スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love オペラ! Love 歌舞伎!

B000087EM3ヴェルディ:歌劇《アイーダ》 [DVD]
UNIVERSAL CLASSICS(P)(D) 2006-11-22

by G-Tools

今年もニューヨークのメトロポリタンオペラのHD中継ライブのシーズンがやってきました。
前回はプッチーニのトスカを、今日はシーズン2回目のヴェルディ、アイーダを見て来ました。
土曜日午後1時からのマチネをニューヨークのオペラシアターよりHD同時中継で世界に配信するというこの企画。私の住んでいるところはNYと同時間なので、まさにライブでお得な気分。

古代エジプトが舞台のこの作品、2幕目の勝利の行進、踊り、コーラスは圧倒でした。ああ、いつか生で観たい!と思ったオペラです。

観客の90%以上は50代以上、シニア世代に大人気って感じです。いつも人気のこのシネマオペラ、大体チケット売り切れで、毎回チケットが残ってる映画館を探して行ってる状態。
オペラ初心者にはこういうお手軽に出かけられるものがあって本当に助かってます。
日本でもMETライブビューイングというタイトルで公開しているようですので興味があればぜひぜひお出かけください。

一番最初にこのHDライブオペラを見たとき違和感を感じた、インターミッションの間のインタビューも今となっては楽しみの一つです。出演者の生の声が聞けたり、舞台製作にかかわった才能ある人々の話を聞けたりでとっても興味深いのです。
特にメトロポリタンオペラではオペラ演出とは無縁だった新しい才能を取り入れているのがいい。このアイーダの中でも素晴らしいバレエがありましたが、この振り付け師もオペラは初めての体験ですって言ってたし、次の次の作品「ホフマン物語」は昨年だったかな、最高によかった喜劇「セビリアの理髪師」のディレクターだそうで楽しみ。このディレクターもオペラとは無縁の世界からやってきた比較的若い人なのです。伝統のオペラに新しい才能を吹き込む姿勢がいいなと思う。

そうそう「ホフマン物語」はうちの旦那の夢の恋人(笑)Anna Netrebko ちゃん(これがべっぴんさんなもんで)が出てるとあって絶対行くと張り切ってます。。

こういう新しい技術のおかけで、今まで敷居の高かった芸術作品に気軽に触れることができて本当にありがたい。「シネマ歌舞伎」もその一つです。

山田洋次監督、中村勘三郎 主演の「人情噺文七元結」を観たのが初めてですが、芸のうまさにすっかりハマってしまいました。もっと歌舞伎のこと知りたい。
今月は「連獅子」と「野田版鼠小僧」を鑑賞予定。

なんか芸術の秋してます。

スポンサーサイト

The Bone Collector 始めました/と日々のジレンマ

0451188454The Bone Collector (Lincoln Rhyme Novels)
Signet 1998-04-01

by G-Tools

雫さんの熱狂ぶりに押されて、ホンッとにしばらく手にとってなかった凶悪殺人系ミステリーに手をのばしました。大昔は「検視官シリーズ」とか翻訳で読んでハマってたのにな。いつの日からかすっかり殺人や犯罪捜査モノに興味がなくなってしまってました。

半分ほど読みましたが、続き気になりますとも!しかしかなりグロテスクです!悪夢でも見そうな犯罪シーンが次々と。読み終わったら感想アップしたいと思います。

最近、流行りモノとか、読まず嫌いだったジャンルでも何でも読んでみようかなという心境です。
と同時に、自分が読みたいものは山ほどあるけど、うまくさばけてない焦りも感じてます。
全般的に読むスピードをもっとあげたい下心もあって、エンターテイメントものに手を出してるのかな。
たしかに前回読んだDebbie Macomberにしてもこの作品にしても、一日に読めるページ数も多いみたいです。

だけれど・・・今の読書スピードでは時間が足りない!
働いてるったて、月~金9時~5時でほとんど定時に帰れているし(おかげ様で残業の日々は終わりました)、通勤30分だし、平日だって夜の時間がたっぷり使えてるはずで全然恵まれているほうだと思う。

でもご飯つくったり、パン焼いたり、お菓子作ったり、キッチンで過ごしてるとあっという間に時間がたってしまいます。このなんでも手作り熱も原因の一つなんですけれど。朝食用のグラノーラ作らねば、ソープが切れてきたから作らねば、ビネガーリンスが、顔用ローションが、シアバタークリームが、お掃除用のビネガースプレーが、洗剤が、パンがスープストックが、ダシが、レシピの研究が・・・ときりがない。週末なんて買い物計画たてて、買い物して、料理して家のことして一息つく間もなく終わったりで逆に平日より読書にあてる時間がなかったり。お出かけしたら当然もう時間アウト。時間あってもあっても足りない~。
かと言って手作り生活をあきらめる気はさらさらありません。私の日々の幸せの糧だから。

