スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Miss Potter

こちらも気になる映画。
ピーターラビットの生みの親、Beatrix Potterが主人公です。
予告編を見ると、美しい湖水地方も楽しめそうですね。
それにイラストの動物たちが動いている!

サイトはこちら

アップするの忘れてましたが、ピーターラビットファンのための一冊はこちらかな。
ピーターラビットの生まれたいきさつなど、あらゆることを写真入りで楽しめます。
0789485389The Ultimate Peter Rabbit: A Visual Guide to the World of Beatrix Potter
Camilla Hallinan
Dk Pub 2002-03-01

by G-Tools

スポンサーサイト

The Complete Tales of Beatrix Potter

0723247609The Complete Tales Of Beatrix Potter (BEATRIX POTTER)
Beatrix Potter
Frederick Warne & Co 2002-09-16

by G-Tools

ふう、読み終わりました。
図書館の期限が迫っていて最後は無理やり読み通した感もありますが、大満足。
この本は"The Tale of Peter Rabbit"の出版100周年を記念して2002年に作られたBeatrix Potterの作品完全版です。出版順にお話が並べてあり、冒頭にはお話が出来た過程、出版の経緯などが簡単に紹介してあります。この作品の裏話がなかなか面白かった。以前に読んでいたお話も成り立ちの経緯を知ると、さらに親しみを感じて読めました。
そしてバラバラで読んでいた時には分からなかった、キャラクターの繋がりや時の経過が分かりました。

この大型絵本一ページにはイラストとそれにあわせた文章が3つほどずつ収まっています。美しく繊細なイラストを楽しみながら、ゆっくりしたペースで読むには軽くて気軽に持ち運べる小型のオリジナル版がいいのでしょうが、何と言っても一気にシリーズを読み通せてこの値段というのは魅力ですよね。

何度でも読み直したいし、いつか絶対手に入れたい本の一つです。
でも希望としては小型絵本を揃えたいかなーやっぱり。

★読みやすさレベル2.5-5.0/総語数41210語(シリーズ23冊分のみ)

ベアトリクス・ポター2冊

0723247927Cecily Parsley's Nursery Rhymes (The World of Beatrix Potter: Peter Rabbit)
Beatrix Potter
Frederick Warne & Co 2002-03-07

by G-Tools

おなじみのライムをベアトリクス・ポターのイラストで。
072324782XThe Tale of Johnny Town-Mouse (The World of Beatrix Potter: Peter Rabbit)
Beatrix Potter
Frederick Warne & Co 2002-09

by G-Tools

田舎のネズミと町のネズミ。ささやかながらも、それぞれに馴染んだ生活が一番とはまさにそう。
絵本46-47冊目。

The Story Of A Fierce Bad Rabbit

0723247897The Story of a Fierce Bad Rabbit (The World of Beatrix Potter: Peter Rabbit)
Beatrix Potter
Frederick Warne & Co 2002-09

by G-Tools

シリーズ20作目。

今回は性格の悪いうさぎのお話。
動物をよく観察して動きがよく描けているのはいつもの通りですが、主人公の動物たちがいつもいいヤツに限らないところがベアトリクス・ポターの特徴なんでしょうね。
意地悪はいけませんよ、と子供にとってはいい教訓話にもなるのでしょう。
絵本27冊目。

The Tale Of Two Bad Mice

0723247749The Tale of Two Bad Mice (The World of Beatrix Potter: Peter Rabbit)
Beatrix Potter
Frederick Warne & Co 2002-09

by G-Tools


ピーターラビットシリーズの5作目にあたります。
順番はてんでばらばらに読んでいますが、ベアトリクス・ポターのイラストとお話に馴染めば馴染むほどその可愛らしさに癒されています。

ドールハウスに侵入し、悪さをしてしまう2匹のネズミのお話。前回読んでいた A First Peter Rabbit Bookでお皿にのったハムと格闘しているイラストに見覚えがあったんだけれど、この場面かなり笑える。
悪さをしたけれど、ちゃんと最後には埋め合わせもしているところがまたいい。

ピーターラビットシリーズはいつか全部揃えたいな。
絵本26冊目。

英語のリズムって大切

The Tale of Peter Rabbit (The World of Beatrix Potter: Peter Rabbit)
Beatrix Potter
0723247706


本日選んだ絵本の2冊目はこちら。
昔々読んだときは難しいと感じたんだっけ。

最近読むのが楽になったと感じる理由の一つは、読んでいるときに英語のリズムを感じること。かたまりごとに一気に、強弱のリズムのついた英語が頭に響く。
これは大きな進歩です。

だから絵本を声にだして読んでいても英語の音が心地よくて、それが楽しい。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。