スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェーン・エアに再会する

3190026394Jane Eyre. Beginner Level. (Lernmaterialien)
Charlotte Bronte
Hueber-Vlg., Ism. 1999-05

by G-Tools

ああ、ジェーン・エア。懐かしいよー。
大学の授業で精読させられたもん。授業では数ページずつしか進みませんでしたが、和訳を買って一気に読みました。遠い昔の話です。

Oxford Bookwormのレベル6で読んでみたかったけれど、先にこちらを図書館で見つけたので読んでみました。
Macmillan ClassicsのBeginner Levelです。単語数は600語ということで英文はかなり簡素化されていますが、ストーリーの面白さはそのままです。
MR.Rochesterと初めて出会うシーンとか、ところどころは記憶にありましたが、全体のストーリーは完全に忘れてました。

20歳の時、ブロンテ姉妹の家を訪れたことがあります。本当は最近まで記憶の片隅に追いやられてました。突然そういえば!と思い出しました。
ジェーン・エアも嵐が丘も読んでいたので(日本語で)どうしてもヒースの荒野というものが見てみたかった。バスの中から必死に景色を眺め、こんな感じかな?と想像していたのは覚えてます。
あとはブロンテ姉妹の家は何もかもが小さくて天井や敷居がとても低く、昔の人は小柄だったんだと感じたのを覚えています。
しかし、それくらいしか覚えてないのが悲しい!

まったく、自分の20歳の時って本当にアホだったんじゃないかと思います。このときは湖水地方も訪れ詩人ワーズ・ワースの家も訪ねたし、ピーター・ラビットの舞台も訪ねたんだけど、いまいちあの当時はそのありがたみが何にも分かってなかったんじゃないかなあと…。

それでも本物に触れることができたのは貴重な体験だったのですけれど。今でも記憶の底にぼんやりと情景が浮かんでくるのは確かですから。

Graded Readerでは古典ものを読んでみようと思います。原書はねぇ…。昔の辞書をひきひき空欄に単語を書き書き、文章ひっくり返してあっち行ったりこっち入ったりしてたどたどしい日本語に直していた授業の日々を思い出しそう。今は自分でも力不足を感じるので当分当分お預けにしておきます。
スポンサーサイト

「高慢と偏見」読破!

0194230937Pride and Prejudice: Level 6 (Bookworms Series)
Jane Austen Tricia Hedge
Oxford Univ Pr (Sd) 2000-08

by G-Tools

と言っても語彙数が抑えられたESL用のものなんですけれどね。

SSS式で多読をやっている方々のブログを見ていてGRなるものに興味を持ちました。ESL用にやさしいレベルから読み始め、徐々に読解力をつけていけるように語彙や文法を制限しているものなのですね。
ああ、どうしてもっと昔にこういう便利なものに出会えなかったの!気づかなかったことが本当に惜しまれる!

たまたま図書館のESLコーナーを物色していたら見つけしまいました。憧れのPride and Prejudice!
映画You've got mailでメグ・ライアンの愛読書であるこの本は昔から気になっていまして、実はしっかり購入して、読み始めたこともあるのですが、あえなく挫折しております。
今回読んだのはOxford Bookworms Libraryのもの。Stage 6は基本語彙2500語に抑えられています。

知らない単語やこ難しい表現にわずらわされることなく、すいすい読めるのが楽しいこと。やさしいものをたくさん読むというのはたしかに英語力底上げに役に立ちそうな気がします。
それも原書では「むっ難しい」と思ったものだけにこれは嬉しくてしょうがありませんでした。
下は私が本棚で温めている原書。でも今回GRで読んだことで
もしかしたら読めるかな、とちょっと変な自信をつけております。そのうち挑戦しますよ!
1853260002Pride & Prejudice (Wordsworth Classics)
Jane Austen
Wordsworth Editions Ltd 1997-09-01

by G-Tools

B00005MP58Pride & Prejudice (1995) (2pc) (Spec)
A & E Entertainment 2001-09-25

by G-Tools

原書に挫折したので、まずはテレビドラマシリーズからということで、2年ほど前にはこれ借りて見ました。イギリスで放映されたドラマです。
苦手のブリティッシュアクセントに時代がかった英語、しかも英語字幕が出ないという三重苦で見始め、さいしょは「はぁ?言ってること全然わかりませんけど…」という感じでしたがストーリーがわかるにつれひきこまれる、ひきこまれる。
旦那と一緒にはまって見てました。以来コリン・ファース結構好きです…☆

次回原書を読み終えたら、もう一度見たい!

Pride and Prejudiceは色んなところでパロディー的に使われていますね。思えばYou've got mailの二人の関係だって二人のプライドと偏見が邪魔をしていたわけで少しは下敷きになっているなと思うし。
コリン・ファースでそのままじゃん、と思ったBridget Jones' Diaryもそうだし。

あと、こんなインドもの映画もあります…。インドものって歌や踊りが実は少々苦手なんですが、これはまずまずおもしろかったです。

B000639YTYBride & Prejudice
Original Soundtrack

by G-Tools

続きを読む

Little House on the Prairie

006054399XLittle House on the Prairie (Little House the Laura Years)
Laura Ingalls Wilder Cherry Jones
Harper Children's Audio 2003-04-15

by G-Tools

大きな森を発って大草原へ。
新しい定住地を見つけ、一から全てを築き上げていきます。
前回は19世紀後半の民族生活史でも読んでいるような気分になっていましたが、今回は次々と起こる出来事にドキドキしながらページをめくっていました。
月夜の狼、インディアンの訪問、大草原の火事、エドワードさんのクリスマス…。小学生の頃に読んだ気持ちを少し思い出しながらローラの視点で楽しみました。

開拓者の生活誌として見れば、これは白人側一方の視点から描かれているもの。
ローラの素朴な疑問がそんな不均衡さをずばりと指摘する。メアリーはすっかりお母さんと同じようにしかインディアンをとらえていないようですが、ローラはその点鋭い。
でもここはもともとインディアンの土地だったじゃない。
インディアンが先にここにいたのよ。
でも本当のことに対しては大人は静かに目をつむる。
今回読んでいてそういうやりとりが印象に残りましたが、お父さんの人間同士として敬意を払った態度からローラや読者は疑問に対する何らかの答えを得るのでしょう。
B00005B1XWLittle House on Prairie: Premiere
2001-05-15

by G-Tools

懐かしのドラマがどうしても見たくなり、図書館でビデオを借りてきました。この100分のプレミア版に一冊分のストーリーがすべて凝縮されています。
おおまかなストーリは同じですが、ドラマでは家族とか夫婦の信頼なんかにもっと焦点があてられているのですね。
インディアンがときの声をあげて、恐ろしい夜をいく晩も過ごす場面などは原作でなければ味わえない部分です。
続きも読みたいけれど、ローラの将来の旦那様の少年時代を描いたFarmer Boyを先にするかインガルス家のお話の続き On The Banks Of Plum Creekにするか考え中。
児童書4冊目。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。