スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kobo eリーダー-WiFi-



お料理の本は買うけど、一回読むだけの小説は図書館で借りる。読み返したい大好きな本だけ買って大事にする。モノを家に増やしたくない私の勝手な決めごとでした。

図書館で読みたい本を好きなだけ借りることができる贅沢な環境にいるもんだから、Kindle話にもほとんど興味なく、本はやっぱり紙で読まなきゃ、好きな本だけ買って大切に所有していたい、なーんて言ってeリーダーには全然興味がなかったのに!
数週間前からふと、図書館でもeブック貸し出しなんかあるんだってことに気づき、やおらeリーダーが気になってしょうがなくなってリサーチの結果、これ買おう!と密かに決めてたものを、クリスマスに旦那がプレゼントしてくれました!

今日さっそくセットアップして使い始めて...もう恋に落ちてしまいました!
キャー。
このkobo君には(名前だってなんだかお坊さんみたいで渋いではないですか~)もともと100冊の名作がすでに内臓済み。
もちろん著作権の切れたものでもともと無料のバージョンですが、ちゃんと本の形式ですでに入ってるところが嬉しい。私の好きなジェーン・オースティンが何作も。ジェーンエアやシャーロックホームズや、赤毛のアンや、ディケンズやら、他にもいつか読んでみたいものや、子供向けの名作だけど英語で読みたかったってものが目白押しで本のリストを眺めてるだけでワクワク。
この100冊以外でも無料の名作はやまほど手に入り、これもkoboのウェブサイトから簡単に自分のパソコンへダウンロードでき、kobo君には一瞬でシンクできてしまいます。どちらかと言うと古い作品を英語でじっくり読みたい私にとってはもうこれは卒倒しそうなほど嬉しいのです。

ボーナスで2冊無料の新作小説がついてきたので早速ダウンロードしたり忙しい午後を過ごしました。

本体は軽くて、画面も読みやすく何の不満もありません。こんなにあっけなくeブックでの読書に慣れてしまうことに驚き。

カナダの大型書店と手を結んで大々的に販売しているこのkobo、旦那によるとクリスマス前ですごい勢いで売れてたらしいです。欲しかった白は売り切れで黒ですがまあいいや。
Kindleにしなかったのは、koboだと図書館のeブックがダウンロードできるから。ただし、図書館のeブックはまだまだ発展途上です。これからeリーダーの人気にともなって内容が充実するのではと勝手な予測と期待をかけてます。
カナダ在住の人にはこれ絶対お奨め。ただし図書館のEブックがkoboにダウンロードできるかは地元図書館でお確かめくださいね。
Chapter-indigoのkobo関連ページ
スポンサーサイト
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。