スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kobo eリーダー-WiFi-



お料理の本は買うけど、一回読むだけの小説は図書館で借りる。読み返したい大好きな本だけ買って大事にする。モノを家に増やしたくない私の勝手な決めごとでした。

図書館で読みたい本を好きなだけ借りることができる贅沢な環境にいるもんだから、Kindle話にもほとんど興味なく、本はやっぱり紙で読まなきゃ、好きな本だけ買って大切に所有していたい、なーんて言ってeリーダーには全然興味がなかったのに!
数週間前からふと、図書館でもeブック貸し出しなんかあるんだってことに気づき、やおらeリーダーが気になってしょうがなくなってリサーチの結果、これ買おう!と密かに決めてたものを、クリスマスに旦那がプレゼントしてくれました!

今日さっそくセットアップして使い始めて...もう恋に落ちてしまいました!
キャー。
このkobo君には(名前だってなんだかお坊さんみたいで渋いではないですか~)もともと100冊の名作がすでに内臓済み。
もちろん著作権の切れたものでもともと無料のバージョンですが、ちゃんと本の形式ですでに入ってるところが嬉しい。私の好きなジェーン・オースティンが何作も。ジェーンエアやシャーロックホームズや、赤毛のアンや、ディケンズやら、他にもいつか読んでみたいものや、子供向けの名作だけど英語で読みたかったってものが目白押しで本のリストを眺めてるだけでワクワク。
この100冊以外でも無料の名作はやまほど手に入り、これもkoboのウェブサイトから簡単に自分のパソコンへダウンロードでき、kobo君には一瞬でシンクできてしまいます。どちらかと言うと古い作品を英語でじっくり読みたい私にとってはもうこれは卒倒しそうなほど嬉しいのです。

ボーナスで2冊無料の新作小説がついてきたので早速ダウンロードしたり忙しい午後を過ごしました。

本体は軽くて、画面も読みやすく何の不満もありません。こんなにあっけなくeブックでの読書に慣れてしまうことに驚き。

カナダの大型書店と手を結んで大々的に販売しているこのkobo、旦那によるとクリスマス前ですごい勢いで売れてたらしいです。欲しかった白は売り切れで黒ですがまあいいや。
Kindleにしなかったのは、koboだと図書館のeブックがダウンロードできるから。ただし、図書館のeブックはまだまだ発展途上です。これからeリーダーの人気にともなって内容が充実するのではと勝手な予測と期待をかけてます。
カナダ在住の人にはこれ絶対お奨め。ただし図書館のEブックがkoboにダウンロードできるかは地元図書館でお確かめくださいね。
Chapter-indigoのkobo関連ページ
スポンサーサイト

Julie & Julia


公開されたばかりのJulie and Julia、さっそく観に行ってきました。公開を待って張り切って行く映画なんて久しぶりです。

1948年、夫の仕事の関係で36歳でパリに移り住むJulia。時間をもてあまし、何か興味のあることに挑戦しようと意欲的。思いつくのはフランスへ来てからというものレストランで味わう数々のおいしい料理たち。そこで情熱をお料理に向けます。夫からプレゼントされたフランス語の料理本に没頭し、フランス語を学び、そして料理を本格的に学びたいとル・コルドン・ブルーへ通うのです。
その当時フランス料理を伝える英語の料理本というのが皆無でした。そこで、フランスで知り合った知人たちとアメリカ人の主婦に向けてフランス料理の執筆を始めます・・・。

一方、時は2002年のニューヨーク。
クイーンズの古アパートに夫と引っ越してきたばかりのJulia Pawell
マンハッタンのオフィスで特にやりがいも感じない仕事に日々を費やされ、作家になるという情熱もいつしか消え去った毎日を送っている。
そんなある日、突然思いついたこと。ブログを始めよう。何か情熱を向けられることを書くんだ。
そうだ料理!ってことで実家から失敬してきたJulia Childの古典料理本”Mastering the Art of French Cooking”の
524レシピを一年間365日ですべて挑戦しブログで公開することにしたのでした・・・。

とにかくMerly StreepのJulia Childがはまりすぎ。おとぼけ調でかわいくって。あらためて、いまさらながら上手い女優さんだなあと感動。
二つの物語が絶妙に合わさり、情熱を再発見する女性の姿を見てはすがすがしい思いになり、夫婦の関係をみてジーンといいなと思えたり。
脚本・監督を手がけたNora EphronのYou've got mailのエッセンスたっぷりで、またまたこちらも大好きな映画になりそうです。おいしい食べ物と幸せの関係を信じる全ての方におすすめ。

お料理大好きの私にとっては、もちろん映画で出てくる料理も気になる。
特にビーフシチュー!(Bouef Bourguignon)
映画を見終わってさっそく本屋でJulia Childの本(もちろん映画公開と絡まって目立つところに関連本が並んでいる)を探してそのレシピをチェック。
シチュー用牛肉をこんがり焦がして、にんじん、たまねぎ、マッシュルームなどの野菜と赤ワインを入れて鍋のままオーブンに放り込んで2時間半。典型的なシチュー料理ですが、映画の中でとっても美味しそうだったので今度図書館で注文したこの本が届いたらJulia Childレシピで作って見る予定。
気に入ればもちろん購入したいと思います。これ、カバーはブルーになっていますが、下のハードカバーは初版と同じような白地に赤の模様でした。
0375413405Mastering The Art of French Cooking, Volume One (1) (Fortieth - 40th - Anniversary Edition) (Vol 1)
Sidonie Coryn
Alfred A. Knopf 2001-10-16

by G-Tools



今最初のほうだけ読んでいる映画の原作本の一冊Julia ChildのバイオグラフィーMy Life in France
写真とかパラパラ見ていると、なんと映画のセットはちゃんとパリのJuiaのキッチンを再現したものだったみたいです。
B000GCFCI2My Life in France
Anchor 2006-04-04

