スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Outliers

0316017922Outliers: The Story of Success
Little, Brown and Company 2008-11-18

by G-Tools

前作Blinkで、人の潜在意識に焦点をあて、人はどれほどそのパワーに左右されているかを見事に披露してくれた作者が今度は成功の秘密に迫ります。

スポーツでもビジネスでも成功する人は才能と努力と運のたまものであるのは考えなくても分かりそうなものですが、著者はもっと一歩踏み込んで、生まれた年(世の中の経済状況、身体的利点、文化的背景などなど)をさぐって成功者の舞台裏にひそむ共通点を一つ一つ明らかにしてくれます。

言われたらそっか~、そうだよね~と納得できることばかりだけど、指摘されなければ思いもつかないようなことに光を当ててくれるところがこの本の面白さ。
飛行機事故の原因さえ、同じ原理を使って考えれば理由が見えてくるのです!

面白くって先が知りたくて土曜、日曜でほとんど一気に読んでしまいました。日本の翻訳本は「成功する秘訣」みたいなノリで売り出したみたいですが、決してその手の成功本ではないです。どうして日本ではそういう商売本になってしまうのでしょう???

前作Blinkは3年以上前に読んでいたみたいです。Blinkもおすすめです。前回の記事
スポンサーサイト

THE FACE ON YOUR PLATE

B001RVFLIWTHE FACE ON YOUR PLATE
Jeffrey Moussaieff Masson
Norton 2009-02-07

by G-Tools

食肉産業がどれだけ環境にダメージを与えているかは前回読んだFOOD MATTERSと併せて私にとっては開眼の情報でした。
章が進むと、肉牛、乳牛、鶏卵、養殖サーモンなどたちがどのように育てられ、消費されていくかが詳細に綴られています。
正直、最初はvegan(卵、乳製品も含む一切の動物食品を食べないベジタリアン)である作者の主張がうるさく感じてましたが、悲しき動物たちの一生を読んで少~し考えが変わりつつあります。
それこそタイトルどおり、お皿の上に載っている食べ物を全く別の視点で見つめなおすことになりました。

今でも卵は少々値段は高くてもFREE RUN EGGを買っていますが、理由はその方が味がいいからであって、決して鶏のことを考えての選択ではなかったし。
お肉も何を食べて育てられたかとか、抗生物質やホルモン剤を使っていないとか、そういうことは気にしても、肉牛の生活にまで思いをやることはなかったし。

作者本人は料理をしない人だし、結局veganと言ってもサプリメントや大豆で作られた代用品とか言ってみれば加工品を利用できる先進国に住んでいるインテリ階級だからこそできる生活と思える部分があって、100%賛成はできないのでした。

それなら、環境保護になるから肉の消費を減らそう!と言って、明確に具体的に食生活の改善方法をレシピという形で示しているMark Bittman氏のFOOD MATTERSの方がいい。

それでも動物製品を食べることに関してふと立ち止まって考えてみるいいきっかけとなりました。
食べることは本当に奥深いことです。これから現在進行形で食に対する姿勢が変わっていく予感がしています。

FOOD MATTERS

1416575642Food Matters: A Guide to Conscious Eating with More Than 75 Recipes
Mark Bittman
Simon & Schuster 2008-12-30

by G-Tools

最近ことに興味が増してきているのが「たべもの」
私のくいしん坊ぶりとは別の話で、自分が口にする食品全般に興味があります。

最近よく目にする考え方が
食べるものを変える事で自分の健康のみならず地球温暖化防止にも貢献できるということ。

この本で大きな問題になっているのが肉、乳製品の大量消費。
先進国のみならず中国などの経済成長国でも国民の嗜好が変化して肉や乳製品の需要が増えてくる。よってもっと大量に生産しなければおいつかない。
そこでお肉にされるために種をまいて農作物を収穫するように家畜が大量生産(という言葉が正しいような状況なんでしょうね)される。
家畜の飼育環境に関しては今に始まった問題ではないと思いますが、その農業形式でけっきょくのところ、地球に少しずつダメージがあるという発想に長らく気づきませんでした。