でも本はたくさん読みたいので、解決策はなんとか読書スピード(要は英語の理解処理スピードなんですけれど)をあげることかな~。これが今後の研究課題&目標です。

Ceder Coveシリーズ1作目

155166830016 Lighthouse Road (Cedar Cove, Book 1)
Mira 2001-09-01

by G-Tools

美しいハーバーを持つ小さな港町Ceder Cove、そこに住む女性たちを主人公にストーリーが交差していきます。

結婚して1年もたたないうちに、破局をむかえようとしている若いカップル。
夫と離婚して15年、ずっと一人で過ごしてきたけれど、新しい出会いに戸惑いながらも惹かれていく町の判事Olivia
何も問題のない夫婦生活を続けてきたはずなのに突然旦那が失踪してしまうGraceなどなど。

一人一人が人生の分岐点にたち、問題に立ち向かい、巻の終わりには物理的に、もしくは心理的に折り合いををつけていきます。

家族の温かさ、夫婦の愛情、人と人との交流、それぞれの女性の心のうちに寄り添い、イライラしたりドキドキ、ハラハラしたりしながら読める内容になってます。

お昼のメロドラマ1週間分くらいをまとめて文字で読んだって感じでしょうか。英語は平易で読みやすいし、毒気も全くなく、ストレスなしに読めて良い時間潰しなる和み系の本ですね。

クックブックが気になって読んでみた一冊ですが、小説の中では主に判事Oliviaのお母さんがよく美味しそうなもの作っていました。
1作目で出てきたのはブロッコリーラザニア、チョコレートピーカンパイ、チョコレートチップとココナツ入りのオートミールクッキーなど、本屋さんでレシピをチェックしましたが、どれも美味しそう。
下の写真のリンク先、Amazon.comでも中身を少し覗けますが、登場人物ごとに章が分かれていて小説読んでたら楽しい一冊だと思います。後ろの方はサンクスギビングディナー、クリスマスディナーもついてます。写真はいくつかのお料理分のみですが、中身はカラフルでとってもかわいらしいつくりになってます。
0373892136Debbie Macomber's Cedar Cove Cookbook
Harlequin 2009-08-25

by G-Tools

シリーズの続きを読むかは?です。他の本より優先させて読みたいほどではない。時間があって、小難しいものや読んでも読んでも終わらない本と格闘したくない気分の時に手に取ってなごんでもいいかな~という程度でしょうか。
その時は他の人気シリーズも読んでみてもいいかもしれない。

DEBBIE MACOMBER デビュー

0373892136Debbie Macomber's Cedar Cove Cookbook
Harlequin 2009-08-25

by G-Tools

先日書店でお料理本を物色している時に見つけたこの一冊。
色鉛筆スケッチ風のカラフルなイラストがかわいいクックブックで、なにやら小説で出てきたお料理なんかがのっているよう。架空の港町のマップなんかもあって小説の読者にはたまらなさそうな雰囲気をかもしだしてます。
この作者ってロマンスコーナーとかスーパーのペーパーバック売り場でよく見る人だよね~というおぼろげな知識しかなかったけれど、こんな料理本見たらちょっと興味がでてきました。

てわけで、あまりこの手のホームドラマ系、ロマンス系は手に取らない分野ですが、食わず嫌いはやめて読んでみることにしました。
Cedar Cove Seriesになっているようで、まずは一冊目から。
155166830016 Lighthouse Road (Cedar Cove, Book 1)
Mira 2001-09-01

by G-Tools


図書館へ本をピックアップしに行ったとき、私の借りたこの本見て、図書館のお姉さんが「たった今、この作者のことを話してたのよ~!」と。
なんでも、私の前に並んでいた年配の女性が大ファンだそうで、小説の舞台を訪れてみたいと話してたそう。「私は読んだことないんだけれど、私の母もファンだし~母はダニエル・スティールとか大好きで~」って。ダニエル・スティールって甘いロマンス系だったよね、私、ロマンス系苦手だもんな、このお姉さんの母親ってことは50代~60代だし、やっぱターゲットがちょっと年上の女性なのかも、と不安に思いつつも読み始めてます。

お料理の話は今のとこ、ブロッコリーラザニアくらいかな。これってブロッコリーグラタン系の味なんだろうかとか、この間作ったポートベロマッシュルームラザニアより美味しいかなとか、そんなこと考えてました。今度本屋さんに行ったらレシピがのっているかチェックしてみよう。

架空の街Ceder Coveの住人が織り成すストーリー。いくつかの話が交互に絡んで、登場人物の人生を垣間見せてくれてます。まだ最初の方しか読んでいませんが、なんかお昼の連続ドラマ見てるみたいな妙な安心感がある。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。