by G-Tools



さて、現代のJulieは2002年にブログを始めましたが、そのまま今も読めます。
こちら→
The Julie/Julia Project
映画のスクリーンで見たのそのままだ!最初のほうからボチボチ読んでいます。
本になったのはこちら Julie and Julia
B000FCKHA6Julie and Julia: 365 Days, 524 Recipes, 1 Tiny Apartment Kitchen
Little, Brown and Company 2005-09-01

by G-Tools



映画Julie and Juliaのオフィシャルサイトに入ると
Featured Blogのリンクがいっぱいあります。料理関連の実力派ブログがいっぱいです。

お酒でも・・

B001LPWGBYBottle Shock
Michael Ozier
20th Century Fox 2009-02-03

by G-Tools

決してお酒が強いほうではないと思うし、アルコール分解酵素の足りない私は飲んだらすぐ赤くなるタイプですが、それにもかかわらずワインは大好き。

昨年公開の映画Bottle Shcockは数年前のSidewaysの2番煎じみたいなものなのだろうと思って特に見ようと思ってなかったのですが、たまたま図書館で借りることができたので見たらこれが予想外によかった。ただし、ワインに興味ある人のみ楽しめるのではないかな・・・。

舞台は1970年代のカリフォルニアとフランス。
フランスに住むワイン商のイギリス人がカリフォルニアワインに興味を持ち、フランスのワインテイスティングコンテストに持ちこむことに・・・
その当時は世界的には全く知られていなかったカリフォルニアワインブームの始まりです。

カリフォルニアワインは普段まったく手にしませんが(カナダ産ワインとの競争関係か、結構高値で売られているような気がする)、映画に出てきたシャルドネ飲んでみたい!
私たち夫婦がもっぱら日常的に飲んでいるのはチリ産の赤ワイン。
私の好みの品種はCarmenere, Shiraz, Caberne Sauvignonの順。
$10~13で日常的ワイン、ちょっと予算あげて$16~19でかなり質のいいワインが飲めます。そのうちチリワインも価値があがって、こんなに安価では飲めなくなる日がくるんじゃないかと本気で心配してます。だって、おそらく同じクオリティーのフランスワインを飲もうと思ったら倍やそこらの値段をださないと飲めないのではと思いますもの。

あと今読んでいる英語版漫画がたまたま話題がお酒。
Oishinbo: Sake: A la Carte
Oishinbo: Sake: A la CarteAkira Hanasaki

VIZ Media LLC 2009-03-10
売り上げランキング : 25303


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



日本酒の素晴らしさを発見する巻ですが、ワイン他のリキュールも扱っています。ちょっと国粋主義に走ってる感はありますが、いろんな薀蓄が面白い!
おいし~い日本酒が飲みたくなる。

テレビドラマ新シーズン続々と

B000QUCTZ8グレイズ・アナトミー シーズン2 コレクターズ・ボックス パート1
エレン・ポンピオ. サンドラ・オー. T・R・ナイト. キャサリン・ハイグル. ジャスティン・チェンバース
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2007-09-19

by G-Tools

秋になり、続々とドラマの新シーズンが始まります。
まだまだシーズン2の途中を見ているGrey's Anatomyもシーズン4が始まりますし、おまけにドラマから派生したサブキャラクター主人公の新ドラマまで!

街中で見かけるポスターに、「見覚えあるなあ、この顔」って思っていましたが、やっぱり!
美人で頭の切れるドクターを演じていたAddisonが主人公のドラマです。

Private Practice 
Addisonて美人で仕事もできて完璧なイメージだけど、そういう人が人生に格闘中のドラマって確かに気になるかも。

Grey's Anatomyのメインキャラは女性です。私、観る前はずっと男のお医者さんメインの話だと思っていたんですけれど。
外科医の卵たちが必死にインターンをこなす病院内の、仕事、友情&恋愛関係のドラマです。なかなかオススメ。

他にこの夏はDesperate Housewivesも見てました。
結局見終わったのはシーズン2まで。でもすでにシーズン3は終了し秋からシーズン4が始まります。
でも、一番面白かったのはシーズン1でしょうか、やっぱり。
昔、昔のツインピークスと比較されたりしてて、確かに日常に潜む秘密に犯罪に、とかなり面白かったんですけれど。
でもひとまず謎が解決してからは、なんだか疲れちゃってシーズン3はまだ見てません。

しかし、これだけドラマがあるとついていくの大変ですね~他に気になるものいっぱいありますが、時間がいくらあっても足りないです。

0439130204Coming Home (Heartland)
Lauren Brooke
Scholastic Paperbacks 2000-06

by G-Tools


あと、気になるのがちゃかさんのところで見たHeartlandのドラマ。
この本、たくさんの方がはまっていらして、気になってたんですが、
カナダ、アルバーター州に舞台を移して、カナダCBC製作のドラマになります。この機会にテレビ&小説で楽しんでみようかしらと思ってます。

Bourne Ultimatum




"Bourne Identity", "Bourne Supremacy" に続く3部作の最終編です。
記憶を失ったBourneはついに自分探しの最終地点すなわち、混沌のスタートポイントへと戻ってきます。

またしても、外国の町を走り抜け、カーアクション満載。
不敵のBourneに観客からは、思わず「うそだろ~」みたいな笑いが時々起こるほど。
本当に、笑っちゃうほど痛快アクションでありました。

結局3作とも劇場で観ましたが、こういうアクションものは映画館で見る価値ありますね。
エンターテイメント性たっぷり、何も考えずに娯楽映画を楽しみたい時に。サイトはこちら