大量の家畜が発する二酸化炭素はいうまでもなく、牛を育てるには広大な面積の牧草地が必要です。で森林伐採が。家畜の飼料にするコーンや大豆も大量に必要でその農地を確保するためにさらに森林伐採。水だって大量に必要だし。家畜の糞尿は人間様のように下水が整備されているわけではありません。で周辺の環境汚染。効率と利益を最優先した家畜にはたいてい成長ホルモンや抗生物質が投与されていますから、それが環境ホルモンとなって住民の身体に影響を及ぼすかもしれないし将来、抗生物質に抗体のある病気が発生したりするかもしれない。
狂牛病や鳥インフルエンザ、最近のH1N1の発生のことを考えるとこういうのって必然的に発生したんじゃないかと背筋が寒くなります。

で、前置きはさておき
前半はそういうお話が簡単に述べてあるこのFood Matters、要はお肉や乳製品の消費を控えめに、野菜や穀類をたくさん食べるライフスタイルに変えましょう!という提案です。
一般人ひとりひとりが(特に大量消費のアメリカ人が)肉を食べるのを少し減らせば、ハイブリッドカーに乗り換えるよりよっぽど地球環境に貢献できるのだと。

私は今のところベジタリアンになるつもりはないので、この著者の考えに賛同。
クックブックも出版しているこの著者ですから後半は、Food Mattersの考えにそったレシピがのっています。オートミールクッキーおいしくて3回作りました。今後は基本のチキンストックから野菜ストックに乗り換えます。

私個人としては、すでにFood Matters的な食生活はしているのですが、もっと野菜、穀類を増やしたいと思います。今でも買い物にいってもカートに入れるのは原材料のみです。パッケージされていても基本的には原材料の数種類しかのっていない食べ物です。発音できない物質が含まれているインスタント食品、加工食品は少しの例外を除き(ごくたまに買う日本式カレールーとか)ここ数年買ってもないし人に出される以外はほとんど口にもしてないと思う。

他に同時に読んでいたのが The Face on your Plate
こちらの著者は筋金入りのVegan (肉のみならず乳製品も食べない菜食主義)で肉も食べる私には押し付けがましい主張がうるさく(笑)まだ途中までしか読んでません。

The Face on Your Plate: The Truth About Food
The Face on Your Plate: The Truth About FoodJeffrey Moussaieff Masson Fred Stella

Brilliance Audio on CD Unabridged Lib Ed 2009-03-16
Sales Rank :


See details at Amazon
by G-Tools

そうそうFood Mattersの著者Bittman氏はFlexitarianという言葉を使ってました。肉も魚介類もたまに食べる主義ということらしいです。
いわばSemi Vegetarianです。私は今後このFlexitarianでいこうと思います。
Bittman氏の前作にはHow to Cook Everythingというクックブック、同じコンセプトで
How to Cook Everything Vegetarianという本もあってベジタリアンでない著者が書いた本だからこそ興味あります。
0764524836How to Cook Everything Vegetarian: Simple Meatless Recipes for Great Food
Mark Bittman Alan Witschonke
Wiley 2007-10-15

by G-Tools

A Room with a View by E.M.Forster

0141183292A Room with a View (Penguin Twentieth-Century Classics)
Malcolm Bradbury Malcolm Bradbury
Penguin Classics 2000-04-03

by G-Tools

LibriVoxで朗読をダウンロードして聴いていましたが、半ばからやっぱり文字を見て自分のペースで読みたくなり図書館で借りてきて読みました。

トスカーナの風景とプッチーニーの音楽で美しい映画の映像が強烈に頭に焼き付いているせいか、比較的ラクに読めました。
Sparknotesも参考にしました。

中上流階級のルーシーが旅先のイタリアで少し下の階級の男性に出会い、知らず知らずに惹かれてしまう。イギリスに帰国して、身分も地位も申し分ない紳士と婚約しますが、心は穏やかでないルーシーで・・・。
イタリアに付き添いで来ていたルーシーの従妹が、真面目一本やりで融通利かない未婚の女性という役柄ですが、最後まで結構重要な鍵を握っています。その微妙なところが原作で分かってよかったかも。
他のキャラクターたちの発言とか行動もイギリス階級社会をどこか皮肉っていたりしているのかなと何となく思いました。
つつましい女性像が良しとされたビクトリア時代から、新しい世紀の自立した自由な女性像の予感がほのめかされている作品だと思います。

作者のE.M.Forsterは他に映画でもハワーズ・エンドを見ています。これも読んでみたいかも。他に死後出版されたモーリスも昔映画で見ましたが、あれは男同士の愛の物語だったけか、そういえば。
Forsterはそっち系の方だったようですね。。

プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。