スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Book the sixth

0060288892The Ersatz Elevator (Series of Unfortunate Events)
Lemony Snicket Brett Helquist
Harpercollins 2001-03

by G-Tools

シリーズ6巻目。
次第にアクション・ミステリー系になってきました。
前作から引き継がれた謎がそのまま次回へ持ち越される形です。
映画ではかなりの部分謎が解明されていたのだけど、最終的には同じところにたどり着くのかしら。やっぱり気になって続けて読んでしまいそう。

このバカバカしさとワンパターンさにはまる自分を冷笑しながら、もうシリーズ中盤まで来たし、制覇するしかないでしょう。

近所の図書館では貸し出し中だったので、6巻と7巻をまとめて取り寄せてもらってました。何度も感心してますが、市内の大小あわせて99カ所の図書館、計1千万冊の本を共有できるのってやっぱりすばらしいサービスです。
サイト上で注文しておくと最寄の図書館にない場合、他の図書館から移送してくれてお知らせしてくれます。大体数日で届きます。返却はどの図書館でもOK。このシステムはカナダで一番規模が大きいらしい。
図書館大好きです!


引き取りに行った時、いつものごとくスペイン語の絵本や他の子供の本とともにどっさりカウンターへ運びました。
するとよく見かける司書のおじちゃんが「これ、意外とおもしろいんだよねー」って。
なんと彼は9巻まで読んだらしい!映画も結構面白かったよね、って話になりました。

いやあ意外だった。「このお嬢さん(って見えると自分で思ってるだけだったり)はいつも子供の本ばかり読んでるねー」って内心呆れられてるかと思いきや、なんだおじさんも!ちょっと気難しそうな人かと思いきやなんとも気さくなおじさんでありました。
ちょっとうれしくなりました。

タドキストになってみたい者として、語数もチェックしてみました。
4万6千語。よみやすさレベルは5.5だそう。ふむふむ。
4冊同時進行で読んでましたがこれが結局一番先に読み終わりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうそう、アクションもすごくなってきますよね。
とくにサニー。赤ちゃんなのにすご過ぎる(^^;
それにしても便利な図書館ですね。

ももさん

そうそう、サニーが大活躍!映画ミッション・インポッシブル並みのアクション(笑)

手に汗握る、とまではいきませんが結構先が気になる展開でしたね。

図書館さまさまです。本当にありがたいです。カナダは本が高いので助かってます。

図書館事情、羨ましいです

図書館の充実ぶりは羨ましいかぎりです。
私は地方在住で、洋書はほとんど購入しています。お金はなるようにしかなりませんが、本の置き場所問題が深刻化の一途を辿っています。(T_T)

「不幸本」は#3まで購入しました。"Deltora Quest"で禁断症状に苦しんだので、ハマりそうなものはなるべく「購入済の一つ前の巻でとめておく」ようにしています。(笑)
「不幸本」はハマるけど禁断症状はキツくないかも。

ところで、リンクさせていただいてよろしいでしょうか?

ぽぽろんさん

本来、本は買って読んで(いや読まなくても)本棚に並べておくのが好きなのです。
でも絵本や児童書は今のところは買わずにいくつもりです。
図書館をありがたく利用し、ほとんどをハードカバーで読むという贅沢を堪能してます。
それでも気に入った本はいずれ購入して大切に本棚に並べると思います。


そうですよね、本ってかさばりますものねー。私も日本で一人暮らしをしていた頃は引っ越すたびに好きな本以外は古本屋さんに売ってました。そして山のように積んだ本でも二束三文にしかならず毎回悲しい思いをしてましたっけ。


リンクありがとうございます。こちらからもリンクさせてくださいね!
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。