原作はどんな感じなのでしょうか、ちょっと気になる。
0553528076Robert Ludlum Value Collection: The Bourne Identity/the Bourne Supremacy/the Bourne Ultimatum
Robert Ludlum Darren McGavin
Bantam Books-Audio 2001-05-08

by G-Tools


病院ドラマ

B000PGTGOUグレイズ・アナトミーシーズン1 Vol.1 (第1話~第3話収録)
マーク・ゴードン ションダ・ライムズ エレン・ポンピオ
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント 2007-07-18

by G-Tools


ちょっと古いですが 「Ally Mcbeal・アリー・マイラブ」好きだった人はこれもはまるだろうな。
仕事に恋に頑張る女性主人公、プロフェッショナルな職業に職場のロマンス満載ですから。
病院ものって苦手意識があったのですが、外科医の卵たちが過酷なインターンをこなしてゆくストーリーに、ちょっぴりロマンスも散りばめてあって、シーズン1の前半は一気に見てしまいました。

ただ、最近マイケル・ムーアの最新作"Sicko"


見たばかりとあって、「この患者さんは保険持ってたのね・・・
治療が承認されたラッキーな患者さんなのね・・・」
と余計なことばかり考えてしまいます。

アメリカでは社会保険制度がないので、社会の底辺にいる人々ほど治療を受けられない話は知ってましたが、それは映画の冒頭で少し触れられるだけで
どちらかというと、保険にカバーされていると思っていたけれど、実際病気になると、保険会社に必要な治療費を出してもらえない人々の話です。
カナダ、イギリス、フランスの医療制度との比較には驚くばかり。
また9/11でボランティアとして働いた人々が後遺症に悩まされ、政府には置き去りにされていること、恥ずかしながらこのドキュメンタリーで初めて知りました。

もちろん事実を強調しすぎているところもあるかもしれないし、全く鵜呑みにはできないでしょうが、一見の価値ありです。


カナダの医療制度も、医師不足など問題はありますが、少なくとも無料でお医者さんに見てもらえるんですもの。文句言えないな・・・と自分の幸運さを身にしみて感じました。

マジシャン系映画2本

B000LC55F2The Prestige
H u g h J a c k m a n , 㠀 ? C h r i s t i a n B a l e , 㠀 ? M i c h a e l C a i n e , 㠀 ? P i p e r P e r a b o , 㠀 ? C h r i s t o p h e r N o l a n
Buena Vista Home Entertainment / Touchstone 2007-02-20

by G-Tools

マジックの魅力にとりつかれた二人の若者。
ふとしたアクシデントから歯車が狂い、新しいトリックを競い合い、相手を陥れることのみを考え始める…。
男の執着とはこんなに恐ろしいものなのかと背筋の寒くなる思いで観ていました。最後の最後まで息を呑んで見ること間違いなしです。本当に執着深い男は一体どっちだったのか。それは映画を見終わるまで分かりません。
これは最近の一押しかも。でも、恐~いです、心理的に。


ちょうど去年の秋くらいかな、同じ時期に公開の二つの映画。どちらも傾向が似ているので、一つ見たら両方見たと勘違いする人が多いらしい(レンタルビデオ屋のお兄ちゃん談)私もそうでした!

劇場へ見に行ったのはこちら
B000K7VHQ4The Illusionist (Widescreen Edition)
E d w a r d N o r t o n , 㠀 ? P a u l G i a m a t t i , 㠀 ? J e s s i c a B i e l , 㠀 ? R u f u s S e w e l l , 㠀 ? N e i l B u r g e r
20th Century Fox 2007-01-09

by G-Tools

こちらは昔ながらのよくできたハリウッド映画って感じでした。ハイ、よく出来きましたで終わり、Prestigeのような心理的な恐怖は全くないです。
でも、どちらの映画も「ああ、してやられた~!」というマジック見た時の感想には似てるのかな。

LOST シーズン3後半始まる



11月終わりにシーズン2をDVDで見終わって、2月にシーズン3後半が始まるまで、まだまだあるなと思っていたのに、時が経つのは本当に早いですね。

以前から通信教育である講座を取っていたのですが、6ヶ月もあるや、とのらりくらりとしてるうちに講座終了間近。課題もたまっていて、焦って片付けているところです。
現在の仕事とは関係ないのだけれど、前から片手間に勉強を続けていることなので何とかちゃんと終えたいのですけれど。
フルタイムで働いてると平日は仕事の後ってなかなか勉強する気になれず。

少し前まではフルタイムの学生とパートタイムの仕事に加え、不完全ながらも主婦業こなしてたせいか、ついつい、いくつもやることを抱えてしまう傾向があるようです。
この講座が終わったらしばらくは、そういう締め切りから離れるつもり。勉強はさておいて、好きなだけ本読んだり、テレビや映画見たりしたいなーって思うんだけれど、これって学生の時の試験前の気分と同じだな。

話はLOSTに戻って、昨日からシーズン3の後半が始まりました。
今まで見てた人も、途中まで見てやめた人もついていけるように
サバイバルガイドなるサマリー番組が一時間前に放映されてました。私はこれを半分ほど見逃しましたが、全く同じものをABCテレビのサイトで見ることができました。

謎は解決するどころか深まるばかり。全くファン泣かせの番組だと評判高いショーです。全く同感。
しかしまあ、ここまで見たんだし見るしかないよねー。

そういうわけで、3月からはもう少し余裕ができて、読書にも勢いがでるかなと期待してます。

硫黄島からの手紙



こちらでも週末に公開になり、ようやく見ることができました。

大日本帝国万歳、お国のために。こう叫びながら命を捨てた人々。子供のころから見たり読んだりした本や映画では必ず目にした光景。

国全体がそんな時代に、徴収命令で戦地に駆り出されたパン屋の西郷が、当たり前の、人間として普通の感覚をもち、疑問を投げる。
そんな西郷を通して、こうして戦地で戦っていた男たちは、愛する家族を残してきた普通の人間なんだということを痛いほどみせつけられます。

でもそういう当たり前のことこそ、時に私たちは忘れてしまうか、想像力を働かせることはなく、そんな当然のことに意識を向けることができるだけでもこの映画を見る意義はあると思います。
政治家の利害のために死ぬのは結局、一般の市民だってことを。


