スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Elizabeth I 

0792236491Elizabeth I: The Outcast Who Became England's Queen (National Geographic World History Biographies)
Simon Adams
National Geographic Society 2005-11

by G-Tools

ナショナル・ジオグラフィックの8-12歳向け、バイオグラフイーシリーズです。
もちろんエリザベス1世を見つけて読んでみました。

肖像画など写真をふんだんに取り入れ、分かりやすくエリザベスの一生を辿ります。
生い立ち、家族関係、当時のイギリス社会、宗教の話・・・興味あるだけに面白く読みました。
特に肖像画は非常に興味深いです。当時の衣装なんかもじっくり観察してしまいます。

先日読んだ小説はあとがきで作者が言ってたように、本当に実際の手紙などからセリフや出来事を取り出してちりばめてあったんだ!と感心。

子供向けとは言え、NHKの子供ニュースが分かりやすいのと同じく(笑)やっぱり、読みやすい。分かりやすい。

エリザベス1世の映画、また見直したくなりました。

思えば20代の頃、イギリス、スコットランドを旅行して、ロンドン塔も何度か訪れたけれど
その当時「イギリス史をしっかり勉強してたらもっと面白かっただろうな~」と痛切に感じました。
その時の思いが強く心のどこかに残っていたからこそ、今更ブームなんでしょうか。
次回行く機会あれば今度はうちの夫も一緒に思う存分楽しむと思います。ありがたいのは夫婦でエリザベスがどうのこうのと他の人とは出来ない会話ができることかな。
スポンサーサイト

The Lady Elizabeth

0345495365The Lady Elizabeth
Alison Weir
Ballantine Books (P) 2008-11-25

by G-Tools

歴史学者として多数の著書があるAllison Weirの2作目の小説です。
物心ついたばかりの3歳から、腹違いの姉メアリーが崩御し、女王の地位にたどり着く25歳の時点までのエリザベスの人生を辿ります。世に広く知られるエリザベス1世のできるまで、といった内容です。
フィクションとはいえ、歴史学者の書いた小説。史実、登場人物にはかなり忠実にしたがっているようです。
それにしても、実の母は父に処刑され、次々と義理母が入れ替わり立ち替わり、姉は自分を疑いロンドン塔に幽閉され・・とかなり異常な家族形態で若い時期を過ごしているのにはあらためて驚きます。

フィクションの強みを生かし、何故エリザベスが生涯未婚を通すにいたったか、その強い信念が出来るに値する義理父との関係や、ある出来事が創り上げられています。これはちょっとショッキング。
ただ、現代同様、イギリス王室に関しては当時もゴシップが絶えなかったらしく、そんなことが実際に起こってもおかしくないような色んな噂は残っているようですね。そこに目をつけ、著者は話を膨らませたようです。
エリザベス1世も求婚者をできるだけ長くじらしては政略の一部として利用していたようですし、今となっては誰にもはかりしれないイギリス女王の私生活だからこそ、想像力をかきたてられ、人は魅せられるのかもしれません。
私は完全にはまっていってますので。。


とにかく、今年は我が家ではチューダーブームで主に映画から始まりましたが、だんだんこの時代に慣れ、人物関係、時代背景、隣国との関係が分かるにつれ面白くてたまりません。

英語は難しくないのですが、久しぶりに長編を読んだので長さにてこずりました。
ちなみにこの著者の一作目小説のヒロインは9日間女王の悲劇のJane Greyです。映画がよかったのでこれも興味津々。

0345495349Innocent Traitor: A Novel of Lady Jane Grey
Alison Weir
Ballantine Books (P) 2007-11-06

by G-Tools


実は今回、長編読むの久しぶりだったもので、手慣らしに、児童向けのこんなチューダーミステリーを読んでから取り掛かかりました。

0385901895Assassin (Lady Grace Mysteries)
Patricia Finney
Delacorte Pr 2004-09

by G-Tools


エリザベス1世の侍女、Lady Graceは13歳。女王に3人の婚約者を選ばれます。そんな中、殺人事件が!果敢に謎を解くLady Graceの子供向けミステリーです。日記形式になっています。
巻末にこの時代特有の語彙解説があったり、時代背景の説明があってそれが結構面白かったです。
アルファベット順に刊行されていて、2巻目はBetrayal
歴史フィクションを読んでみたいけど、長編の大人向けに不安のある方はこんなのから始めるのもよいでしょうね。
あと、映画は絶対おすすめ。当時の服装、ダンス、身のこなし、礼儀作法色んなことがビジュアルに分かります。小説を読んでいて大いに役に立ってます。

やっぱり家でパンを焼き続ける

0778801004250 Best Canadian Bread Machine: Baking Recipes
Donna Washburn
Robert Rose Inc 2004-09-30

by G-Tools

ホームベーカリー歴一年以上ですが、お気に入りのレシピブックからもかなり作ってしまい新鮮味がうせてきて、また今年は小麦粉の値上がりで少々スローダウン気味でしたが。。

週末にこの本購入して、さっそく立て続けに3種類のパンを焼きましたが、どれもおいしい!
ヨーグルトが余っていたので「ヨーグルト&オニオン・ディル」「ヨーグルト&小麦麦芽」「ミルクと卵入り基本の白パン」


カナダ産の小麦を使って、ブレッドマシーン(日本ではホームベーカリーでしたね)で焼くのを前提に
キッチンテストを重ねてできあがった250種類のレシピたちです。
トラディショナルなパンから、べーグル、フォッカチャ、ピザ、ナンやらケーキ類まで。

気に入ったのが、Bread Flour (強力粉だと思う)にこだわらず All Purpose Flour(きっと日本では
小麦粉?)でOKなところ。
今年に入って以来の小麦の値上がりはここカナダでも顕著ですが、最近私のよく行くスーパーでは比較的安い値段で出しているカナダ産のAll Purpose Flourを扱っているので助かるのです。

今まではブレッドマシーンを使っても、型に入れてオーブンで焼くのにこだわってましたが、このレシピだと通常通りマシーン内で焼いてもかなり美味しくできました。
それになんと言っても材料入れてお任せ状態なのって何度焼いても思いますが、すばらしい。

人気ベーカリー店のパンもやっぱり小麦の値段のせいか割高で、その割りに
「ひょっとしてうちで焼いたパンのほうが美味しいかも?」と思ったのが
また家でパンを焼く情熱が湧いてきた理由の一つです。


ゆっくり時間のありそうな週末より、実は3時間なり続けて家に絶対いるのが確実な平日の夜のほうが私には向いてます。
いちおう混ぜてる間に様子見て粉足したり、焼く前に羽根を外したりはしますので。

職場で家でパン焼いてるなんて言うと「いったい平日の夜に家でパン焼くなんて正気?そんな時間がどこにあるの?」みたいな感じですが、だって材料入れるだけなんですから。誰だってできます。ほんとほんと。
夜7から遅くても8時までに材料セットしてスタートさせれば寝るまでに焼きあがります。

熱々のパンは網の上で一晩さまして、翌朝スライス、ワックスペーパーをはさんでビニール袋に
入れて冷凍庫へ。
これでいつでも食べられるパンが常備できます。

簡単な食事ですませたい時はスープに手作りパン、サラダに手作りパン。夕食できるまでにトーストしてオリーブオイルつけて食べたり。手作りパンでサンドイッチを作るとまたその美味しさに感動します。

パンづくりって一人満足度かなり高いと思います。おすすめ。
あとレシピは住んでる場所で手に入りやすい材料を使ったものを選ぶのも大事ですね。





プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。