スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Before Green Gables

1410407047Before Green Gables (The Prequel to Anne of Green Gables)
Budge Wilson
Thorndike Pr 2008-05-16

by G-Tools

"Anne of Green Gables"は、孤児院から男の子を連れてきて欲しいと頼んだマリラとマシューのもとへ、間違ってアンが到着するところからストーリーが始まります。

「赤毛のアン」生誕100周年の記念で出版された、この小説はそれ以前のアンについてのお話です。
フィクションの世界のまたフィクション。それも熱烈なファンの多いアンの世界ですから、今まで誰も触れることのできなかった領域ですよね。100周年を記念して、モンゴメリーの子孫にも承認済みの一冊が誕生しました。


この間違いを正すために、スペンサー婦人のもとへマリラがアンを連れ、馬車で向かいます。
その道中、マリラに自分のことを話すようにと言われアンは、最初「想像した自分のことでいい?」と尋ねていましたね。つらい過去の話はしたくなかったのです。

マリラにうながされ、「想像」ではなく簡潔に自分の生い立ちを話すアンの話は第5章に収められています。5章を読めば、"Before Green Gables"のあらすじがすべて書いてあるわけです。一度でもアンを読んだ事がある読者はぼんやりとでもアンの過去を覚えているはず。私は、この本を読む前と読みながらおさらいで第5章を読み直しました。

ですから、読者は結末を知っているわけで、この後どうなるかハラハラしながら読む視点ではなく、それぞれの出来事がどのような過程を経て起こり、アンにどんな影響を与えていったかを、一緒に追体験してゆくような感じです。

アンの両親が愛し合い、つつましく生活している様子はO・ヘンリの「賢者の贈りもの」のような世界。確か3巻くらいでしたでしょうか、(違ってたらごめんなさい)アンが自分が生まれた黄色い家を訪ねたことがありましたよね。そのとき、自分は愛し合っている夫婦のもとで愛情をかけられて生まれてきたんだと分かる部分がありましたが、読者はそれを時空をさかのぼって体験できるわけです。

暗い子供時代をすごしたアンですが、そんな中でもアンの人格形成に影響を与える人物との出会い、別れが詰まっています。
両親にしろ、出会った大人たちにしろ、アンに愛情を感じてくれた大人が存在していたという事実には
静かな感動を覚えたし、癒されるような気がしました。それがこの辛いアンの物語の陽だまりの部分でした。

アンを引き取ることになったのは、アル中の父親だったり、生活に疲れた母親だったり、欠陥だらけの大人たち。
子供が読むと、きっとこの大人たちは悪者にしか見えないのだろうけれど、不器用に人生でもがいている大人たちを、ただ責めることはできない悲しみも覚えながら読んでいました。
マリラがアンに預かってくれていた大人たちは親切だったかと聞いた時のアンの答えも今となっては印象的です。
そうしようと努めてはいたんだって言ってましたよね。だから責めることはできないって。


また本作品ではアンが孤児でほとんど学校へも通っていないのに、どうしてあんなに語彙が豊富なのか、詩を暗誦したりできるのか、そんなアンの秘密が解き明かされる快感も味わえます。
アンシリーズにところどころ散りばめられていたそんな過去の出来事が見事につじつまが合うようにできているのです。

孤児のアンが11年間通り抜けた人生は平坦なものではありません。
でも、いつでも希望を持ち、学ぶことを楽しみ、自然を愛しみ、生きることに強い情熱を持っていた少女の姿にはこちらも元気が出てきますね。

10代の頃から親しんで、今でも大好きな本だから、今さらつけ足しみたいな作り話を読むのは、好きな話だけに恐いような気もしますよね。


でも、大丈夫です。読み終わった今、アンの世界がまた一段と深くなったような、欠けてた部分を足してもらえたような気がしてます。

週末にCBCの番組でモンゴメリーのお孫さんとこの本の作者が5分ほど出演していました。
作者のBudge Wilsonさん、この話を書くの、それはそれは不安で恐ろしかったわといってました。

アン崇拝者の間ではきっと賛否両論分かれるのかもしれないけれど、私は大満足!でしたよ。
スポンサーサイト

The best 30 minute recipe

0936184981The Best 30-minute Recipe: A Best Recipe Classic (Best Recipe Series)
Cook's Illustrated Magazine John Burgoyne Daniel J. Van Ackere
Boston Common Pr 2006-09-30

by G-Tools


日々の暮らしに幸せを感じる秘訣には、人それぞれの価値観がありポリシーがあると思いますが、私の場合、
そのうちの一つで、そして決定的に大切なのが、3食のごはんを美味しく食べるということ。

働いていて忙しくったって、ちゃんと人の手をかけたものが食べたいのです。

こんな主張をすると食べ物に執着心のある、ただの食いしん坊と周りに思われるんだろうけど、でもこれは譲れない!

そういうわけで平日の夕食用に以前から気になっていたこの本を購入。オリジナルのThe Best Recipeも
もちろん持っていて、その良さは実証済みだし、アマゾンのレビューも評判が良いので迷わず注文。
さっそく何品か試してみましたが、目から鱗の調理法がごろごろです。

この本のいうとおりにするとほぼ30分でできます。それもかなりおいしい。
パスタ類はなんと、フライパンの中でソースと水と一緒にぐつぐつ煮込んでしまうのです。
こうすると大きなお鍋にお湯が沸くのを待つ時間もいらないし、後片付けも鍋ひとつ。
同じ方法でラザニアだって出来るようです。

ただ、パエリアなんかのお米系はインスタントライスとなにやら胡散臭いものも使いますが、ちゃんと
普通のお米で代用して少し時間をかけてもいいようになってます。
あとは、短時間で味をしっかり出すため、市販のスープをよく使用するので塩分に注意が必要かも。

12インチ(30センチ)のフライパンがレシピの標準サイズです。
できれば熱伝導のよい上質のお鍋があるといいと思います。なにかにつけ、よい道具は台所では
強い味方になるのです。

4人分出来るので、夕飯に二人で食べ、翌日のお昼に食べてちょうどです。
いつもこのパターンでお昼の準備が要らないので、その分夕食をちゃんと作っているところもあります。
日本では残り物食べてるのって貧乏くさいんだろうけど、こっちでは職場のレンジで温めて食べるのって全然普通のことだし、美味しいものはちゃんと翌日もおいしいのですね。

週末にじっくり時間をかけて、夕食の献立を組み、必要なものをリストに書き出して1週間分まとめて
買いだめします。
冷蔵庫にその週のメニューを貼っておき、疲れて帰ってきてもパッと食べたいものを決められる。
材料はすべて揃っている状態なので、即座に準備をスタートできます。
こうして計画通り、メニューをこなし、週の終わりに冷蔵庫が空っぽになってゆくのを眺めるにつれ密かな達成感を感じていたりするんですねぇ、きっと。

新しいレシピを試すのがとにかく好きなので、「今日は帰ってあれ作るんだ!」と考えるだけで
帰り道もうきうきしたりするもんです。
調理が30分というのはかなり魅力なので、この本しばらく重宝しそうです。

ご飯て大事だけど、準備して食べて後片付けして、で一日が終わるのも悲しいですもの。その辺は
バランスを取りたいところです。

ところで、最近いちおう本は読んでいますが、自分にとっては背伸びして読んでいるものばかりで、なかなかブログに感想、とまで辿りつかないのが現状です。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。