鹿児島の知覧特攻隊の博物館で神風特攻隊として無残に散っていった、若者たちの遺書を見たことがあります。美しい文字で綴られた、愛国心に燃える文面の裏には言い得ない悲壮感が詰まっていたのだろうと、あの時と同じく、映画を見ている間何度も何度も胸が詰まる思いがしました。

渡辺謙さんの存在感は言うまでもなく、パン屋の西郷を演じた二宮和也という役者さんですが、上手かったですね。ごく普通の日本人ぽい顔立ちなのに、顔の表情であれだけ心情を表せる役者さんてあんまりいないのではと思いました。

Stranger than Fiction



国税局に勤めるハロルド。毎朝決まった時間に起き、決まったルーティーンをこなす。歯ブラシを動かす回数、バス停までの歩数も全く同じ。

そんなある日、頭の中でナレーションが響き始める。
どうやら自分は誰かの書くフィクションの主人公らしい、そして近いうちに死が迫っているらしい!

誰もがいつかは死ぬ運命だけど、いつどこでどのように死ぬかなんて全く想像外のはず。予告編を見て、面白そうなコメディだと思ってましたが、映画を見終わると人の死ぬ運命とか、人との偶然のかかわりあいとか、現時点を生きることとか、そんなことに意識を向けざるを得ないようになってます。
Will Ferrellって役者さん、おバカな役どころしか見たことありませんでしたが、なかなかよい味だしてました。
トレーラーはこちら

Blood Diamond



1990年代の西アフリカ、シエラ レオネ。
人権保護のため、また不正なダイヤモンドの流出を防ぐため輸出規制がなされる中、隣国リベリアへ密輸は続く。
白人アフリカ人のダニーもその密輸に関わる一人。

ダイアモンドはイコール富と権力。シエラ レオネでは強者が弱者を襲う。革命軍と名乗る反乱分子が銃を放ち、村を焼き放ち、家族を引き離す。少年たちは、兵士として異常な洗脳を受け虐殺マシーンと化す。囚われた者は奴隷としてダイヤモンド採取に利用する。
完全な無法地帯。

家族と引き離され、採取場で働くある男が偶然にダイヤの鉱石を見つける。価値のはかりしれない大きな石。この石で家族を救うことができるかもしれないと考える男。

そしてこの石に目をつけた白人アフリカ人のダニー。この石の密輸を最後にアフリカ大陸を去るつもりだ。

そんな折、アメリカ人ジャーナリストの女性が血のダイアモンドの真実を暴くため、情報を求めダニーに近づく。

この3人がドラマを引っ張っていきます。

ダイヤモンドって実は鉱石の中でも一番採取の簡単な石なんだそうですね。
簡単に大量に取れる。ところが、それを金庫にしまいこんで市場の価値をつりあげ、完全独占しているグループがいるわけです。マーケットには少しずつしか出さない。

血のダイヤの話はなんとなく知っていましたが、舞台裏でこんなにおぞましいことが起こっていたとは正直衝撃でした。
この映画を見るとダイヤモンドへの考えは全く変わると思います。

サイトはこちら

The Departed



エリート刑事、しかし少年の頃からマフィアのボスと繋がっている男。

警官志望、しかし犯罪暦のある家族のために裏があると疑われてしまう男。

バックグラウンドの違う二人がアイリッシュ マフィアの捜査にかかわります。一人はマフィアのボスを守るため、一人は警察内部のスパイを探るため。

複雑に仕組まれたプロットはお見事でした。ゴールデン グローブ賞も色々ノミネートされているようですが、納得かも。
結末は私が望んだ通りにはいかなかったのだけれど、この出口のない泥試合がマフィア、警察の現実なのでしょうか。

サイトはこちら

Children of Men



時は近未来。2007年に流行った疫病で全世界の乳幼児は死亡、流産があいつぎ、新たな生命は生まれてこなくなった。
全人類不妊症。数十年で人類は滅亡してしまうという、厭世観の漂う世の中になっている。
人類最年少の18歳の少年が死亡したニュースを聞き、悲しむ人々。
ちょっと異常な設定の下、ストーリーは始まります。

カメラの回し方もかなりリアルな感じだったためか、フィクションでも
現実味を帯びていました。

先日、読んだカズオ イシグロの"Never Let Me Go"といい、こういうストーリーは後で考えさせられますね。どれも現実に起こってもおかしくないようなことで、現実の世界の真実をうまく引き出しつつ、異常事態のもとの大衆の心理をよくつかんでいて。

トレーラーはこちら

Happy Feet

このホリデーシーズンは特に旅行の予定も行事もあまりないので、できるだけ劇場で映画を見る予定です。まずは、



期待していたほど笑える部分は少なかったのですが、子供に伝えるにはなかなかいいメッセージがこめられていました。

皇帝ペンギンのマンボは生まれつき、救いようのない音痴でした。ところが、皇帝ペンギンたちにとって、歌が歌えないと言うのは、人生終わったようなもの。愛のささやきも、厳しい冬越えも歌なしには考えられないのですから。学校でも落ちこぼれ、全くとりえなしのマンボにも天性の才能があったのです。足が自然とリズムを奏でる!

この映画を理解するには、皇帝ペンギンの生態系を追った"March of the Penguins"が欠かせないかな。一種のパロディと言えるのでしょうか。かなりこの映画が下敷きになっています。
B000BI5KVAMarch of the Penguins (Std Dub Sub Ac3 Dol)
Charles Berling Romane Bohringer Jules Sitruk
2005-11-29

by G-Tools

Happy Feetのサイトはこちら
日本語サイトもありました。

Charlotte's Web

0060263865Charlottes Web
E. B. White Garth Williams
Harpercollins 1952-06

by G-Tools


こちらでは明日公開のはず。劇場に行くかは?ですが、児童書も読んだのでちょっと気になりますね。

予告編はこちらから
かわいい!
私がいつも映画の予告編をチェックしているのはアップルのサイトです。iPodをお持ちで、すでにご存知の方も多いと思いますが、こちら
私も後ればせながら、クリスマスプレゼントにはiPodをリクエストしているのですが、楽しみ!

