スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語のリズムって大切

The Tale of Peter Rabbit (The World of Beatrix Potter: Peter Rabbit)
Beatrix Potter
0723247706


本日選んだ絵本の2冊目はこちら。
昔々読んだときは難しいと感じたんだっけ。

最近読むのが楽になったと感じる理由の一つは、読んでいるときに英語のリズムを感じること。かたまりごとに一気に、強弱のリズムのついた英語が頭に響く。
これは大きな進歩です。

だから絵本を声にだして読んでいても英語の音が心地よくて、それが楽しい。
スポンサーサイト

それは突然の思いつきで…。英語で絵本を読んでみる。

0060256656Giving Tree
Shel Silverstein

Harpercollins Childrens Books 2003-04-15
売り上げランキング : 18,823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨日の晩それはそれは突然に「英語で絵本が読んでみたい」と思いたったのでした。

そこでいてもたってもいられなくなり、今日さっそく図書館へ行ってきました。
ところが、
児童書コーナーへ行ったもののあまりに膨大な量の絵本たちに圧倒されました。いったい何を選んでいいのかもわからない!
とりあえず目についたものを5冊ほどつかんで借りてきました。

その記念すべき一冊目。The Giving Treeです。
家に帰ってさっそく声を出して読んでみる。絵本は声に出して読んでこそ楽しめるものでしょうね。英語のリズムを味わいながら誰かに聞かせているつもりで。シンプルな絵がとってもかわいい。

最後まで一気に読んでじーんと感動。2回繰り返して読んでみる。これは本当に子供の本なの?

巻末を見て気づいた。あら、この作者「ぼくを探しに」って絵本も書いてる人なのね。あのパックマンみたいな絵は見覚えあるわ。

最初の一冊から当たり、の絵本でした。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。