いので意外ととっつきやすいと思います。

前作もぜひ読んでみたいので図書館で予約しておきました。
1586217453The Tipping Point: How Little Things Can Make A Big Difference
Malcolm Gladwell
Time Warner Audiobooks 2005-01

by G-Tools

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ステレオタイプ固定観念(こていかんねん)は、固着観念(こちゃくかんねん)とも云い、心理学の用語で、人が何かの思考|考え・観念を持つとき、明らかに過ちであるか、おかしいと思える場合、他の人が説明や説得を行っても、あるいは状況が変わって、おかしさが明らかにな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。