このホリデーシーズンは見たい映画がたくさんで楽しみがいっぱいです。シリアスなものからコメディまでよりどりみどり。
アニメ系なんですが、すんごくかわいいのでぜひ観たいのが
"Happy Feet" 南極の皇帝ペンギンたちが歌ったり、踊ったり。予告編だけで笑えます、かなり。どうぞ。

Bridge to Terabithia

0064401847Bridge to Terabithia
Katherine Paterson
Trophy Pr 1987-06

by G-Tools

以前読んだ児童書ですが、来年映画化されるようですね。
予告編を見ると、ずいぶんファンタジー調に仕上がっているようです。
予告編はこちら

LOST



シーズン2も見終わってしまいました。
しかし、謎はちっとも解決してない~!そんな終わり方あり~?
と欲求不満のまま、ABCテレビのサイトへ直行し、シーズン3の前半エピソード6話分すべて読んじゃいました。

結構詳しいエピソードのまとめと写真がいっぱいあるので、大体のストーリーはつかめました。ビデオも少しだけ見ることができます。
シーズン2まで見てしまって、え~そんな終わりかたあり?と思ったかたはどうぞ。
「24」とかでも一応シーズンの最後にはカタがついていたのに、LOSTは一筋縄ではいきませんね。
正直、疲れました...。来年2月まで当分いいです。←だって、ここまで来たら最後まで見るしかないでしょう!

An Inconvenient Truth/不都合な事実

B000ICL3KGAn Inconvenient Truth
A l G o r e , 㠀 ? D a v i s G u g g e n h e i m
Paramount Home Video 2006-11-21

by G-Tools

2000年の大統領選では、胡散臭い(笑)フロリダ州の投票結果で負けてしまったゴア元副大統領。
彼が地球温暖化を食い止めるため、世界中で精力的に講演を行っていたこと、この映画が出るまで全く知りませんでした。
数ある科学的事実をもとに、このまま二酸化炭素排出量を放置していたら数十年後の地球はどうなってしまうのか、分かりやすく教えてくれます。

正直、誰もが気づいていることだけれど、こうやって事実を突きつけられないとなかなかその重大さに気づかないものなのでしょうね。

熱湯に突然入れられたカエルはその急激な温度変化に驚いて、飛び出すけれど、最初からぬるま湯につかっているカエルは、少しずつ温度が上がっても気づかない。誰かに救い出されるまでは、手遅れになるまでそのまま留まってしまう。
スライドショーの中には、ぼやぼやとしている人間たちをうまく表現しているお話もありました。

サイトはこちら

NOT AGAIN!

B000HDR81EThe Break-Up (HD DVD & DVD Combo)
V i n c e V a u g h n , 㠀 ? J o e y L a u r e n A d a m s
Universal Studios 2006-10-17

by G-Tools

世のジェニファー・アニストンファンの皆さんごめんなさい。
私もフレンズの彼女は好きでしたが、とっても魅力的な彼女ですが、
やー、映画はどれもいかん!

今度こそは、今度こそはと期待して毎回裏切られますね...。
何だろう、いつも中途半端なスクリプトで笑いもいまいちで、見終わって損した気分になるのよねえ。何が言いたかったのこの映画?みたいな。シリアス系も内容が奇妙すぎてなんだかなあ。
しかし過去にもこんなに見てたなんて。私もあきらめが悪いっていうか。
まあ、最低でも英語の勉強に多少はなるので全く無駄ではないのだけれど。

見終わった後に清清しい気持ちになる映画は一つもないのです!

B000GFRI54Friends with Money
J e n n i f e r A n i s t o n , 㠀 ? F r a n c e s M c D o r m a n d , 㠀 ? J o a n C u s a c k , 㠀 ? C a t h e r i n e K e e n e r , 㠀 ? N i c o l e H o l o f c e n e r
Sony Pictures 2006-08-29

by G-Tools

Rumor Has It... (Widescreen Edition)
J e n n i f e r A n i s t o n , 㠀 ? K e v i n C o s t n e r , 㠀 ? S h i r l e y M a c L a i n e , 㠀 ? M a r k R u f f a l o , 㠀 ? R o b R e i n e r
B000EMGICS

B000B84MZUグッド・ガール
マイク・ホワイト ミゲール・アテタ ジェニファー・アニストン
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2005-10-21

by G-Tools

近頃の一番がっかり作品はこちらでした。
最近ラブコメでも全然いいものがないのよねー。こんなこと思うってことは年を取った証拠なのかしら。キアヌ・リーブスもサンドラ・ブロックもふけたなーと思ったし。(失礼!)
B000HEWEE4The Lake House (Widescreen Edition)
K e a n u R e e v e s , 㠀 ? S a n d r a B u l l o c k , 㠀 ? S h o h r e h A g h d a s h l o o , 㠀 ? C h r i s t o p h e r P l u m m e r , 㠀 ? A l e j a n d r o A g r e s t i
Warner Home Video 2006-09-26

by G-Tools

LOST

B000FIMG68Lost: Complete Second Season (7pc)
Lost
2006-09-05

by G-Tools

シーズン2も半ばまで見てしまい、このままシーズン3に追いつきそうなので今日からせっせとテレビ番組の方を録画することにしました。
ためておいて、シーズン2を見終わったら同時進行で見れるようになります。→はまりすぎ。
実はたった今テレビでやってるんだけど、先はまだ知りたくないから見ない、見ない。
"OH MY GOD!!!"と最初の方を見て、大げさに叫んで私のところへ飛んで来た夫のことは無視してます。

サイトはこちら

Wikipedia ならぬ、ファンサイトLostpediaはこちら

追記★どうやらシーズン3前半は昨日で終わり、後半は来年2月に再開のようです。うーん、やっぱり次回分もDVDを待つか!
それか再放送を待ってみましょう。

DOPを観てきました。



先月、私の住む街で開催された国際映画際でかなり話題になり、賞も受賞した作品。
"Death of a President"
衝撃的なタイトルを口にするのをはばかられ、DOPとささやかれる、なんて話題もテレビで見てました。
カナダでは劇場公開されたので見てきました。

2007年10月。経済関連の会議に出席のためシカゴを訪れるブッシュ大統領。
通りは反戦、平和を願う抗議団体の人々で埋め尽くされ、総動員の警官たちでも手に追えないような状態。
会議後、事件は起きる。ホテルから車へ移動する数メートルの間に大統領は狙撃される。

全編フィクションではありますが、現職大統領の暗殺事件というショッキングな内容をドキュメンタリーに仕立ててあります。
FBI捜査官、シークレットサービス、政府高官、容疑者の妻などがインタビューに答える形で事件の発端から謎の解明に迫ります。

面白いのが、実際にこの事件が起こったら、まさにこういう形で物事が進んでいくのだろうなと納得できてしまうような展開であることです。

政治的に都合のいいように物事が運んでいくのを観客は目の前で見せられ、でもこれが事実であっても誰も驚かないような。
これは観た人だけに分かる感想かな...アメリカ社会の恥部にふれることなんか、闇の彼方に葬られるってことですね。いつでもそうかな。

予告編はこちら

LOST

B000AAER3GLOST シーズン1 DVD Complete Box
マシュー・フォックス エヴァンジェリン・リリー ジョシュ・ホロウェイ
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-08-02

by G-Tools

平日は忙しくて本を読む時間がほとんど取れていない毎日です。
週末だけはゆっくりできるのですが、最近ハマッてしまったのがLOST。
見たい映画が見つからなくて、前から気になっていたこれに手を出したが最後、もうやめられない。
私は週末にまとめて洗濯するのですが、1エピソード終わるごとに席を立って洗濯物を乾燥機にいれたり、タンスにしまったりと家事も一緒にできるのが結構自分で一石二鳥と考えていたりする(笑)。
DVD一本見終わる頃には、きれいさっぱり1週間分の洗濯物が片付いています。
映画だと途中で止めるの嫌なんだけど、ドラマなら平気でしょ。

ただの飛行機墜落&遭難物語と思っていたのですが違うんですねえ...。
辿りついた島に色んな謎が秘められているわ、登場人物の過去が明らかになるにつれますます不思議がつのるわで先が気になって仕方ないのです。

週末のLOST&洗濯がパターン化しているこのごろ。あとDVD1本でシーズン1は終わり、このままシーズン2を見る予定。

現在シーズン3をやっているんだけれど、人が話題にすると耳をふさいでます。まだ先を知りたくない!

ただ、一つの願いは最後に「すべてはエイリアンの仕業」とか「超自然現象」で終わらないといいなあ...と。それだとがっかりかな。
それか「マトリックス」的SF世界に入るかなーうんぬん...と悩むだけハマッてる証拠ですね(笑)。

BBCドラマ "Pride and Prejudice" 10周年記念DVD

B000F0UUT6Pride & Prejudice (1995) (3pc) (W/Book) (Aniv)
Simon Langton Colin Firth Jennifer Ehle
2006-09-26

by G-Tools

こういうものを今日ビデオ屋で見つけてしまいました。
49ドル99セント。思わず衝動買いするところだったー。

私は数年前にビデオで見ましたが、いつかもう一度見直したいなと思っていたので、気になります...。

映画:GOAL!

B000H2NEW2GOAL! STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い プレミアム・エディション
ディック・クレメント イアン・ラ・フレネ ダニー・キャノン
ポニーキャニオン 2006-10-18

by G-Tools

なかなか記事を書く余裕がありませんが、だいたい週末ごとに1-2本の映画を観ています。
今回は久しぶりに、鑑賞後すがすがしい気持ちになる映画を観ました。

うちの夫は熱狂的サッカーファンです(今もマンチェスター・ユナイテッド戦をテレビで見ながら叫んでいます...うるさーい!笑)
この映画、なぜかカナダでは劇場公開されず、先週DVD発売でようやく観ることができるようになったものです。日本では公式サイトもあるようだし、話題になったのではないかしら。

少年の頃、メキシコからの不法移民としてロサンゼルスへやってきたサンティアゴが主人公。
並外れたサッカーのスキルと情熱を胸に抱えながら、父親の仕事を手伝い、レストランの厨房で働く毎日。
そんなある日、試合中のサンティアゴのプレーに目をとめたイギリスの元サッカー選手に強くニューキャッスル・ユナイテッドの入団テストを勧められます。
しかし、家族を守るために必死に働いてきた父親はそんなサンティアゴの夢物語には冷たい態度を取り続けます。
父親に黙ってイギリスへと旅たつサンティアゴ。その後は様々な運に左右され、妬みを買ったりとドラマが続き最後までハラハラ、途中から涙、涙で鑑賞しました。

なんとこの映画、3部作になるそうで、次回はサンティアゴがリアル・マドリードへ移籍?これは見逃せない!!

夫と私ってかなり映画の好みが違います。でも幅広い英語に接する意味でも、努力してえり好みせず色んなものを観るようにしています。アクションだって、バンパイヤものだって何でも見ますから。私自身はサッカーにほとんど興味ないのですが、この映画は観てよかった!サッカー好きの方にもそうでもない方にもお勧めです。

好きな映画

B00092P62Gビフォア・サンセット / ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 ツインパック (初回限定生産)
リチャード・リンクレイター イーサン・ホーク ジュリー・デルピー
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-06-10

by G-Tools

週末にテレビで両方やっていたので、久しぶりに見たくなって手持ちのDVDを2本連続で観ました。

"Before Sunrise"から物語がスタートします。
ヨーロッパで移動中の列車で偶然出会うアメリカ人の若者とフランス人の若い女性。20代前半の二人は出会いから惹かれあうものを感じ、限られた一日をウィーンで過ごします。
美しい街を舞台に人生の色んな思いを次々と言葉にして語りあう二人。別れの際に半年後の出会いを誓います。

そして9年後を舞台にしたのが"Before Sunset" 一晩限りの思い出を一冊の本に記し、ベストセラー作家となったアメリカ人の彼が本のツアー中にパリの書店で彼女に再会するのです。

ちょうど私も似たような年代でタイムリーに映画を観たせいか、ひじょうに心に残っている作品でした。ウィーンに旅行に行ったときなんか、二人がキスした観覧車(古い映画ですが、「第3の男」って映画にも使われている大観覧車です)にも乗ってちょっとドキドキしたのでした。だから続編が出来たと聞いた日には興奮して劇場に見に行ったのでした。
いや、久しぶりに観てもロマンチックでドキドキしましたけど(笑)
イーサン・ホーク、若い頃かなりキュートだし(笑)

こういう偶然の出会いを信じている自分もいるし、二人の関係に自分を重ね合わせてしまうこともあるし、映画の会話全てが非常にリアルで本質をついているものだからでしょうか、思い入れのある作品です。

絶対、順番通りに、両方とも見てくださいね。
また次の始まりの予感のする終わりかたで、続編がぜひ観たいと思うのでした。

映画:The Da Vinci Code(劇場)



これは、原作と映画とどちらがいいかの論争が交わされ、あっさり「原作読んだ方が絶対いい!」に軍配が上がるよね。
私が原作を読んだのは2年前ですが、映画を見るにつれ詳細をどんどん思い出しました。「ああ、そうそう。ここでは警察に追われていて、林の中をヘッドライトなしで疾走するんだよね。ドキドキするシーンだった!」などなど思い出しながら、ふと気づきました。
あれ?
でも映画ではその本で味わった切迫感が抜けているじゃない~!
ラングトンとソフィーの関係ももっとロマンスの匂いがしたような気もするし...あれ?あれ?と、なんだか色んなものが欠けているような気がしました。


カンヌ映画祭のプレミア後、がっかりのレビューを読み、うちの地元紙では星1つ半という辛口評価を受けていました。あんまり期待してなかったけど、結局観に行ってしまいました。特にうちの旦那が本を読み終わったばかりでどうしても観に行きたがっていたし。
感想は「そんなにこきおろすほど悪くなかったよ~。でも...やっぱり本の方が断然いい」でしょうか。
そもそもミステリーで誰が悪役かも結末もわかっているわけですから、映像だからこそ出来るプラスの見せ場がないと意味ないですものね。


今週末からロングウィークエンドで、金曜夜の映画館はすごい賑わいでした。30分おきに上映されていたにもかかわらず、最初に行った映画館では最終上映まで売り切れ、映画館2件目でようやく1時間半後の上映チケットを手にいれ、列にじっと並んだ後ようやく見ました。
やれやれ疲れ果てました。

このThe Da Vinci Code映画化騒動では、身の回りの人のいろんなご意見を聞くのが一番面白かったかな。

映画:Howl's Moving Castle(DVD)

B000ARV0FWハウルの動く城
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 宮崎駿 倍賞千恵子
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-11-16

by G-Tools

カナダでは3月にDVDレンタル開始されたばかりの「Howl's Moving Castle」とうとう観ました。
私は原作を先に読んだのでどんな風に宮崎ワールドにアレンジしてあるのかとっても楽しみにしてました。動く城は自分で想像していた以上に奇妙な建物だし、周りの背景を美しい雪山にしたり、とさすがだなーと思わせられる部分も。

でも。「Howl's Moving Castle」が原作というより、これは原作から色んな部分をを拾ってきて、まったく別のストーリーラインの映画を作った感じですね。いや、それはそれで全くかまわないのです。
でも原作を読んでないとかなり意味の不明な部分が多いのでは?と思いました。
これって日本語特有のもの?とちょっと頭をかすめたのですが、絶対に説明が足らない。旦那が日本の映画を観て不満をもらすのが、「言葉でもっと説明しろー!」っていうものです。私はそれに対して昔は「言葉にしなくても伝わるものがある」と反論を続けてましたが、私も変わったのかしら、とちょっと不安になったりして。
今回私も一緒になって「説明が足らん!」と文句言ってしまいましたもの。
でもこの映画って心情を推し量るような場面じゃなくてしっかり説明しないと分からないよーとかなりもどかしい部分がたくさん。
最近日本のものを映画でもドラマでも観る機会がさっぱりないのですが、日本のものってそもそもこんなものだっけ?

旦那はソフィーの妹とお義母さんの区別がついてなかったし、カルシファーが流れ星だってことも多分映像からは分からないだろうし。それにソフィーの魔法は一体いつ解けたの?

なんとなく、チーム全体で色んな案を出し合って、「あれもこれも」と盛りだくさんにしすぎて一本筋の通るストーリーになっていない印象を受けました。
ああ、ファンの方ごめんなさい...。

DVDを借りた時に、レンタル屋の店員さん二人のうち一人は絶賛、一人は「うーむ、何かが足りないと思った。やっぱり"Spirited Away"(千と千尋の神隠し)のほうが断然いい」と言ってましたが、私も前作のほうが好みです。

映画に登場する本

0374373744Boy: Tales of Childhood
Roald Dahl
Farrar Straus & Giroux (J) 1984-11

by G-Tools

Roald Dahlの自叙伝とも言えるこの作品ですが、私の愛してやまない(大げさか)映画「You've got mail」に出てきます。
B000BTCMHEユー・ガット・メール 特別版
メグ・ライアン ノーラ・エフロン トム・ハンクス
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-18

by G-Tools

主人公キャサリーンの経営する児童書専門店に二人の親戚の子供を連れたトム・ハンクス演じるジョーがやってきます。
キャサリーンが子供たちを集めて読み聞かせをしていて、そこで読まれているのがこの「Boy」なのです。
子供の本に夢中になるずっと前からこの映画はずっと好きで繰り返し見てましたが、なぜ惹かれていたのか今ではなんとなく理由がわかります。本に対する情熱とか本を読むことでその人が作られるとか、そういった映画のメインストーリーとは離れたささいなディテールというか監督自身が伝えたかったメッセージが心に響いていたからでしょう。
それになんと言ってもキャサリーンの経営する本屋さんが可愛くて魅力的なのですもの。大型書店が制する本屋さんの状況は私の住むカナダでもそうだし、インターネット上での交流が珍しいことでもなくなった昨今、1998年の映画ですがちっとも古臭い感じがしないのです。
ニューヨークへ旅行へ行ったとき、映画の舞台になったアッパー・ウェストサイドへ行ったしかなり影響されてます、わたくし。

先日監督とプロデューサーのコメントをずっと流しっぱなしで映画全編を通して見ていて、今頃になってあのシーンで読まれていた本はDahlの「Boy」だったということに気づき、さっそく借りてきたというわけです。
「Charlie and the Chocolate factory」の下敷きになるであろう子供時代のお菓子に対する情熱や「Twits]で出てきたような不潔なMrs.Twitsのモデルみたいなお菓子屋のおばあちゃんとかDahlのストーリー作りに決定的な影響を与えたであろう出来事が出てくる、出てくる。
まだ読み始めたばかりですが、ノルウェイ人の移民の両親を持つDahlの少年時代、とても興味深く「すべて事実」というのが驚きなほどです。

もうひとつ、映画で出てくる本ですが、「Shoe Books」があります。
0140300414Ballet Shoes (Puffin Books)
Noel Streatfeild Ruth Gervis
Puffin Books 1970-06-25

by G-Tools

これは絶版になっていたそうですが、この映画の中で名前をだすから、とランダムハウス社に連絡し再版になったという話(DVDより)
シリーズで4冊ありますが、キャサリーンが最初に読んだという「Ballet Shoes」を私も読んでみることにしました。これは次回のお楽しみ。何しろ同時に読んでいる本が多すぎて収拾つかなくなってきましたし...。

最近観た映画たち

最近内容のある良い映画ばかり観てます。こういう社会派の映画を観ると、自分の無力さを、この世界の流れにはきっと何の一石も投じられぬ自分を痛いほど感じます。
じゃあ自分にいったい何ができるか?答えはもちろんすぐには見つかりません。
でも唯一できるのは「知ること」「目を開いて見ること」「無知でいないこと」「意識すること」から始まるのでしょうね。そして少なくとも「映画を観ること」かな...。どちらも機会があればぜひぜひご覧ください。

B000C65Z1GThe Constant Gardener (Widescreen Edition)
Mca Home Video 2006-01-10

by G-Tools

アフリカを舞台に製薬会社の裏側をあばく、サスペンスものですが巨大企業の持つパワーの強さに恐ろしくなります。
一人を助けることで世界の何が変わるのか?いや少なくとも一人は助かると、そこが始まりだと信じて答えられる勇気ある人間が登場します。
真実が明らかになるにつれ、涙がとまりませんでした。アフリカの美しい自然も見もの。
B000BYA5GOLord of War (2-Disc Special Edition)
Lions Gate 2006-01-17

by G-Tools

世界中の12人に一つの武器が存在する。問題は...いかに残りの11人に武器を分配するか...と言ってのけるニコラス・ケイジ演じる武器商人。自分が売った武器で虐殺が起きようとも、完全にビジネスと割り切ってしまえる鉄の心の持ち主。それに反して人間としてその重みに耐えられなくなる弟。
映画中でてくる話はすべて最初から最後まで真実であっても何の驚きも感じない。実際、実話に基づいて作られた映画だそう。パワーを持つ人間が支配する。いつの時代もそうだったはず。でもなぜ殺しあわなければならないのか?権力と金を持つと人間は違う生き物になってしまうの?そんな疑問が次々と沸いてきました。

映画:Crash(DVD)

Crash (Widescreen Edition)
B000A3XY5A

舞台はさまざまな人種の混ざり合う街L.A.。
アフリカン・アメリカン、ヒスパニック、アジア系、中東系とさまざまな人種の主人公たちがストーリーの中でぶつかり合います。
人種差別、偏見といった多くの人が普段は意識下に抑えている感情が一番嫌な形で表面化しているものを次々と見せ付けられます。ストーリーがどこに向かっているのか予想もつかぬまま、渦の中へ巻き込まれたままラストまでひっぱられます。

テーマは確かに人種差別を取り扱ったものかもしれない。でも映画を観ている間、これはそれだけをとりあげたものじゃないという気がしてしょうがなかった。
人々が抱えているフラストレーションに胸が苦しくなる。
でもそのフラストレーションはアメリカ社会にはびこるものじゃないのかしら。
世界一豊かな国かもしれない。でも社会経済学的にはその富が平等に分配されていない、その疲弊が人種を絡めた偏見や嫉妬や憎しみに置き換えられている。
そんな気がしてしょうがなかった。
私自身カナダのマルチカルチャーな街の一住民だけど、たとえ映画の中だけにせよ、こことはかなり違うピリピリとした空気を感じます。それはきっとアメリカ社会に根付くもので、ただ人間の心にはびこる偏見、といった言葉だけでは片付かないもっと社会的で深いものがあると感じました。

監督さんはカナダ、オンタリオ州出身なのですね。一番近い隣国人だからこその鋭い視点なのかも。

この映画、強くお勧めします。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。